通知を受け取る

UiPath Activities

UiPath Activities ガイド

ワークフロー ファイルを呼び出し (Invoke Workflow File)

UiPath.Core.Activities.InvokeWorkflowFile

Synchronously invokes a specified workflow, optionally passing it a list of input arguments. Arguments can be imported from a specified workflow with this activity by using the Import Arguments button in the body of the activity.

📘

注:

ワークフローからインポートした引数は、名前とデータ型が同じである既存の変数と自動的に照合されます。

シリアル化できないデータ型は、分離されたワークフロー間で渡すことはできません (例:UI ブラウザー、UI 要素など)。

🚧

重要!

分離されていない [ワークフロー ファイルを呼び出し] アクティビティに IN 引数を渡すと、参照が渡されたかのように機能します。つまり、呼び出されたワークフロー内のオブジェクトに変更を加えると、メイン ワークフローのオブジェクトが変更されます。

The workflow that is referenced in the WorkflowFileName property can be opened in the current project by using the Open Workflow button in the body of the activity.

📘

注:

タイトルにドット (.) を含む .xaml ファイルを呼び出すと、必ず、ドットまでのすべてのテキスト (ドットを含む) がアンダースコア (_) で置き換えられます。

プロパティ

入力

  • WorkflowFileName - The file path of the .xaml file to be invoked. This field accepts only string variables. The file path is relative to the current project folder. All string variables must be placed between quotes.
  • Arguments - The parameters that can be passed to the application at startup.
  • Isolated - If this check box is selected, the invoked workflow runs in a separate Windows process. This helps with isolating a faulty workflow from the main workflow.

📘

注:

ビジネス例外は、分離されたワークフローではサポートされていないため、すべての例外がシステム例外として返されます。

共通

  • DisplayName - The display name of the activity.
  • ContinueOnError - Specifies if the automation should continue even when the activity throws an error. This field only supports Boolean values (true, false). The default value is false. As a result, if the field is blank and an error is thrown, the execution of the project stops. If the value is set to True, the execution of the project continues regardless of any error.

📘

注:

このアクティビティが [トライ キャッチ] に含まれていて、[エラー発生時に処理を続行] プロパティの値が True の場合、プロジェクトが実行されたときにエラーは発生しません。

  • Timeout - Specifies the amount of time to wait for the activity to run before an error is thrown. This field supports only TimeSpan variables. By default, this field is empty.

その他

  • Private - If selected, the values of variables and arguments are no longer logged at Verbose level.

引数のインポート

Clicking the Import Arguments button in the body of the activity opens an Arguments panel which features all of the arguments of the workflow referenced in the WorkflowFilePath property.

This panel enables you to choose which arguments you want to import from the invoked workflow by using the directional controls or the Delete button to reorganize the arguments. Clicking OK saves the changes.

📘

注:

パネルで引数を作成すると、呼び出されたワークフローのデータと一致しないため、引数が破棄されます。

Once the panel is closed, a counter next to the button shows how many arguments have been selected for importing. The counter is color coded, as follows:

  • orange - If there is a mismatch between the selected arguments and the ones that exist in the invoked workflow.
  • grey - If the selected arguments are found in the invoked workflow.

呼び出されたワークフローを開く

The Open Workflow button In the body of the activity enables you to open the invoked workflow in a different tab of the same project.

2 か月前に更新


ワークフロー ファイルを呼び出し (Invoke Workflow File)


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。