アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
連携アクティビティ (クラシック)
Last updated 2024年7月17日

Salesforce アクティビティ パッケージについて

UiPath.Salesforce.Activities パッケージを使用すると、Salesforce プロセスをオートメーションできます。[Salesforce アプリケーション スコープ] を介して Salesforce Org に接続でき、残りのアクティビティとともに、ファイル操作、レコード操作、レポート実行、SOQL コマンド実行などのアクションを実行できます。

一度確立されると、Salesforce Org への接続は IConnectionService オブジェクトに保存し、後続のすべての子の Scope アクティビティで簡単に再利用できます。接続の資格情報は、Microsoft .NET データ保護 API (DPAPI) を使用して暗号化され、同じユーザーおよび入力された同じマシンでのみアクセスできます。

前提条件

Salesforce アカウントSalesforce Connected App はいずれも Salesforce アクティビティを使用する必要があります。これらは、Salesforce 管理者から取得できます。

また、RPA 開発者は、Salesforce 内のプロセスを自動化するために、Salesforce Developer アカウントを使用することができます。

SalesforceStatus オブジェクト

Salesforce でデータ操作を実行するすべてのアクティビティは、SalesforceStatus という独自のデータ型を返します。このオブジェクトには、Salesforce の操作を行う各アクティビティの実行ステータスの詳細が含まれます。オブジェクトは、次のプロパティを含むように構成されています。
  • Success (成功 ) - アクションが成功したか、エラーがスローされたかを示します。
  • ErrorCode - 実行時にエラーがスローされた場合、Salesforce からのエラーコードを返します。
  • Message - 実行時にエラーがスローされた場合、Salesforce からエラー メッセージを返します。

Salesforce オブジェクトウィザード

[レコードを取得] アクティビティ、[レコードを挿入] アクティビティ、[レコードを更新] アクティビティは、Salesforce オブジェクト ウィザードを使用して構成することができます。アクティビティの本体にある [構成] ボタンをクリックすると、このウィンドウが開きます。



[Salesforce Object] ドロップダウンを使用すると、操作するオブジェクトを選択して、そのすべての詳細を表示することができます。そのオブジェクトの最初のレコードもサンプル レコードとして取得されます。[サンプル値] 列には、そのレコードのフィールドの値が表示されます。



注: Salesforce オブジェクトを選択すると、Salesforce のオブジェクトのすべてのレイアウトで必須としてマークされているフィールドのリストがフィールドのリストに入力されます。Salesforce から利用可能な構成の詳細には制限があるため、必須のフィールドがさらにありますが、既定では追加されません。[サンプル値でテスト] アクティビティを使用してアクティビティをテストしてください。

[単一のフィールドを追加] テキスト ボックスを使用すると、選択したオブジェクトにフィールドを追加できます。[複数フィールドを追加] ボタンをクリックするとウィザードの別のセクションが開き、オブジェクトに追加する複数のフィールドを選択できます。それには、追加するすべてのフィールドのチェックマークを選択して [完了] をクリックします。



注: [レコードを挿入] アクティビティでは、Salesforce Lightning API で作成できるものとして識別されたフィールドのみが利用可能です。[レコードを更新] アクティビティでは、更新できるものとして識別されたフィールドのみが利用可能です。

再び [完了] をクリックすると、設定されたアクティビティに加えられた変更を保存します。

[レコードを挿入] および [レコードを更新] アクティビティには、サンプル値で動作をテストするオプションもあります。これは、[サンプル値でテスト] ボタンをクリックして実行できます。これにより、[サンプル値] 列の値を使用して操作が実行され、成功かエラーかが報告されます。



Salesforce オブジェクト フィールドとデータ型

[レコードを取得] アクティビティ、[レコードを挿入] アクティビティ、[レコードを更新] アクティビティでは、すべてのフィールド値が String として渡されます。
Picklist データ型のフィールドの場合、渡される文字列は、アプリケーションで表示されるラベルではなく、有効な値である必要があります。[ラベルおよび値の書式を設定] アクティビティを使用して、文字列を正しく設定します。
Multiplicklist データ型のフィールドの場合、渡される文字列は、アプリケーションで表示されるラベルではなく、セミコロンで区切られた有効な値のリストである必要があります。[ラベルおよび値の書式を設定] アクティビティを使用して、文字列を正しく設定します。
Boolean データ型のフィールドでは、渡される文字列は true または false にする必要があります。データは最初に Salesforce に入力された方法に応じて、[レコードを取得] アクティビティで Salesforce がこれらの値を返した場合に、TruetrueFalse、または false のいずれかが [サンプル値] 列に値として表示されます。
Date データ型のフィールドの場合、渡される文字列は、YYYY-MM-DD の形式である必要があります。

Salesforce 拡張関数

Salesforce アクティビティ パッケージでは、Salesforce でのプロセスの自動化に役立つ 2 つの新しい関数を導入しました。

Boolean 値としてフォーマット

UiPath.Salesforce.Utilities.UtilityFunctionExtension

String SalesforceFormatAsBoolean(String Value)

Salesforce でサポートされている形式ではない Boolean 型の値を入力すると、実行時にエラーがスローされます。SalesforceFormatAsBoolean 関数を使用すると、文字列内の任意の種類の Boolean 値を Salesforce でサポートされる形式に変換できます。

サポートされている値

True の場合、変換可能な値は 1xttrueyesy です。
False の場合、変換可能な値は 0nullffalsenon です。
注: 上記の値はすべて大文字と小文字を区別せず (大文字の場合もそうでない場合も識別)、使用可能なアルファベットから認識されます。
エスケープ検索語

UiPath.Salesforce.Utilities.UtilityFunctionExtension

String SalesforceEscapeSearchTerm(String SearchTerm, Boolean IsLike = true)

この関数は、Salesforce で必要とされる [SOQL を実行] アクティビティの [SOQL コマンド] プロパティで使用可能な検索用語をエスケープします。引用符付き文字列のエスケープの詳細については、こちらをご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.