Automation Suite
2022.10
バナーの背景画像
Automation Suite インストール ガイド
最終更新日 2024年2月12日

手動: オンライン アップグレード

準備

重要:

次の手順を最初のサーバー ノードで実行し、次にクラスター内のその他すべてのノード (サーバーとエージェントの両方) で実行します。

すべてのノードの /opt/UiPathAutomationSuite フォルダーに 10 GiB の空き領域があることを確認します。十分な領域がない場合は、このフォルダーの容量を増やすか、以前のインストーラー ファイル (cluster_config.json を除く) をすべて削除できます。以前のインストーラーは、いつでも再度ダウンロードできます。
利用可能な領域を確認するには、コマンド df -h /opt/UiPathAutomationSuite を実行します。

アップグレードの準備をするには、次の手順に従います。

  1. SSH を使用して任意のサーバー マシンにログインします。シングルノードの評価プロファイルで、サーバー ノードが 1 つのみである場合、そのノードにログインします。
  2. ルート ユーザーになります。
    sudo su -sudo su -
  3. /opt/UiPathAutomationSuite ディレクトリの下にインストール フォルダーを作成します。
    # Please replace {version} with installer version
    mkdir -p /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer# Please replace {version} with installer version
    mkdir -p /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer
  4. sf-installer.zip をダウンロードし、それを /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer にコピーします。ダウンロードの手順については、「sf-installer.zip」をご覧ください。
    cp /path/to/sf-installer.zip /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installercp /path/to/sf-installer.zip /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer
  5. sf-installer.zip を解凍します。
    cd /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer
    unzip sf-installer.zip -d .cd /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer
    unzip sf-installer.zip -d .
  6. インストーラーに権限を付与します。
    chmod 755 -R /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installerchmod 755 -R /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer
  7. 最初のサーバー ノードで最新の cluster_config.json ファイルを生成し、残りのノードにコピーします。
    注: cluster_config.json パラメーターを設定する方法の詳細については、「高度なインストール」をご覧ください。
    • 古い cluster_config.json がある場合は、クラスターから構成ファイルを生成します。
      cd /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer
      
      ./configureUiPathAS.sh config get -i /path/to/old/cluster_config.json -o ./cluster_config.jsoncd /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer
      
      ./configureUiPathAS.sh config get -i /path/to/old/cluster_config.json -o ./cluster_config.json
    • 古い cluster_config.json ファイルがない場合は、既定値の上書きを生成します。これは、以前のバージョンのインストール時に生成済みである可能性があります。
      cd /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer
      
      ./configureUiPathAS.sh config get -o ./cluster_config.jsoncd /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer
      
      ./configureUiPathAS.sh config get -o ./cluster_config.json
    • 以前のバージョンの AI CenterTM スタンドアロンからアップグレードする場合に、2022.10 バージョンの AI Center を外部 Orchestrator に接続する必要があるときは、Orchestrator の証明書を仮想マシンにコピーします。証明書をコピーしたら、cluster_config.json に次の設定詳細が必要です。
      "aicenter": {
          "enabled": true,
          "orchestrator_url": "https://orchestrator.example.com", //Specify the Orchestrator URL for AI Center
          "identity_server_url": "https://orchestrator.example.com/identity", //Specify the Identiy URL for AI Center
          "orchestrator_cert_file_path": "/opt/UiPathAutomationSuite/UiPath_Installer/orch.cer", //Specify the path to the Orchestrator certificate
          "identity_cert_file_path": "/opt/UiPathAutomationSuite/UiPath_Installer/orch.cer", //Specify the path to Identity certificate file
          "metering_api_key": "test" //Specify the metering API key
        }"aicenter": {
          "enabled": true,
          "orchestrator_url": "https://orchestrator.example.com", //Specify the Orchestrator URL for AI Center
          "identity_server_url": "https://orchestrator.example.com/identity", //Specify the Identiy URL for AI Center
          "orchestrator_cert_file_path": "/opt/UiPathAutomationSuite/UiPath_Installer/orch.cer", //Specify the path to the Orchestrator certificate
          "identity_cert_file_path": "/opt/UiPathAutomationSuite/UiPath_Installer/orch.cer", //Specify the path to Identity certificate file
          "metering_api_key": "test" //Specify the metering API key
        }
      注: AI Center に外部 Orchestrator が必要な場合は、sql_connection_string_templatesql_connection_string_template_odbccluster_config.json ファイルに追加します。

      v2022.10 の AI Center にアップグレードして外部ストレージに移動した後に v2022.4 で作成したスキルを公開しようとすると、失敗します。この問題を修正するには、こちらのスクリプトを実行します。

