UiPath Activities

UiPath Activities ガイド

データ列を追加 (Add Data Column)

UiPath.Core.Activities.AddDataColumn

Adds a DataColumn to a specified DataTable. Here you can see how the Add Data Column activity is used in an example that incorporates multiple activities.

プロパティ

共通

  • DisplayName - アクティビティの表示名です。

入力

  • Column - DataTable の列コレクションに付加する DataColumn オブジェクト。このプロパティ フィールドに変数を追加した場合、オプションのカテゴリに属するプロパティは、すべて無視されます。このフィールドでは DataColumn オブジェクトのみがサポートされています。
  • ColumnName - 指定した DataTable オブジェクトに追加する新しい列の名前。このフィールドでは文字列および String 型の変数のみがサポートされています。
  • DataTable - 列の追加先とする DataTable オブジェクト。このフィールドでは DataTable オブジェクトのみがサポートされています。

その他

  • Private - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
  • TypeArgument - A drop-down list that enables you to choose what .NET datatype you want to use with the activity. The newly added column will only accept the values of the selected datatype.

オプション

  • AllowDBNull - テーブルに属する行の新しい列において新しい値が許可されるかどうかを指定します。既定では、このチェック ボックスはクリアされています。
  • AutoIncrement - 新しい行が追加されると列の値が自動的にインクリメントされるかどうかを指定します。既定では、このチェック ボックスはクリアされています。
  • DefaultValue - 新しい行を作成したときの新しい列の既定値を指定します。この値は、TypeArgument プロパティで指定した型とする必要があります。
  • MaxLength - 各行における新しい列の最大長を指定します。このフィールドでは Int32 型の変数のみがサポートされています。
  • Unique - 新しい列の各行の値が一意である必要があることを指定します。既定では、このチェック ボックスはクリアされています。

12 日前に更新


データ列を追加 (Add Data Column)


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。