Automation Suite
2022.10
バナーの背景画像
Automation Suite インストール ガイド
最終更新日 2024年2月12日

手順 1.1: 仮想マシンを作成する

リソース グループを作成する

Automation Suite を実行するには、Azure サブスクリプションの下にリソース グループが必要です。既存のリソース グループを使用する場合は、この手順をスキップして、後の手順でリソース グループを指定できます。

  1. Azure Portal に移動します。
  2. 新規作成する場合は、ホーム ページから [リソース グループ] を選択し、[作成] をクリックします。


同じリソース グループの下で仮想ネットワークを作成する

  1. Azure Portal に移動します。
  2. ホーム ページから [仮想ネットワーク] を検索し、[作成] をクリックします。

プロビジョニングするすべてのマシンが、この仮想ネットワークに含まれる必要があります。



ネットワーク セキュリティ グループを作成する

  1. Azure Portal に移動します。
  2. ターゲットのリソース グループの下でネットワーク セキュリティ グループを作成します。

    プロビジョニングするすべてのマシンが、この共通のネットワーク セキュリティ グループを使用する必要があります。

  3. ホーム ページから [ネットワーク セキュリティ グループ] を検索し、[作成] をクリックします。

ネットワーク セキュリティ グループリソース グループの下に配置されます。



仮想マシンを作成する

  1. Azure Portal に移動します。
  2. 検索フィールドに「virtual machines」と入力します。
  3. [サービス] の下で [仮想マシン] を選択します。
  4. [仮想マシン] ページで、[作成] を選択します。[仮想マシンの作成] ページが開きます。

[基本] タブ

  1. [基本] タブの [プロジェクトの詳細] の下で、正しいサブスクリプションが選択されていることを確認し、[新規作成] を選択して新しいリソース グループを作成します (または既存のリソース グループをリストから選択します)。名前を入力します。
  2. [インスタンスの詳細] の下で、[仮想マシン名] に仮想マシン名を設定し、[リージョン] を選択して、[イメージ][Red Hat Enterprise Linux OS 8.2] を選択します。その他は既定値のままにします。
  3. インストールされている製品に基づくマシン サイズについては、ハードウェア要件をご覧ください。
    • たとえば、シングルノードの評価デプロイの仮想マシンは、基本の製品選択の場合、Standard_D16s_v3、すべて選択する場合、Standard_D32s_v3 とすることができます。ドロップダウン リストから適切なサイズを選択してください。これらのマシンは、ドロップダウンの [D-Series v3] オプションにあります。
      : マシン サイズを見つけるために Standard_D32s_v3 を検索しても、結果は返されません。D32s_v3 を検索する必要があります。
    • マルチノードの高可用性対応の運用環境のデプロイの場合、基本の製品選択では、3 x Standard_D16s_v3 だけ選択でき、すべて選択する場合は、3 x Standard_D32s_v3、または 6 x Standard_D16s_v3 だけ選択できます。ドロップダウン リストから適切なサイズを選択してください。
    • GPU サポートが必要な場合は、NC タイプの仮想マシン、[Standard_NC12] または [Standard_NC12s_v2] を選択する必要があります。残りの手順は、これらの仮想マシンと同じです。
  4. [管理者アカウント] の下で、[パスワード] 認証タイプを選択し、残りのフィールドに入力します。
  5. 受信ポート ルールとして、HTTPS (443) ポートと SSH (22) ポートを選択します。


  6. ここから、[Next: Disks >] に移動します。

セカンダリ ディスク ドライブを追加する

仮想マシンは、作成手順中に [ディスク] タブの下で直接構成できます。

  1. 次のディスクが存在し、要件を満たしていることを確認します。

    ディスク ラベル

    Size

    クラスター ディスク

    256 GiB SSD と最小 IOPS: 1100

    etcd ディスク

    16 GiB SSD と最小 IOPS: 240

    データ ディスク

    基本インストール: 512 GiB SSD と最小 IOPS: 1100

    完全インストール: 2 TiB SSD と最小 IOPS: 1100

    UiPath バンドル ディスク

    512 GiB SSD と最小 IOPS: 1100

    注:

    データ ディスクと etcd ディスクは、独立した物理ディスクである必要があります。これにより、データと etcd のディスクを他のクラスターのワークロードやアクティビティから物理的に分離すると同時に、クラスターのパフォーマンスと安定性も向上させることができます。

    UiPath バンドル ディスクは、オフライン インストールでのみ必要です。

  2. [Create and attach a new disk] をクリックします。


ネットワーク

重要: 各マシンを仮想ネットワークに追加する必要があります。シングルノードの評価デプロイまたはマルチノードの高可用性対応の運用環境のデプロイのどちらでも、仮想ネットワークを作成する必要があります。各 Azure VM は仮想ネットワーク (プライベート ネットワーク) に存在し、パブリック IP によってこれを外部接続 (インターネット) に公開します。

以下の手順に従い、新しい仮想ネットワークとパブリック IP アドレスを作成します (または既存のものを選択します)。

  1. 前の手順で作成した仮想ネットワークを選択するか、[仮想ネットワーク] ドロップダウンの [新規作成] をクリックして名前を指定し、[保存] をクリックします。他のチェックボックスは選択しないでください。


    重要: 構成する追加ノードが、ここで選択されているのと同じ仮想ネットワークに追加されていることを確認します。
  2. [パブリック IP] ドロップダウンの [新規作成] をクリックします。


  3. [パブリック IP] から [標準] SKU を選択します。


  4. [確認と作成] をクリックしてから [作成] をクリックします。
  5. マシンを作成する場合は、デプロイが完了したことを示す次の画面が表示されるまで待機します。


  6. [リソースに移動] をクリックして次の手順に進みます。
次の手順は、「手順 1.2: 仮想マシンを構成する」です

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.