    • Automation Suite を以前のバージョンからアップグレードし、続いて Process Mining を有効化する場合は、sql_connection_string_template_sqlalchemy_pyodbc を更新する必要があります。以下に例を示します。
      "sql_connection_string_template_sqlalchemy_pyodbc": "mssql+pyodbc://testadmin@sfmfup20211043125452-8926d153-sql.database.windows.net:sgTQrg%40R%40dvoYddYBoKn045ncoC9WhWU@sfmfup20211043125452-8926d153-sql.database.windows.net:1433/DB_NAME_PLACEHOLDER?driver=ODBC+Driver+17+for+SQL+Server""sql_connection_string_template_sqlalchemy_pyodbc": "mssql+pyodbc://testadmin@sfmfup20211043125452-8926d153-sql.database.windows.net:sgTQrg%40R%40dvoYddYBoKn045ncoC9WhWU@sfmfup20211043125452-8926d153-sql.database.windows.net:1433/DB_NAME_PLACEHOLDER?driver=ODBC+Driver+17+for+SQL+Server"

      手動: 高度なインストール」もご覧ください。

  8. (任意) インストーラーによって生成された自己署名証明書を引き続き使用する場合は、次のコマンドを実行します。この手順は、UiPath 製品のアップグレードを実行する最初のサーバー ノードで必要となります。
    ### Please replace /path/to/cert with path to location where you want to store certificates.
    ./configureUiPathAS.sh tls-cert get --outpath /path/to/cert
    
    ### Now copy the ca.crt file generated in above location to trust store location
    sudo cp --remove-destination /part/to/cert/ca.crt /etc/pki/ca-trust/source/anchors/
    
    ### Update the trust store
    sudo update-ca-trust### Please replace /path/to/cert with path to location where you want to store certificates.
    ./configureUiPathAS.sh tls-cert get --outpath /path/to/cert
    
    ### Now copy the ca.crt file generated in above location to trust store location
    sudo cp --remove-destination /part/to/cert/ca.crt /etc/pki/ca-trust/source/anchors/
    
    ### Update the trust store
    sudo update-ca-trust

実行

重要: アップグレード中またはアップグレード後にエラーや問題が発生した場合、以前にバックアップを構成していれば、以前のバージョンにロールバックできます。手順については、「エラー時のロールバック」をご覧ください。

バックアップを構成する

バックアップを構成するには、次の手順に従います。

  1. クラスターのバックアップが有効化されていることを確認します。現在のデプロイで使用したバージョンと同じバージョンのインストーラーを使用してバックアップを作成する必要があります。手順については、Automation Suite のアップグレード元のバージョンに対応するバックアップと復元のドキュメントをご覧ください。たとえば、v2021.10 の Automation Suite からアップグレードする場合は v2021.10 のガイドに記載されている手順を実行します。
  2. SSH を介していずれかのサーバー ノードに接続します。
  3. 必要なすべてのボリュームがクラスターにバックアップされていることを確認するには、以下を実行します。
    /path/to/old-installer/configureUiPathAS.sh verify-volumes-backup/path/to/old-installer/configureUiPathAS.sh verify-volumes-backup
    注: バックアップには時間がかかることがあるため、その場合は 15 分から 20 分ほど待ってから再度ボリュームのバックアップを確認してください。

バックアップが作成されたら、続いて次の手順を実行します。

クラスターをメンテナンス モードにする

クラスターをメンテナンス モードにすると、イングレス コントローラーとすべての UiPath サービスがシャットダウンし、Automation Suite クラスターへのすべての受信トラフィックがブロックされます。

重要: この操作によりダウンタイムが発生し、ビジネス オートメーションはアップグレード プロセス全体で中断されます。
  1. クラスターをメンテナンス モードにするには、以下を実行します。
    cd /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer
    ./configureUiPathAS.sh enable-maintenance-modecd /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer
    ./configureUiPathAS.sh enable-maintenance-mode
  2. クラスターがメンテナンス モードであることを確認するには、以下を実行します。
    ./configureUiPathAS.sh is-maintenance-enabled./configureUiPathAS.sh is-maintenance-enabled
    重要: メンテナンス モードを有効化した後に、SQL Server のバックアップを作成し、トランザクションがこれ以上 SQL データベースに記録されないようにします。

Kubernetes およびその他のインフラストラクチャ コンポーネントを更新する

重要:

クラスター内のすべてのノードでインフラストラクチャのアップグレードを実行する必要があります。

この手順を複数のノードで同時に実行することはできません。各ノードでアップグレードが完了するまで待ってから、別のノードに移る必要があります。

  1. インフラストラクチャのアップグレードを実行する各ノードにログインします。
  2. sudo su - を実行してルートになります。
  3. サーバー ノードとエージェント ノードで rke service が有効化されていることを確認します。

    このサービスが無効化されている場合は、次のコマンドを実行して有効化します。

    • サーバー ノードの場合:

