アクティビティ
最新
クイックスタート - 顔を識別 目次
ロゴ
連携アクティビティ (クラシック)
最終更新日 2023年12月5日

クイックスタート - 顔を識別

概要

このガイドの目的は、実用的な [Identify Face ] アクティビティのサンプルを作成できるようになることです。 この実用的なサンプルにより、AWS アカウントへの接続をすばやく確認したり、アクティビティの入力/出力データ型に習熟したりできます。

このページの手順を完了すると、以下のアクションを実行するオートメーション シーケンスが使用できるようになります。

  1. [ Amazon Scope] アクティビティを介して AWS アカウントと Amazon Rekognition サービスへの接続を確立します。
  2. [Create Collection] アクティビティを介して画像を検出した顔に関する情報を保存する新しい コレクションを作成 します。
  3. 画像に含まれる顔を検出し、[Add Face] アクティビティを使用して指定したコレクションに 追加 します。
  4. 入力画像内の最大の顔を検出し、指定したコレクション (Collection) で一致する顔を検索します。[Identify Face ] アクティビティを介して識別された顔の配列を返します。

    5.[繰り返し (コレクションの各要素)] アクティビティと [ 1 行を 書き込み ] アクティビティを使用して、Amazon Rekognition アクティビティの入力/出力プロパティをテストします。



前提条件

開始する前に、以下に示す該当する前提条件を満たす必要があります。

別の Amazon Rekognition Quickstart ガイドの前提条件を完了している場合は、準備万全です。以下の 「手順 」セクションに進むことができます。

  1. Amazon Rekognition の セットアップ手順を 完了します。
  2. 新しいオートメーション プロジェクトを作成します。
    1. UiPath Studio を開きます。
    2. [新規プロジェクト][プロセス] をクリックします ([新しい空のプロセス] ウィンドウが開きます)。
    3. プロジェクトの [名前][場所][説明] を入力します。
    4. [作成] をクリックします。


  3. UiPath.Amazon.Scope.Activities パッケージと UiPath.Amazon.Rekognition.Activities パッケージをインストールします。
    1. [デザイン] リボンの [パッケージを管理] をクリックします ([パッケージを管理] ウィンドウが開きます)。
    2. [すべてのパッケージ] の下の [Go!] をクリックします。
    3. [検索 ] バーに「 Amazon」と入力します。
    4. [インストール] をクリックし UiPath.Amazon.Scope.ActivitiesUiPath.Amazon.Rekognition.Activities の両方のライセンスに同意します。
      • UiPath Studio パッケージの詳細については、『Studio ガイド』の「パッケージの管理」をご覧ください。


手順

プロジェクトを構築する

[顔を 識別 ] アクティビティを使用するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトに [Amazon スコープ] アクティビティを追加します。
  2. 識別したい顔を含む既存のコレクションがない場合は、[Amazon Scope] アクティビティの後に [ Create Collection ] アクティビティを追加します。コレクションがない場合は、手順 3 に進みます。
  3. 指定したコレクションに識別したい顔が存在しない場合は、[ Amazon スコープ ] または [ コレクションを作成 ] (該当する場合) の後に [Add Face] アクティビティを追加します (該当する場合)。それ以外の場合は、手順 4 に進みます。
  4. [ Add Face ] アクティビティの後に [Identify Face] アクティビティを追加します (該当する場合)。
  5. 顔の保存に使用する コレクション名 を入力します。
    • 推奨事項: 一貫性を確保するために、[ コレクションを作成 ] アクティビティと [ 顔を追加] アクティビティの両方に同じ String 変数を使用します。
  6. コレクション に追加 する顔を含む画像の [画像パス] または [画像 URL ] を入力します。
    • 推奨事項: 画像の場所に String 変数を作成し、他のアクティビティ (例: [顔を比較]) で再利用できるようにします。
      • このプロジェクトの目的は異なる画像の中で同じ顔を識別することです。したがって、この変数は [ 顔を追加] アクティビティ String 変数と同じにしないでください (該当する場合)。
      • 下の図の例では、2 つの変数が表示されています。 imageOne 変数は [ 顔を追加] アクティビティで使用され、 imageTwo 変数は [ 顔を識別 ] アクティビティで使用されます。
  7. [顔] の値に Face[] 変数を作成して入力します。
    • 変数を作成するときは、 UiPath.Amazon.Rekognition.Models.Face[] 型を選択します。
    • この変数は、[ 顔を追加] アクティビティ Face[] 変数とは異なる必要があります (該当する場合)。
      • 下の図の例では、2 つの変数が表示されています。 faceOne 変数は [ 顔を追加] アクティビティで使用され、 faceTwo 変数は [ 顔を識別 ] アクティビティで使用されます。


