アクティビティ
最新
Add Face 目次
ロゴ
連携アクティビティ (クラシック)
最終更新日 2023年10月3日

Add Face

UiPath.AmazonRekognition.Activities.AddFace

概要

[ 顔を追加] アクティビティは、Amazon Rekognition IndexFaces API を使用して、最初に入力した画像 ([画像パス ] または [ 画像 URL]) 内の顔を検出してから、指定したコレクション ([コレクション名]) に追加します。 検出された顔ごとに、このアクティビティはコレクションに追加された顔 ([顔]) の配列を返します。

概要

依存関係

依存関係

詳細

パッケージ

UiPath.Amazon.Rekognition.Activities

アクティビティ

Amazon Scope

コレクションを作成 (コレクションが既に存在する場合を除く)

属性

属性

詳細

入力 (変数)

String

プロパティに適用されます。 画像パス画像 URLコレクション名

出力 (変数)

Faces[]

プロパティに適用されます。

使用する API

Amazon Rekognition - IndexFaces

クイックスタート

プロパティ

以下のプロパティの値は、このアクティビティを UiPath Studio でプロジェクトに追加するときに指定します。



共通

表示名

アクティビティの表示名です。

属性

詳細

入力

String

Required

はい

既定値

Add Faces

許容値

String または String 型変数を入力します。

備考

N/A

入力

CollectionName

検出された顔を追加する既存のコレクションの名前または ID です。

属性

詳細

入力

String

Required

はい

既定値

許容値

String または String 型変数を入力します。

備考

  • 使用する既存のコレクションがある場合は、正確なコレクション名を入力します。
  • コレクション名のリストを取得するアクティビティはありませんが、 AWS CLI または AWS SDK API を使用して、 ListCollectionsAPI を直接呼び出すことができます。

画像パス

分析するローカル画像へのパスです。

属性

詳細

入力

String

Required

はい ( [画像 URL ] が空の場合)

既定値

許容値

String または String 型変数を入力します。

備考

  • [ 画像パス ] または [ 画像 URL] プロパティが必要です。
  • [ 画像パス ] と [ 画像 URL] の両方の値を入力した場合、[ 画像パス] の 値が使用されます。

画像の URL

分析する画像の URL です。

属性

詳細

入力

String

Required

はい ( 画像パス が空の場合)

既定値

許容値

String または String 型変数を入力します。

備考

  • [ 画像パス ] または [ 画像 URL] プロパティが必要です。
  • [ 画像パス ] と [ 画像 URL] の両方の値を入力した場合、[ 画像パス] の 値が使用されます。

その他

プライベート (Private)

選択すると、変数と引数の値が Verbose レベルでログ記録されなくなります。

属性

詳細

入力

チェックボックス

Required

いいえ

既定値

非選択

許容値

選択または非選択

備考

N/A

オプション

ImageID

入力画像の顔に割り当てる一意の識別子です。

属性

詳細

入力

String

Required

いいえ

既定値

許容値

String または String 型変数を入力します。

備考

  • 例: 画像の顔が 1 つのみの場合、そのユーザーの名前を ImageID とすることができます (例: "Peter")。 画像に複数の顔がある場合、画像内のすべての顔に ImageID が適用されます。 このインスタンスでは、値は顔のグループ (例: "Peter.Paul.Mary") の識別方法を反映している必要があります。
  • [顔識別 ] アクティビティを使用する予定がある場合は、[画像 ID] プロパティを使用すると便利です。[ 顔を特定] アクティビティは、入力画像で見つかった顔に一致する顔の配列を ([ ] 出力プロパティを介して) 返します。 画像に ImageID を割り当てた場合、その値は配列内で返されます。

出力

コレクション名で指定したコレクションに追加する顔の配列です。

属性

詳細

入力

Face[]

UiPath.Amazon.Rekognition.Models.Face[]

Required

いいえ (後続のアクティビティで出力データを使用する予定がある場合に推奨)

既定値

許容値

Face[] 型変数を入力します。

備考

  • 画像内で識別された顔ごとに、[顔 ] データ型 を使用して一意の顔プロパティセットが割り当てられます。FaceID と境界ボックスを含みます。
  • [繰り返し ( コレクションの各要素)] アクティビティを使用して配列出力を処理する場合は、 TypeArgumentとして [UiPath.Amazon.Rekognition.Models.Face ] を選択します。
  • 概要
  • 概要
  • 依存関係
  • 属性
  • プロパティ
  • 共通
  • 入力
  • その他
  • オプション
  • 出力
ロゴ
サポートを受ける
ロゴ
RPA について学ぶ - オートメーション コース
ロゴ
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2023 UiPath. All rights reserved.