Automation Suite
2022.10
バナーの背景画像
Automation Suite インストール ガイド
最終更新日 2024年2月12日

StatefulSet ボリューム アタッチ エラー

RabbitMQ または cattle-monitoring-system 内のポッドや、その他の StatefulSet ポッドが init ステートでスタックしています。

説明

ノードの電源障害時やアップグレード時に問題が発生すると、ポッドに PVC をアタッチするのに必要なボリュームがないために、RabbitMQ または cattle-monitoring-system 内のポッドが init ステートでスタックすることがあります。

次のコマンドを実行して、問題が本当に StatefulSet ボリュームのアタッチに関連しているかを確認します。

kubectl -n <namespace> describe pod <pod-name> | grep "cannot get resource \"volumeattachments\" in API group \" storage.k8s.io\""kubectl -n <namespace> describe pod <pod-name> | grep "cannot get resource \"volumeattachments\" in API group \" storage.k8s.io\""

StatefulSet ボリュームのアタッチに関連している場合、エラー メッセージが表示されます。

解決策

この問題を修正するには、ノードを再起動します。

  • 説明
  • 解決策

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.