通知を受け取る

UiPath Automation Suite

UiPath Automation Suite ガイド

マシンを構成する

This page provides instructions on how to configure the machines in a single-node evaluation environment.

ディスクを構成する


🚧

重要

データが失われるのを防ぐため、使用するインフラストラクチャがクラスターの再起動時またはシャットダウン時にクラスター ディスクを自動的に削除しないようにしてください。この機能が有効化されている場合は、必ず無効化してください。

ディスクは、configureUiPathDisks.sh スクリプトを使用して構成およびパーティション分割できます。詳しくは、以下のセクションをご覧ください。

ディスクの要件


インストール前に、LVM を使用してディスクのパーティション設定と構成を行い、データ移行やデータ損失が生じることなく、ディスク サイズを容易に変更できるようにする必要があります。

ディスクのパーティションを設定する


RHEL マシンの既定のパーティション構成は、Kubernetes のインストールには適していません。Kubernetes のインフラストラクチャは、通常 /var パーティションにインストールされるためです。この var パーティションには、既定で 8 GB の容量しか割り当てられません。

📘

注:

サポート対象のディスク フォーマットは ext4 または xfs です。

パーティションは、すべて LVM を使用して作成する必要があります。これは、クラスターのデータが異なるディスク上にある可能性があっても、一貫性のある表示を保証するためです。将来、データ移行のリスクやデータ損失なしに、パーティションのサイズを拡張できるようにするためにも役立ちます。

For the RHEL OS, you need to ensure you have the following minimum mount point sizes on the machine.

オンライン

ディスク ラベル パーティション Size 目的
クラスター ディスク /var/lib/rancher 190 GiB Rancher フォルダーには、コンテナー イメージとレイヤーが格納されます。
/var/lib/kubelet 56 GiB Kubelet フォルダーには、シークレット、構成マップ、emptyDir などのランタイム Kubernetes 構成が格納されます。
/opt/UiPathAutomationSuite 10 GiB インストーラーのバイナリ
etcd ディスク /var/lib/rancher/rke2/server/db 16 GiB Kubernetes 用の分散データベース
ブロック ストレージ /datadisk 512 GiB ブロック ストレージ抽象化
Objectstore1 N/A 512 GiB In-cluster objectstore

1 This refers to the in-cluster objectstore and is not applicable if you use external objectstore.

オフライン

📘

注:

オフラインでの要件は、インストールを実行する最初のマシンを除き、オンラインでの要件と同じです。最初のマシンでは、以下の要件が必要となります。

オフラインのバンドルを解凍するには余分なスペースが必要です。

ディスク ラベル パーティション Size 目的
クラスター ディスク /var/lib/rancher 190 GiB Rancher フォルダーには、コンテナー イメージとレイヤーが格納されます。
/var/lib/kubelet 56 GiB Kubelet フォルダーには、シークレット、構成マップ、emptyDir などのランタイム Kubernetes 構成が格納されます。
/opt/UiPathAutomationSuite 10 GiB インストーラーのバイナリ
etcd ディスク /var/lib/rancher/rke2/server/db 16 GiB Kubernetes 用の分散データベース
ブロック ストレージ /datadisk 512 GiB ブロック ストレージ抽象化
Objectstore 1 N/A 512 GiB In-cluster objectstore
UiPath バンドル ディスク /uipath 512 GiB エアギャップ バンドル

1 This refers to the in-cluster objectstore and is not applicable if you use external objectstore.

 

📘

注:

データ ディスクと etcd ディスクは、独立した物理ディスクである必要があります。これにより、データと etcd のディスクを他のクラスターのワークロードやアクティビティから物理的に分離すると同時に、クラスターのパフォーマンスと安定性も向上させることができます。

サンプル スクリプトを使用して、インストールの前にディスクをパーティション分割し、構成する方法の詳細については、次のセクションをご覧ください。

 

スクリプトを使用してディスクを構成する


スクリプトをダウンロードする

📘

注:

オフライン インストールの場合は、この手順をインターネットと、Automation Suite がデプロイされるエアギャップ マシンの両方にアクセスできるマシンで実行する必要があります。オンラインのマシンからターゲット マシンにファイルをコピーします。

ディスクの構成とパーティション設定には configureUiPathDisks.sh スクリプトを使用できます。
For download instructions, see configureUiPathDisks.sh.

