Automation Suite
2022.10
Azure インフラストラクチャのセットアップ例 - Automation Suite 2022.10
Banner background image
ロゴ
Automation Suite インストール ガイド
最終更新日 2024年2月12日

Azure インフラストラクチャのセットアップ例

次の表に、Azure にインフラストラクチャを構成するために必要となる手順を、シングルノードの評価プロファイルとマルチノードの高可用性対応運用環境プロファイルの両方について示します。

手順

手順

シングルノードの評価プロファイル

マルチノードの HA 対応の運用プロファイル

インストール時の要件

手順 1: 仮想マシン ノードを構成する

<details>:

基本; ディスクを構成する; ネットワーク

仮想マシンの DNS の構成、ディスクのパーティション設定、追加のネットワーク構成 (マルチノードの場合)

ノードを 1 つ構成します。

ノードを 3 つ以上構成します。

  • マルチノード固有の追加の手順を実行します。
  • 仮想マシン作成時に使用するユーザー名とパスワード
  • 最初の仮想マシンの FQDN
  • シングルノードの評価プロファイルの場合は、この FQDN をクラスターの FQDN として指定します。

N/A

Required

  • ロード バランサーの FQDN
  • マルチノードの場合は、この FQDN をクラスターの FQDN として指定します。
 

Required

Required

  • SQL Server の FQDN と資格情報。

外部 ObjectStore を選択する場合、Azure Storage アカウントを作成する必要があります。

   

運用環境のデプロイの場合:

テストまたは評価環境のデプロイの場合:

Required

Required

手順 6: Automation Suite をインストールする

この時点で構成は完了しているため、Automation Suite をインストールできます。

   
Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.