Automation Suite
2022.10
ロボット ログを Elasticsearch に保存する - Automation Suite 2022.10
Banner background image
ロゴ
Automation Suite インストール ガイド
最終更新日 2024年2月12日

ロボット ログを Elasticsearch に保存する

ロボット ログを Elasticsearch サーバーに保存する場合、基本構成と高度な構成の 2 種類の構成を使用できます。

基本構成では既定の機能が提供され、事前設定済みの Elasticsearch NLog ターゲットがアクティブ化されます。ターゲットは、バッファリング ターゲットにラップされた Elasticsearch ターゲットで構成されます。ほとんどのシナリオでは、この種類の構成で十分です。

ただし、ルールをさらにカスタマイズする必要がある場合は、高度な構成による方法を使用できます。

Note: The option to save robot logs to an Elasticsearch server only becomes effective once you configure it, and is not applied retroactively. This means that you will no longer have access to any logs that were already in the database at the time you configured the option, because logs can only be retrieved and displayed from a single destination.

基本構成

  1. ArgoCD インターフェイスで uipath アプリケーションを見つけます。
  2. 左上隅の [APP DETAILS] ボタンをクリックしてから、[PARAMETERS] タブに移動します。
  3. [EDIT] をクリックし、次のパラメーターを右側の列で指定した値に変更したうえで、例を独自の値に置き換えます。

    パラメーター

    値 (Value)

    global.userInputs.orchestratorRobotLogsElasticUri

    例: https://elastic.example.com:9200

    末尾にスラッシュを入れないようにしてください。

    global.userInputs.orchestratorRobotLogsElasticAuthUsername

    例: elastic-user

    global.userInputs.orchestratorRobotLogsElasticAuthPassword

    例: elastic-password
  4. 変更を保存します。
  5. uipath アプリケーションを同期し、healthy ステートの応答を見ながら、プロセスが完了するまで待機します。

また、cluster_config.json ファイルを編集して、ロボット ログを Elasticsearch サーバーに保存するように構成することもできます。

基本構成でサポートされるのは Elasticsearch バージョン 7.x です。Elasticsearch 8.x の場合は、高度な構成を使用する必要があります。

高度な設定

重要: 次の手順に従って変更を加えると、システム全体の機能と安定性に悪影響を及ぼす可能性があります。変更を加えるのは、変更の影響を理解している場合だけにすることをお勧めします。
高度な構成では、NLog.config ターゲットを完全にカスタマイズできます。
  1. 上記の基本構成の手順に従います。
  2. ConfigMap の orchestrator-customconfignlog.json のパラメーターを編集します。
    1. 次のサンプルに基づいて、/tmp/nlog.custom.json ファイルを作成します。
    2. ./orchestrator_configurator.sh -l /tmp/nlog.custom.json を使用して、Orchestrator 構成ツールで ConfigMap を更新します。
注:

高度な構成では Elasticsearch バージョン 8.x もサポートされます。

Elasticsearch 7.x のサンプル

{
  "Nlog": {
    "targets": {
      "robotElasticBuffer": {
        "flushTimeout": 1000,
        "bufferSize": 1000,
        "slidingTimeout": false,
        "target": {
          "uri": "https://elastic.example.com:9200",
          "requireAuth": true,
          "username": "elastic-user",
          "password": "elastic-password",
          "index": "${event-properties:item=indexName}-${date:format=yyyy.MM}",
          "documentType": "logEvent",
          "includeAllProperties": true,
          "layout": "${message}",
          "excludedProperties": "agentSessionId,tenantId,indexName"
        }
      }
    }
  }
}{
  "Nlog": {
    "targets": {
      "robotElasticBuffer": {
        "flushTimeout": 1000,
        "bufferSize": 1000,
        "slidingTimeout": false,
        "target": {
          "uri": "https://elastic.example.com:9200",
          "requireAuth": true,
          "username": "elastic-user",
          "password": "elastic-password",
          "index": "${event-properties:item=indexName}-${date:format=yyyy.MM}",
          "documentType": "logEvent",
          "includeAllProperties": true,
          "layout": "${message}",
          "excludedProperties": "agentSessionId,tenantId,indexName"
        }
      }
    }
  }
}

Elasticsearch 8.x のサンプル

{
  "Nlog": {
    "targets": {
      "robotElasticBuffer": {
        "flushTimeout": 1000,
        "bufferSize": 1000,
        "slidingTimeout": false,
        "target": {
          "uri": "https://elastic.example.com:9200",
          "requireAuth": true,
          "username": "elastic-user",
          "password": "elastic-password",
          "index": "${event-properties:item=indexName}-${date:format=yyyy.MM}",
          "documentType": "",
          "includeAllProperties": true,
          "layout": "${message}",
          "excludedProperties": "agentSessionId,tenantId,indexName"
        }
      }
    }
  }
}{
  "Nlog": {
    "targets": {
      "robotElasticBuffer": {
        "flushTimeout": 1000,
        "bufferSize": 1000,
        "slidingTimeout": false,
        "target": {
          "uri": "https://elastic.example.com:9200",
          "requireAuth": true,
          "username": "elastic-user",
          "password": "elastic-password",
          "index": "${event-properties:item=indexName}-${date:format=yyyy.MM}",
          "documentType": "",
          "includeAllProperties": true,
          "layout": "${message}",
          "excludedProperties": "agentSessionId,tenantId,indexName"
        }
      }
    }
  }
}
  • 基本構成
  • 高度な設定
Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.