通知を受け取る

UiPath Activities

UiPath Activities ガイド

文字列を追加書き込み (Append Line)

UiPath.Core.Activities.AppendLine

説明

指定した文字列をファイルに追加し、ファイルが存在しない場合はファイルを作成します。

プロパティ

ファイル

  • Encoding - The encoding type to be used. You can find the complete list of codes for each character encoding here. To specify the encoding type to be used, use the value from the Name field. If no encoding type is specified, the activity will search for the file's Byte Order Marks to detect the encoding. If no Byte Order Marks are detected and Use default encoding is not selected, UTF-8 is selected by default. This field supports String variables.
  • ファイル名 - ファイル パスです。完全パスでない場合、ファイルはプロジェクト フォルダーに作成されます。
  • Use default encoding- If selected, the default operating system encoding is used when a new file is created or when the encoding cannot be detected. If not selected, the UTF-8 encoding is used. This option is not selected by default.

入力

  • Text - ファイルに追加するテキストです。

共通

  • DisplayName - アクティビティの表示名です。

その他

  • Private - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

UiPath.Core.Activities.AppendLine

説明

ファイルの既存の内容を残したまま、指定されたテキストを追加します。ファイルがまだ存在していない場合、自動化ワークフローの実行時にファイルが作成されます。

このアクティビティの使い方については、「チュートリアル : ファイルとフォルダーの操作」をご覧ください。

アクティビティの構成

アクティビティの本体

  • テキスト - フィールドの右側にあるプラス記号 プラス ボタン をクリックして、メニューの選択可能なオプションから、追加するテキストを示すオプションを選択します。
    • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイルまたは Outlook アカウントからのテキスト。たとえば、Excel ファイルを選択してテキストを含むセルを選択するか、または Outlook で選択されているメールからテキストを含むフィールドを指定します。
    • 保存された値を使用 - プロジェクトで後で使用するために以前保存した、別のアクティビティからのテキスト出力を選択します。
    • テキスト - テキスト ビルダーでテキストを入力します。
    • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時にテキストの入力を求めます。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 書き込む先のファイル名 - フィールドの横にある参照アイコン ファイルを参照 をクリックし、テキストの追加先のファイルを参照して選択します。自動化ワークフローの実行時に新しいファイルを作成するには、ファイルを作成するフォルダーを参照し、ファイル名を入力します。または、フィールドの右側にあるプラス記号 プラス ボタン をクリックし、メニューから、選択可能なオプションの 1 つを選択してファイルを指定します。
    • アクティビティが [繰り返し (フォルダー内の各ファイル)] アクティビティ内にある場合は、[CurrentFile] > [フル パス] を選択して、現在反復処理をしているファイルのパスを指定します。
    • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイルまたは Outlook アカウントからのデータ。たとえば、Excel ファイルを選択してファイル パスを含むセルを選択するか、または Outlook で選択されているメールからファイル パスを含むフィールドを指定します。
    • 保存された値を使用 - プロジェクトで後で使用するために以前保存したファイル パス形式の値を選択します。
    • テキスト - テキスト ビルダーでファイル パスを入力します。テキストに Excel ファイルのセルの数式を結合できます。たとえば、プロジェクト ノートブックの数式を使用して、ファイル名に日付を追加できます。
    • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時にファイル パスの入力を求めます。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。

[プロパティ] パネル内

共通

  • 表示名 - デザイナー パネルに表示されるアクティビティの名前です。

ファイル

  • Encoding - The encoding type to be used. You can find the complete list of codes for each character encoding here. To specify the encoding, enter the value from the Name column. If no Byte Order Marks are detected and Use default encoding is not selected, UTF-8 is selected by default.
  • ファイル名 - 「アクティビティの本体」の「書き込む先のファイル名」をご覧ください。
  • Use default encoding- If selected, the default operating system encoding is used when a new file is created or when the encoding cannot be detected. If not selected, the UTF-8 encoding is used. This option is not selected by default.

入力

その他

  • プライベート - 選択すると、アクティビティで使用したデータが StudioX のログに記録されなくなります。

27 日前に更新


文字列を追加書き込み (Append Line)


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。