スクリプトを実行する

configureUiPathDisks.sh スクリプトは、次の目的に使用できます。

  • 新しい Automation Suite クラスターをインストールするためのディスクとマウント ポイントを構成する
  • インストール後にデータ ディスクのサイズを変更する

スクリプトを実行可能にするには、以下を実行します。

chmod +x ./configureUiPathDisks.sh

スクリプトの使用方法の詳細を表示するには、以下を実行します。

sudo ./configureUiPathDisks.sh --help
***************************************************************************************

Utility to configure the disk for UiPath Automation Suite Installation.
Run this script to configure the disks on new machine or to extend the size of datadisk

Arguments
  -n|--node-type                  NodeType, Possible values: agent, server. Default to server.
  -i|--install-type               Installation mode, Possible values: online, offline. Default to online.
  -c|--cluster-disk-name          Device to host rancher and  kubelet. Ex: /dev/sdb.
  -e|--etcd-disk-name             Device to host etcd, Not required for agent node. Ex: /dev/sdb.
  -R|--ceph-raw-disk-name         Device to host ceph OSD, Not required for agent node. Ex: /dev/sdm
  -l|--data-disk-name             Device to host datadisk, Not required for agent node. Ex: /dev/sdc.
  -b|--bundle-disk-name           Device to host the uipath bundle.
                                    Only required for offline installation on 1st server node.
  -k|--robot-package-disk-name    Device to host robot package cache folder
                                    Only required for Automation Suite Robots dedicated node when 'packagecaching' is enabled
  -P|--robot-package-path         Path to robot package cache folder
                                    (defaults to '/uipath_asrobots_package_cache' if not set)
  -f|--complete-suite             Installing complete product suite or any of these products:
                                    aicenter, apps, taskmining, documentunderstanding.
                                    This will configure the datadisk volume to be 2TiB instead of 512Gi.
  -p|--primary-server             Is this machine is first server machine? Applicable only for airgap install.
                                    This is the machine on which UiPath AutomationSuite bundle will be installed.
                                    Default to false.
  -x|--extend-data-disk           Extend the datadisk. Either attach new disk or resize the exiting datadisk.
  -r|--resize                     Used in conjunction of with --extend-data-disk to resize the exiting volume,
                                    instead of adding new volume.
  -d|--debug                      Run in debug.
  -h|--help                       Display help.

ExampleUsage:

  configureUiPathDisks.sh --node-type server --install-type online \
    --cluster-disk-name /dev/sdb --etcd-disk-name /dev/sdc \
    --data-disk-name /dev/sdd

  configureUiPathDisks.sh --data-disk-name /dev/sdh \
    --extend-data-disk

***************************************************************************************

 

シングルノードの評価設定用にディスクを構成する


オンライン

オンラインのシングルノードの評価設定でディスクを構成するには、マシン上で次のコマンドを実行します。

./configureUiPathDisks.sh --cluster-disk-name name_of_cluster_disk \
  --etcd-disk-name name_of_etcd_disk \
  --data-disk-name name_of_data_disk

オフライン

オフライン インストールでは、Docker レジストリに製品のイメージを読み込む必要があります。そのためには、UiPath 製品バンドルをホストするため、別ディスクの形で追加のストレージが必要となります。

オフラインのシングルノードの評価設定でディスクを構成するには、マシン上で次のコマンドを実行します。

./configureUiPathDisks.sh --cluster-disk-name name_of_cluster_disk \
  --etcd-disk-name name_of_etcd_disk \
  --data-disk-name name_of_data_disk \
  --bundle-disk-name name_of_uipath_bundle_disk \
  --primary-server \
  --install-type offline

📘

注:

Task Mining または GPU 用の追加エージェント ノードがある場合、そのノードにはクラスター ディスクのみが必要です。このスクリプトは、クラスター ディスク名を指定し、ノード タイプをエージェントとして指定することで実行できます。

 

Configuring the objectstore disk


📘

An Azure known issue incorrectly marks the Azure disk as non-SSD. If Azure is your cloud provider, and you want to configure the Objectstore disk, follow the instructions in Troubleshooting.

You can expand your storage size for the in-cluster objectstore by running the following script:

./configureUiPathDisks.sh --ceph-raw-disk-name name_ceph_raw_disk

To increase the size of your in-cluster storage post-installation, rerun the same command.

