Automation Suite
2022.10
MongoDB ポッドが CrashLoopBackOff になるか、削除後に PVC プロビジョニングの保留中になる - Automation Suite 2022.10
Banner background image
ロゴ
Automation Suite インストール ガイド
最終更新日 2024年2月12日

MongoDB ポッドが CrashLoopBackOff になるか、削除後に PVC プロビジョニングの保留中になる

PVC が破損しているために MongoDB ポッドがクラッシュバック ループでスタックしている可能性があります。この問題の原因として最も可能性が高いのは、不完全なシャットダウンです。

この問題が発生した場合、ログに以下が表示されます。

Common point must be at least stable timestamp
{"t":{"$date":"2022-05-18T09:37:55.053+00:00"},"s":"W",  "c":"STORAGE",  "id":22271,   "ctx":"initandlisten","msg":"Detected unclean shutdown - Lock file is not empty","attr":{"lockFile":"/data/mongod.lock"}}
    ['currentState.Running' = false]
    ['currentState.IsVCRedistCorrect' = true]
    ['desiredState.ProcessType' != mongos ('desiredState.ProcessType' = mongod)]Common point must be at least stable timestamp
{"t":{"$date":"2022-05-18T09:37:55.053+00:00"},"s":"W",  "c":"STORAGE",  "id":22271,   "ctx":"initandlisten","msg":"Detected unclean shutdown - Lock file is not empty","attr":{"lockFile":"/data/mongod.lock"}}
    ['currentState.Running' = false]
    ['currentState.IsVCRedistCorrect' = true]
    ['desiredState.ProcessType' != mongos ('desiredState.ProcessType' = mongod)]

回復の手順

  1. 失敗したポッドを削除します。この解決策が機能しない場合は、次の手順に進みます。

    kubectl delete pod <pod-name> -n mongodbkubectl delete pod <pod-name> -n mongodb
  2. 失敗したポッドの破損した PVC の名前を取得します。
    kubectl -n mongodb get pvckubectl -n mongodb get pvc
  3. 失敗したポッドの PVC を削除します。

    kubectl -n mongodb delete pvc <pvc-name>kubectl -n mongodb delete pvc <pvc-name>
    注: この時点で PVC が自動同期され、ポッドで問題が発生しなくなります。自動プロビジョニングが実行されない場合は、次の手順を実行してプロビジョニング操作を手動で実行する必要があります。
  4. 正常なノードの PVC YAML を取得します。

    kubectl -n mongodb get pvc <pvc-name> -o yaml > pvc.yamlkubectl -n mongodb get pvc <pvc-name> -o yaml > pvc.yaml
  5. 名前を編集し、YAML から uuids/pvc-ids を削除します。
  6. ボリューム名と UID を削除し、PVC の名前を、削除した PVC の名前に変更します。



  7. PVC を適用します。

    kubectl -n mongodb apply pvc.yamlkubectl -n mongodb apply pvc.yaml
  8. PVC がプロビジョニングされてポッドの PVC に接続され、ポッドで問題が発生しなくなります。ポッドが再同期しない場合は、削除します。
  • 回復の手順
Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.