Automation Suite
2022.10
バックアップを復元する - Automation Suite 2022.10
Banner background image
ロゴ
Automation Suite インストール ガイド
最終更新日 2024年2月12日

バックアップを復元する

注:

クラスターの復元後は、スナップショットのバックアップは有効化されていません。復元後にスナップショットのバックアップを有効化するには、「スナップショットのバックアップを有効化する」をご覧ください。

クラスターを復元しても、SQL Server などの外部データ ソースは復元されません。必ず、SQL Server を適切なスナップショットに復元してください。

クラスターを復元するには、次の手順に従います。

  1. すべてのサーバー ノードにクラスター インフラストラクチャをインストールします。
  2. 復元したクラスター上でスナップショットを構成します。
  3. 復元するスナップショットを選択します。
  4. データと設定を復元します。

手順 1: クラスター インフラストラクチャをインストールする

前提条件: 必要なインストーラーとバンドルをダウンロードしてインストールします。

クラスター インフラストラクチャをインストールするには、dr_input.json 復元ファイルを準備し、すべてのクラスター ノードで利用できるようにします。
{
  "fixed_rke_address": "fqdn",
  "fqdn": " fqdn ",
  "rke_token": "guid",
  "profile" : "cluster_proflie"
}{
  "fixed_rke_address": "fqdn",
  "fqdn": " fqdn ",
  "rke_token": "guid",
  "profile" : "cluster_proflie"
}
注: 復元ファイルには、クラスターの復元に必要なパラメーターのみが含まれています。これは cluster_config.json のサブセットです。

パラメーター

値 (Value)

fqdn

Automation Suite クラスターの FQDN。値は、古い FQDN と同じである必要があります。別の FQDN 値を指定すると、復元が失敗する可能性があります。

fixed_rke_address

負荷分散ノードの登録と Kube API 要求に使用する固定アドレス

推奨どおりロード バランサーを構成している場合は、fqdn の値と同じ値にする必要があります。それ以外の場合は、最初のサーバー ノードの fqdn 値を使用します。詳しくは、「ロード バランサーを構成する」をご覧ください。

rke_token

ここには、新たに生成された GUID を使用します。これは、事前共有されるクラスター固有のシークレットです。クラスターに参加させる、すべてのノードで必要です。

profile

インストールのプロファイルを設定します。使用可能なプロファイルは次のとおりです。

  • default – シングルノードの評価プロファイル
  • ha – マルチノードの高可用性対応の運用プロファイル

インストールの詳細については、「手動: 高度なインストール」をご覧ください。

オンライン インストール

プライマリ復元クラスター ノードにクラスター インフラストラクチャをインストールする

プライマリ復元クラスター ノードにインフラストラクチャをインストールするには、次のコマンドを実行します。

cd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore --accept-license-agreementcd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore --accept-license-agreement
重要: dr_input.json をプライマリ サーバー ノードから残りのサーバー/エージェント ノードにコピーします。インフラストラクチャをプライマリ サーバー ノードにインストールする手順で、残りのノードに必要な値が追加されます。

セカンダリ サーバーにクラスター インフラストラクチャをインストールする

セカンダリ サーバーにインフラストラクチャをインストールするには、以下の手順を実行します。

cd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j server --accept-license-agreementcd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j server --accept-license-agreement

エージェント ノードにクラスター インフラストラクチャをインストールする

エージェント ノードにインフラストラクチャをインストールするには、以下の手順を実行します。

cd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j agent --accept-license-agreementcd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j agent --accept-license-agreement

Task Mining ノードにクラスター インフラストラクチャをインストールする

Task Mining ノードにクラスター インフラストラクチャをインストールするには、以下の手順を実行します。

cd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j task-mining --accept-license-agreementcd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j task-mining --accept-license-agreement

Automation Suite ロボット ノードにクラスター インフラストラクチャをインストールする

Automation Suite ロボット ノードにクラスター インフラストラクチャをインストールするには、以下の手順を実行します。

cd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j asrobots --accept-license-agreementcd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j asrobots --accept-license-agreement

GPU ノードにクラスター インフラストラクチャをインストールする

GPU ノードにクラスター インフラストラクチャをインストールするには、以下の手順を実行します。

cd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j gpu --accept-license-agreementcd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j gpu --accept-license-agreement

オフライン インストール

注:
すべてのクラスター ノードでクラスター インフラストラクチャ バンドル sf-infra.tar.gz を利用できるようにします。
  1. プライマリ復元サーバー ノードの /uipath/ ディレクトリにバンドルをコピーします。
  2. セカンダリ サーバーとエージェント ノードの /opt/UiPathAutomationSuite/ ディレクトリにバンドルをコピーします。