 

インストール後にデータ ディスクを拡張する


データ ディスクを拡張するには、新しい物理ディスクを接続するか、既存のディスクのサイズを変更します。

新しいディスクを追加する

新たに接続されたディスクを使用してデータ ディスクを拡張するには、サーバー マシンで次のコマンドを実行します。

./configureUiPathDisks.sh --data-disk-name name_of_data_disk \
  --extend-data-disk

既存のディスクのサイズを変更する

既存のディスクのサイズを変更することでデータ ディスクを拡張するには、サーバー マシンで次のコマンドを実行します。

./configureUiPathDisks.sh --extend-data-disk --resize

 

ディスク マウントを検証する


  1. 以下の手順を実行して、システムの再起動を処理するように、/etc/fstab が適切に構成されていることを確認します。

📘

注:

etcd と datadisk のマウント ポイントが fstab ファイルに追加されていることを確認してください。

/var/lib/rancher/var/lib/kubelet に対して、別々のディスク パーティションがある場合は、fstab に、これら 2 つのフォルダーも含める必要があります。さらに、これらの fstab エントリには、障害発生時の仮想マシンのブートに影響を及ぼさないように nofail オプションも指定してください。

  1. 次のコマンドを実行して、ディスクが適切にマウントされていることを確認します。
mount -afv
  1. 次のような応答が得られるはずです。
/datadisk                              : already mounted
/var/lib/rancher/rke2/server/db        : already mounted
/var/lib/rancher                       : already mounted
/var/lib/kubelet                       : already mounted

 

ポートを有効化する


各ソースについて、ファイアウォールで次のポートが有効化されていることを確認してください。

PortProtocolSourcePurposeRequirements
22TCPJump Server / client machineFor SSH (installation, cluster management debugging)Do not open this port to the internet. Allow access to client machine or jump server.
80TCPOffline installation only: required for sending system email notifications.
443TCPAll nodes in a cluster + load balancerFor HTTPS (accessing Automation Suite)This port should have inbound and outbound connectivity from all the nodes in the cluster and the load balancer.
587TCPOffline installation only: required for sending system email notifications.
9090TCPAll nodes in the clusterUsed by Cilium for monitoring and handling pod crashes.This port should have inbound and outbound connectivity from all the nodes in the cluster.

Task Mining を有効化し、専用の Task Mining ノードおよび/または GPU がサポートされた専用のノードをプロビジョニングした場合は、上記に加えてファイアウォールで以下のポートも必ず有効化します。

PortProtocolSourcePurposeRequirements
2379TCPAll nodes in a clusteretcd client portMust not expose to the internet. Access between nodes should be enough over a private IP address.
2380TCPAll nodes in a clusteretcd peer portMust not expose to the internet. Access between nodes should be enough over a private IP address.
6443TCPAll nodes in a cluster + load balancerFor accessing Kube API using HTTPS, and required for node joiningThis port should have inbound and outbound connectivity from all nodes in the cluster and the load balancer.
8472UDPAll nodes in a clusterRequired for Flannel (VXLAN)Must not expose to the internet. Access between nodes should be enough over a private IP address.
9345TCPAll nodes in a cluster + load balancerFor accessing Kube API using HTTP, required for node joiningThis port should have inbound and outbound connectivity from all nodes in the cluster and the load balancer.
10250TCPAll nodes in a clusterkubelet / metrics serverMust not expose to the internet. Access between nodes should be enough over a private IP address.
30071TCPAll nodes in a clusterNodePort port for internal communication between nodes in a clusterMust not expose to the internet. Access between nodes should be enough over a private IP address.

🚧

重要

6443 ポートと 9345 ポートは、クラスター外にアクセスできる必要がありますが、それ以外のポートはクラスター外に公開しないでください。ファイアウォール/セキュリティ グループの背後でノードを実行します。

すべてのノードから SQL Server への接続が確立されていることも確認してください。
Istio の予約済みポートのいずれかに SQL Server を公開しないでください。接続障害が発生する場合があります。

ネットワーク上にファイアウォールが設定されている場合、上記要件に従ってこれらのポートが開かれ、トラフィックが許可されていることを確認します。

 

Installing the required RPM packages


To install and validate the required RPM packages, you can use any of the following tools

  • the install-uipath.sh manual installer. In online environments, it installs and validates all RPM packages by default.
  • the installUiPathAS.sh interactive installer. It validates all RPM packages via the install-uipath.sh installer.
  • the validateUiPathASReadiness.sh script:
    • to validate the RPM packages, run: validateUiPathASReadiness.sh validate-packages;
    • to install the RPM packages in an online installation, run: validateUiPathASReadiness.sh install-packages;
    • to install the RPM packages in an offline installation, run: validateUiPathASReadiness.sh install-packages --install-type offline.

