Automation Suite
2022.10
ObjectStore にデータをアップロードまたはダウンロードできない - Automation Suite 2022.10
Banner background image
ロゴ
Automation Suite インストール ガイド
最終更新日 2024年2月12日

ObjectStore にデータをアップロードまたはダウンロードできない



説明

この問題は、配置グループ (PG) の不整合のために、object-store のステートが degraded ステートになっている場合に発生する可能性があります。

次のコマンドを実行して、問題が本当に rook-ceph の PG の不整合に関連しているかを確認します。

export KUBECONFIG=/etc/rancher/rke2/rke2.yaml PATH=$PATH:/var/lib/rancher/rke2/bin
ROOK_CEPH_TOOLS=$(kubectl -n rook-ceph get pods | grep rook-ceph-tools)
kubectl -n rook-ceph exec -it $ROOK_CEPH_TOOLS -- ceph statusexport KUBECONFIG=/etc/rancher/rke2/rke2.yaml PATH=$PATH:/var/lib/rancher/rke2/bin
ROOK_CEPH_TOOLS=$(kubectl -n rook-ceph get pods | grep rook-ceph-tools)
kubectl -n rook-ceph exec -it $ROOK_CEPH_TOOLS -- ceph status

問題が rook-ceph の PG の不整合に関連している場合は、出力に次のメッセージが含まれます。



....
....
Possible data damage: X pgs inconsistent
....
....
X active+clean+inconsistent
....
........
....
Possible data damage: X pgs inconsistent
....
....
X active+clean+inconsistent
....
....

解決策

不整合な PG を修復するには、次の手順を実行します。

  1. rook-ceph ツールを実行します。

    kubectl -n rook-ceph exec -it $ROOK_CEPH_TOOLS -- shkubectl -n rook-ceph exec -it $ROOK_CEPH_TOOLS -- sh
  2. rook-ceph のガベージ コレクター プロセスをトリガーします。プロセスが完了するまで待ちます。

    radosgw-admin gc processradosgw-admin gc process
  3. active+clean+inconsistent PG のリストを見つけます。
    ceph health detail
    # output of this command be like
    # ....
    # pg <pg-id> is active+clean+inconsistent, acting ..
    # pg <pg-id> is active+clean+inconsistent, acting ..
    # ....
    #ceph health detail
    # output of this command be like
    # ....
    # pg <pg-id> is active+clean+inconsistent, acting ..
    # pg <pg-id> is active+clean+inconsistent, acting ..
    # ....
    #
  4. 詳細スクラブを一度に 1 つの PG でトリガーします。PG のサイズによっては、このコマンドの実行に数分かかります。

    ceph pg deep-scrub <pg-id>ceph pg deep-scrub <pg-id>
  5. スクラブのステータスを確認します。

    ceph -w | grep <pg-id>ceph -w | grep <pg-id>
  6. PG のスクラブのステータスを確認します。PG のスクラブに成功すると、PG のステータスは active+clean+inconsistent になります。
    ceph health detail | grep <pg-id>ceph health detail | grep <pg-id>
  7. PG を修復します。

    ceph pg repair <pg-id>ceph pg repair <pg-id>
  8. PG の修復ステータスを確認します。PG が正常に修復された場合、その PG の ID は active+clean+inconsistent リストから削除されます。
    ceph health detail | grep <pg-id>ceph health detail | grep <pg-id>
  9. 残りの不整合な PG で手順 3 から 8 を繰り返します。
  • 説明
  • 解決策
Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.