プライマリ復元クラスター ノードにクラスター インフラストラクチャをインストールする

プライマリ復元クラスター ノードにインフラストラクチャをインストールするには、以下の手順を実行します。

cd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore --accept-license-agreement --offline-bundle /uipath/sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /uipath/tmpcd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore --accept-license-agreement --offline-bundle /uipath/sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /uipath/tmp
重要: dr_input.json をプライマリ サーバー ノードから残りのサーバー/エージェント ノードにコピーします。インフラストラクチャをプライマリ サーバー ノードにインストールする手順で、残りのノードに必要な値が追加されます。

セカンダリ サーバーにクラスター インフラストラクチャをインストールする

セカンダリ サーバーにインフラストラクチャをインストールするには、以下の手順を実行します。

cd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j server --accept-license-agreement --offline-bundle /opt/UiPathAutomationSuite/sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmpcd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j server --accept-license-agreement --offline-bundle /opt/UiPathAutomationSuite/sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmp

エージェント ノードにクラスター インフラストラクチャをインストールする

エージェント ノードにインフラストラクチャをインストールするには、以下の手順を実行します。

cd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j agent --accept-license-agreement --offline-bundle /opt/UiPathAutomationSuite/sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmpcd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j agent --accept-license-agreement --offline-bundle /opt/UiPathAutomationSuite/sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmp

Task Mining ノードにクラスター インフラストラクチャをインストールする

Task Mining ノードにインフラストラクチャをインストールするには、以下の手順を実行します。

cd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j task-mining --accept-license-agreement --offline-bundle /opt/UiPathAutomationSuite/sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmpcd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j task-mining --accept-license-agreement --offline-bundle /opt/UiPathAutomationSuite/sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmp

Automation Suite ロボット ノードにクラスター インフラストラクチャをインストールする

Automation Suite ロボット ノードにインフラストラクチャをインストールするには、以下の手順を実行します。

cd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j asrobots --accept-license-agreement --offline-bundle /opt/UiPathAutomationSuite/sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmpcd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j asrobots --accept-license-agreement --offline-bundle /opt/UiPathAutomationSuite/sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmp

GPU ノードにクラスター インフラストラクチャをインストールする

GPU ノードにインフラストラクチャをインストールするには、以下の手順を実行します。

cd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j gpu --accept-license-agreement --offline-bundle /opt/UiPathAutomationSuite/sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmpcd <installer directory>
./install-uipath.sh -i dr_input.json -o dr_output.json --restore -j gpu --accept-license-agreement --offline-bundle /opt/UiPathAutomationSuite/sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmp

手順 2: 復元したクラスター上でスナップショットを構成する

インフラストラクチャをインストールしたら、スナップショットを構成する一方で、最小限のデータ (ターゲット、エンドポイント、場所など) を提供します。これらの値は復元時に使用されます。

復元したクラスターのバックアップを構成するには、「クラスター スナップショットを構成する」のセクションの手順に従います。

手順 3: 復元するスナップショットを選択する

スナップショットの構成後、既存のスナップショットの一覧を表示して、復元ポイントとして使用するスナップショットを決定します。

手順 4: データと設定を復元する

以前のクラスターに戻すには、--from-snapshot <snapshot-name> フラグを使用して、変換元のスナップショットの名前を指定します。
./configureUiPathAS.sh snapshot restore create --from-snapshot <snapshot name>./configureUiPathAS.sh snapshot restore create --from-snapshot <snapshot name>

スナップショット名を指定しない場合、クラスターは最後に成功したスナップショットに復元されます。利用可能なスナップショットについては、スナップショットのリストをご覧ください。

復元したクラスターで AI Center を有効化する

AI Center™ が有効化された Automation Suite クラスターを復元した後、「復元したクラスターで AI Center を有効化する」の手順に従います。

Cluster_config.json を復元する

Automation Suite クラスターの回復後、cluster_config.json ファイルを回復することもできます。今後クラスターに新しいノードを追加する際やアップグレードをする際などにこのファイルを使用できます。
cluster_config.json を復元するには、以下の手順を実行します。
./configureUiPathAS.sh config get -o ./cluster_config.json./configureUiPathAS.sh config get -o ./cluster_config.json

信頼ストアに CA 証明書を追加する

クラスターの復元後、復元した仮想マシンの信頼ストアに CA 証明書を追加してください。詳しくは、以下のページをご覧ください。

Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.