For a list of RPM package requirements, see Hardware and software requirements.

 

任意: プロキシ サーバーを構成する


To configure a proxy, you need to perform additional configuration steps while setting up your environment with the prerequisites and during the advanced configuration phase of installation time.

環境設定時には、次の手順が必要になります。

📘

注:

現在、自己署名証明書による HTTPS プロキシはサポートしていません。プロキシを構成する場合は、必ず信頼された公開証明書を使用してください。

手順 1: 仮想ネットワーク上のポートを有効化する

指定の仮想ネットワークのネットワーク セキュリティ グループで、次のルールを有効化してください。

SourceDestinationRoute via proxyPortDescription
Virtual NetworkSQLNoSQL server portRequired for SQL Server.
Virtual NetworkLoad BalancerNo9345
6443
Required to add new nodes to the cluster.
Virtual NetworkCluster(subnet)NoAll portsRequired for communication over a private IP range.
Virtual Networkalm.<fqdn>No443Required for login and using ArgoCD client during deployment.
Virtual NetworkProxy ServerYesAll portsRequired to route traffic to the proxy server.
Virtual NetworkNameServerNoAll portsMost of the cloud services such as Azure and AWS use this to fetch the VM metadata and consider this a private IP.
Virtual NetworkMetaDataServerNoAll portsMost of the cloud services such as Azure and AWS use the IP address 169.254.169.254 to fetch machine metadata.

手順 2: 各ノードにプロキシ構成を追加する

ノードの構成時に、クラスターに含まれる各ノードに対してプロキシ構成を追加する必要があります。この手順は、ノードからのアウトバウンド トラフィックをプロキシ サーバー経由でルーティングするために必要です。

  1. /etc/environment に、次の構成を追加します。
http_proxy=http://<PROXY-SERVER-IP>:<PROXY-PORT>
https_proxy=http://<PROXY-SERVER-IP>:<PROXY-PORT>
no_proxy=alm.<fqdn>,<fixed_rke2_address>,<named server address>,<metadata server address>,<private_subnet_ip>,localhost,<Comma separated list of ips that should not got though proxy server>
  1. /etc/wgetrc に、次の構成を追加します。
http_proxy=http://<PROXY-SERVER-IP>:<PROXY-PORT>
https_proxy=http://<PROXY-SERVER-IP>:<PROXY-PORT>
no_proxy=alm.<fqdn>,<fixed_rke2_address>,<named server address>,<metadata server address>,<private_subnet_ip>,localhost,<Comma separated list of ips that should not got though proxy server>
Mandatory parametersDescription
http_proxyUsed to route HTTP outbound requests from the node. This should be the proxy server FQDN and port.
https_proxyUsed to route HTTPS outbound requests from the node. This should be the proxy server FQDN and port.
no_proxyComma-separated list of hosts, IP addresses that you do not want to route via the proxy server. This should be a private subnet, SQL server host, named server address, metadata server address: alm.<fqdn>,<fixed_rke2_address>,<named server address>,<metadata server address>

named server address – Most of the cloud services such as Azure and AWS use this to resolve DNS query.
metadata server address – Most of the cloud services such as Azure and AWS use the IP address 169.254.169.254 to fetch machine metadata.
  1. 次のコマンドを実行して、プロキシ設定が適切に構成されていることを検証します。
curl -v $HTTP_PROXY
curl -v <fixed_rke_address>:9345

🚧

重要

プロキシ サーバーの要件が満たされたら、インストール時のプロキシ構成を進めるようにしてください。「任意: プロキシ サーバーを構成する」の手順に従い、プロキシ サーバーを適切に設定してください。

28 日前に更新


マシンを構成する


This page provides instructions on how to configure the machines in a single-node evaluation environment.

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。