プロジェクトをテストする
  1. [顔を 識別 ] アクティビティをテストするには、[顔を追加] アクティビティ (必要に応じて) と [顔を 識別 ] アクティビティの後に、[1 行を書き込み ] アクティビティを持つ [繰り返し ( コレクション の各要素)] アクティビティを 追加 します。
  2. [繰り 返し (コレクションの各 要素)] アクティビティで、[ 顔を追加] アクティビティの後に以下の手順を実行します。
    1. [ TypeArgument ] プロパティで [ UiPath.Amazon.Rekognition.Models.Face] を選択します。
    2. [ ] プロパティに、[ 顔を追加 ] アクティビティに対して作成した Face[] 変数を入力します (例: facesOne)。
    3. [ テキスト] プロパティに「item」と入力 します。画像 ID
      • これにより、[ 顔を追加] アクティビティを介して割り当てた ImageID 値が返されます。
  3. [顔を識別] アクティビティの後の [繰り返し ( コレクションの各 要素)] アクティビティで、次の操作を 行います
    1. [ TypeArgument ] プロパティで [ UiPath.Amazon.Rekognition.Models.Face] を選択します。
    2. [ 値] プロパティに、上記の手順 3 で [顔を識別 ] アクティビティに対して作成した Face[] 変数を入力します (例: facesTwo)。
    3. [ テキスト] プロパティに「item」と入力 します。ImageID+ " : " +item。FaceID です
      • これにより、[ 顔を追加] アクティビティによって割り当てられた ImageID の値と、Amazon Rekognition が割り当てた FaceID が返されます。
      • 以前に [ 顔を追加] アクティビティを使用せず、 AWS CLI または AWS SDK API または AWS コンソールを使用して顔を追加した場合、 ImageID の値は Amazon Rekognition アクティビティの ExternalImageID データ型と同じになります。
  4. [ 実行 ] をクリックして、[ 出力 ] ウィンドウに次の 2 つの出力メッセージが含まれるかどうかを確認します。
    1. [顔を 追加] アクティビティから各顔に割り当てられた ImageID です。
      • 下の画像例では、入力画像に 3 つの面があるため、この値は 3 回返されます。
    2. 画像 ID と画像内で識別された顔の FaceID です。
      • 下の画像の例では、 ImageIDFaceID の値が 1 つだけ返されます (3 つではない)。これは、[顔を 識別 ] アクティビティが画像内で最も大きい顔のみを識別できるためです。


完了です!

準備ができたら、他の「クイックスタート」ガイドにも挑戦し、さまざまな Amazon Rekognition アクティビティにさらに習熟してください。

その他のAmazon Rekognition アクティビティの詳細については「Activities (アクティビティ)」ページをご覧ください。すべてのアクティビティがまとめられたリストと、アクティビティの詳細な説明ページへのリンクが記載されています。

  • 概要
  • 前提条件
  • 手順
ロゴ
サポートを受ける
ロゴ
RPA について学ぶ - オートメーション コース
ロゴ
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2023 UiPath. All rights reserved.