      [[ $(systemctl is-enabled rke2-server.service) != "enabled" ]] && systemctl enable rke2-server.service[[ $(systemctl is-enabled rke2-server.service) != "enabled" ]] && systemctl enable rke2-server.service
    • エージェント ノードの場合:

      [[ $(systemctl is-enabled rke2-agent.service) != "enabled" ]] && systemctl enable rke2-agent.service[[ $(systemctl is-enabled rke2-agent.service) != "enabled" ]] && systemctl enable rke2-agent.service
  4. アップグレードを開始するには、次のコマンドを実行します。
    重要: 準備手順の説明に従って生成した cluster_config.json を更新したことを確認してください。
    # replace {version} with the version you are upgrading to
    cd /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer
    
    ./install-uipath.sh --upgrade -k -i ./cluster_config.json -o ./output.json --accept-license-agreement# replace {version} with the version you are upgrading to
    cd /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer
    
    ./install-uipath.sh --upgrade -k -i ./cluster_config.json -o ./output.json --accept-license-agreement
    重要:

    次のエラーが発生する場合は、「Ceph を 16.2.6 から 15.2.9 にダウングレードする」の手順に従ってください。

    Ceph cluster is running on version: 16.2.6 with known bug(https://docs.ceph.com/en/quincy/releases/pacific/#v16-2-6-pacific). Please provide temporary backup directory (via environment variable 'TMP_CEPH_BACKUP_PATH') to downgrade ceph

共有コンポーネントと UiPath 製品サービスを更新する

重要: 過去に Azure テンプレート バージョン 2022.10.3 よりも前のバージョンの Azure テンプレートを使用してシングルノード インストールをデプロイしていて、新しいバージョンの Automation Suite にアップグレードする場合は、/opt/UiPathAutomationSuite/Installercluster_config.json ファイル内の zone_resilience フラグを false に設定する必要があります。

この手順では、クラスターで実行されるファブリック コンポーネントとサービス コンポーネントをアップグレードします。この手順は、どのサーバー ノードからも 1 回のみ行える点にご注意ください。

  1. サーバー ノードに接続します。
  2. sudo su - を実行してルートになります。
  3. 次のコマンドを実行します。
    # replace {version} with the version you are upgrading to
    cd /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer
    
    ./install-uipath.sh --upgrade -f -s -i ./cluster_config.json --accept-license-agreement -o ./output.json# replace {version} with the version you are upgrading to
    cd /opt/UiPathAutomationSuite/{version}/installer
    
    ./install-uipath.sh --upgrade -f -s -i ./cluster_config.json --accept-license-agreement -o ./output.json
    重要:

    アップグレードが完了すると、メンテナンス モードは自動的に無効化されます。

    Automation Suite 2021.10 から手動でアップグレードしたら、Cilium CNI に移行する必要もあります。手順については、「Canal CNI から Cilium CNI に移行する」をご覧ください。

アップグレードの実行後、次の追加手順を実行できます。

  • Automation Suite が正常かどうかを確認するには、以下を実行します。

    kubectl get applications -n argocdkubectl get applications -n argocd
  • アップグレードの実行後にイメージの脆弱性やストレージの消費に関する問題が発生した場合は、古いインストーラーからイメージを削除します。 詳しくは、「トラブルシューティング」セクションをご覧ください。

アップグレード後にバックアップを有効化する

アップグレードしてクリーンアップ操作と移行操作を実行した後、バックアップを再開する必要があります。

重要:

次の手順に進む前に、Automation Suite が稼働中でありオートメーションが期待どおり続行されていることを確認します。

バックアップを有効化するには、「クラスターをバックアップおよび復元する」のドキュメントの手順に従ってください。

デプロイ テンプレートを使用したアップグレードを完了する

Automation Suite クラスターのアップグレード後、スケールアウト操作中に新しいノードがクラスターに正常に参加できるように、Azure テンプレートと AWS テンプレートのデプロイにいくつかの変更を加える必要があります。これらの変更操作を自動化するには、専用のスクリプトを使用することをお勧めします。手順については、Azure デプロイ テンプレートに関するこちらのページと AWS デプロイ テンプレートに関するこちらのページをご覧ください。

特別な考慮事項

Azure テンプレートを使用してデプロイされたクラスターに対してアップグレードを実行すると、次の画像のようなエラーが発生する場合があります。



これは、Azure ロード バランサーの動作の仕組みが原因です。この問題を修正するには、cluster_config.json ファイルの fixed_rke_address フィールドを変更します。アップグレード コマンドを実行する前に、このフィールドの値を最初のサーバー インスタンスの IP アドレスに変更する必要があります。Key Vault にアップロードされる cluster_config.json は、ノードが正常ではなく、トラフィックのバランスが取れないため、ILB の IP アドレスが引き続き設定されている必要があります。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.