UiPath Activities

UiPath Activities ガイド

データ テーブルを生成 (Generate Data Table)

UiPath.Core.Activities.GenerateDataTable

非構造化データから DataTable 変数を生成します。このアクティビティでは、生成されたテーブルに応じた列と行の区切り文字を選択できます。このアクティビティは、[Screen Scraping] ウィンドウのテーブル生成機能を使用すると自動的に生成されます。

プロパティ

共通

  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティがエラーをスローした場合でも、ワークフローを継続するかどうかを指定します。このフィールドではブール値 (True、False) のみサポートされています。既定値は False です。その結果、フィールドが空白でエラーがスローされると、プロジェクトの実行が停止します。値を True に設定すると、プロジェクトの実行はエラーに関係なく継続されます。
  • DisplayName - アクティビティの表示名です。

注:

このアクティビティが [トライ キャッチ] に含まれていて、[エラー発生時に処理を続行] プロパティの値が True の場合、プロジェクトが実行されたときにエラーは発生しません。

固定書式オプション

  • ColumnSizes - テーブルに作成する列のサイズを指定します。このフィールドでは IEnumerable<Int32> 変数のみサポートされています。

書式オプション

  • ColumnSeparators - 列区切り文字として使用する文字を指定します。このフィールドでは String 変数のみサポートされています。
  • CSVParsing - select if you want to parse the input data as a CSV. This field only supports Boolean values (True, False). The default value is False.
  • NewLineSeparator - 改行区切り文字として使用する文字を指定します。このフィールドでは String 変数のみサポートされています。

入力

  • Input - テーブルに変換する非構造化データのソースを指定します。このフィールドでは String 変数のみサポートされています。
  • 位置 - スクレイピングに OCR を使用し、[Get Words Info] チェックボックスをオンにした場合、このフィールドには WordsInfo 値を持つ IEnumerable<KeyValuePair<Rectangle,String>> 変数が格納されます。

その他

  • Private - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

出力

  • DataTable - 生成されたテーブルを格納している DataTable 変数です。

テーブルオプション

  • AutoDetectTypes - オンの場合は、列または行の型 (String、Int32 など) を自動的に検出します。
  • UseColumnHeader - オンの場合は、最初に識別された列を列見出しとして使用します。
  • UseRowHeader - オンの場合は、最初に識別された行を行見出しとして使用します。

When clicking the Generate DataTable button the Generate Data Table Wizard is displayed. Use it to easily configure and preview the resulting table format.

[データ テーブルを生成] アクティビティの使用例

この例では、特定の情報を収めたテーブルを、[データ テーブルを生成] アクティビティを使用して生成する方法を説明します。

オートメーションプロセスは次のように構築されています。

  1. Studio を開いて、新しいプロセスを作成します。
  2. Workflow DesignerSequence コンテナをドラッグします。
    • 次の変数を作成します。
変数名
[変数の型 (Variable Type)]
既定値

DT1

データテーブル

-

Result

文字列

-

Name

ジェネリック値

-

  1. [シーケンス] コンテナーに、[データ テーブルを生成] アクティビティをドラッグします。
    • [プロパティ (Properties)] パネルの [CSV 解析 (CSVParsing)] フィールドに値 False を追加します。
    • [改行区切り (NewLineSeparator)] フィールドに値 Environment.NewLine を追加します。
    • [入力 (Input)] フィールドに式 "Name Surname Grade John Doe 10 James Liam 7 Robert Smith 9" を追加します。
    • [DataTable] フィールドで変数 DT1 を追加します。
    • [列ヘッダーを使用 (UseColumnHeader)] オプションのチェック ボックスを選択します。
  2. [データ テーブルを生成] ボタンをクリックして、データ テーブル生成ウィザード を開きます。
    • [第 1 行を列ヘッダーとして使用 (Use First Row as Column Headers)] チェック ボックスを選択します。
    • [列区切り文字 (Column Separators)] ドロップダウン リストから [空白 (space)] を選択します。
    • [改行文字 (NewLine Separators)] ドロップダウン リストから [改行 (newline)] を選択します。
    • [OK] をクリックしてウィザードを終了します。
    • [データ テーブル生成ウィザード] パネルは次のような表示になります。
  1. [データ テーブルを生成] アクティビティの下に [データ テーブルを出力] アクティビティをドラッグします。
    • Properties パネルで、DataTable フィールドに変数 DT1 を追加します。
    • Text (テキスト) フィールドに Result 変数を追加します。
  2. [データ テーブルを出力] アクティビティの下に [1 行を書き込み] アクティビティを配置します。
    • Text (テキスト) フィールドに Result 変数を追加します。
  3. プロセスを実行します。ロボットによって、入力データを使用してテーブルが生成されます。

4 日前に更新


データ テーブルを生成 (Generate Data Table)


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。