Automation Suite
2022.10
インストール時にサービスをトラブルシューティングする方法 - Automation Suite 2022.10
Banner background image
ロゴ
Automation Suite インストール ガイド
最終更新日 2024年2月12日

インストール時にサービスをトラブルシューティングする方法

クラスター サーバー ノードの 1 つで次の手順を実行します。

  1. Kubernetes へのアクセス権を取得します。

    on server nodes:
    export KUBECONFIG="/etc/rancher/rke2/rke2.yaml"
    export PATH="$PATH:/usr/local/bin:/var/lib/rancher/rke2/bin"
    
    on agent nodes:
    export KUBECONFIG="/var/lib/rancher/rke2/agent/kubelet.kubeconfig"
    export PATH="$PATH:/usr/local/bin:/var/lib/rancher/rke2/bin"
    
    # To validate, execute the following command which should not return an error:
    kubectl get nodeson server nodes:
    export KUBECONFIG="/etc/rancher/rke2/rke2.yaml"
    export PATH="$PATH:/usr/local/bin:/var/lib/rancher/rke2/bin"
    
    on agent nodes:
    export KUBECONFIG="/var/lib/rancher/rke2/agent/kubelet.kubeconfig"
    export PATH="$PATH:/usr/local/bin:/var/lib/rancher/rke2/bin"
    
    # To validate, execute the following command which should not return an error:
    kubectl get nodes
  2. 次のコマンドを使用して、ArgoCD パスワードを取得します。

    kubectl get secrets/argocd-admin-password -n argocd --template '{{ .data.password }}' | base64 -dkubectl get secrets/argocd-admin-password -n argocd --template '{{ .data.password }}' | base64 -d
  3. ArgoCD に接続します。
  4. https://alm.<fqdn>/:443 に移動します。
  5. admin をユーザー名として使用し、手順 2 で取得したパスワードを使用してログインします。
  6. 次のように UiPath サービス アプリケーションを見つけます。
  7. ArgoCD の検索バーで「uipath」と入力します。


  8. 次に、カードをクリックして UiPath アプリケーションを開きます。


  9. 次のエラーを確認します。Application was not synced due to a failed job/pod
  10. 上記のエラーが存在する場合は、以下の手順を実行します。
  11. 赤いひびの入ったハート型のアイコンを探して、同期されていないコンポーネントを見つけます (下図を参照)。


  12. 右端のコンポーネント (通常はポッド) を開いて、[ログ] タブをクリックします。[ログ] には、ポッド障害の原因を示すエラー メッセージが含まれます。


  13. 未解決の設定の問題を解決したら、ホーム ページに戻り、UiPath アプリケーションの [同期] ボタンをクリックします。
Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.