UiPath Activities

UiPath Activities ガイド

文字列を追加書き込み (Append Line)

UiPath.Core.Activities.AppendLine

説明

指定した文字列をファイルに追加し、ファイルが存在しない場合はファイルを作成します。

プロパティ

ファイル

  • エンコード - 使用するエンコードの種類です。各文字エンコードのコードの完全な一覧は、こちらにあります。使用するエンコードの種類を指定するには、[名前] フィールドの値を使用します。エンコードの種類が指定されていない場合、アクティビティはファイルのバイト オーダー マークを検索してエンコードを検出します。バイト オーダー マークが検出されない場合は、システム ANSI コード ページが既定で選択されます。このフィールドは String 変数をサポートします。

注:

To ensure strings are displayed as expected, if the system encoding is not UTF-8, you must specify the encoding to use.

  • ファイル名 - ファイル パスです。完全パスでない場合、ファイルはプロジェクト フォルダーに作成されます。

入力

  • Text - ファイルに追加するテキストです。

共通

  • DisplayName - アクティビティの表示名です。

その他

  • Private - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

UiPath.Core.Activities.AppendLine

説明

ファイルの既存の内容を残したまま、指定されたテキストを追加します。ファイルがまだ存在していない場合、自動化ワークフローの実行時にファイルが作成されます。

このアクティビティの使い方については、「チュートリアル : ファイルとフォルダーの操作」をご覧ください。

アクティビティの構成

アクティビティの本体

  • テキスト - フィールドの右側にあるプラス記号 プラス ボタン をクリックして、メニューの選択可能なオプションから、追加するテキストを示すオプションを選択します。
    • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイルまたは Outlook アカウントからのテキスト。たとえば、Excel ファイルを選択してテキストを含むセルを選択するか、または Outlook で選択されているメールからテキストを含むフィールドを指定します。
    • 保存された値を使用 - プロジェクトで後で使用するために以前保存した、別のアクティビティからのテキスト出力を選択します。
    • テキスト - テキスト ビルダーでテキストを入力します。
    • Ask when run - Prompt for a text when the project is executed.
    • [詳細エディターを開く (Open in Advanced Editor)] - VB の式を入力します。
  • 書き込む先のファイル名 - フィールドの横にある参照アイコン ファイルを参照 をクリックし、テキストの追加先のファイルを参照して選択します。自動化ワークフローの実行時に新しいファイルを作成するには、ファイルを作成するフォルダーを参照し、ファイル名を入力します。または、フィールドの右側にあるプラス記号 プラス ボタン をクリックし、メニューから、選択可能なオプションの 1 つを選択してファイルを指定します。
    • アクティビティが [繰り返し (フォルダー内の各ファイル)] アクティビティ内にある場合は、[CurrentFile] > [フル パス] を選択して、現在反復処理をしているファイルのパスを指定します。
    • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイルまたは Outlook アカウントからのデータ。たとえば、Excel ファイルを選択してファイル パスを含むセルを選択するか、または Outlook で選択されているメールからファイル パスを含むフィールドを指定します。
    • [保存された値を使用 (Use Saved Value)] - プロジェクトで後で使用するために以前保存したファイル パス形式の値を選択します。
    • テキスト - テキスト ビルダーでファイル パスを入力します。テキストに Excel ファイルのセルの数式を結合できます。たとえば、プロジェクト ノートブックの数式を使用して、ファイル名に日付を追加できます。
    • Ask when run - Prompt for a file path when the project is executed.
    • [詳細エディターを開く (Open in Advanced Editor)] - VB の式を入力します。

[プロパティ] パネル内

共通

  • [表示名 (Display Name)] - デザイナー パネルに表示されるアクティビティの名前です。

ファイル

  • エンコード - 使用するエンコードの種類です。各文字エンコードのコードの完全な一覧については、こちらをご覧ください。エンコードを指定するには、[名前] 列の値を入力します。エンコードの種類が指定されていない場合、アクティビティはファイルのバイト オーダー マークを検索してエンコードを検出します。バイト オーダー マークが検出されない場合は、システム ANSI コード ページが既定で選択されます。

注:

To ensure strings are displayed as expected, if the system encoding is not UTF-8, you must specify the encoding to use.

入力

その他

  • [プライベート (Private)] - 選択すると、アクティビティで使用したデータが StudioX のログに記録されなくなります。

3 か月前に更新


文字列を追加書き込み (Append Line)


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。