通知を受け取る

UiPath Automation Suite

UiPath Automation Suite ガイド

オフラインのマルチノード高可用性対応運用環境のインストール

This page explains how you can perform an offline Automation Suite installation with a multi-node HA-ready production setup.

概要


🚧

重要

You must meet the hardware and software prerequisites before proceeding with the installation.
ハードウェアおよびソフトウェアの要件

You can use a dedicated script to validate the installation prerequisites and infrastructure readiness.
前提条件を検証する


インストールを円滑に進めるには、UiPath のベスト プラクティスに従ってください。
インストールのベスト プラクティス

UiPath Automation Suite をインターネットに接続しないエアギャップ環境にデプロイする場合は、このドキュメントのオフライン インストール手順を使用します。

インストール プロセスには、次のような一般的手順があります。

Step

Description

Step 1: Download the installation packages

This step needs to be performed from a machine with access to internet and to the air-gapped machines where Automation Suite will be deployed. While these are finishing downloading, you can continue to some of the next steps.

This can be done from a Linux or windows machine.

Step 1.1: Downloading the installation package
Step 1.2: Getting all downloaded files on the first machine

Step 2: Configure the installation

Run the interactive install wizard to configure the installation options

The tool will gather inputs for most common install options and generate a configuration file that will be used during the installation.

Configure advanced install options (Optional)

The default install configuration includes the products used in core automation and a shared SQL server to be used by all products. To customize the products installed or have separate SQL servers used for specific products you can do so by editing the configuration file.

Step 2.1: Basic configuration
Step 2.2: (Optional) Advanced configuration

Step 3: Copy the installation files on all the machines

On the first machine, copy the downloaded files in the installation folder created by the installation wizard at step 2.
On the other cluster machines, copy the entire installation folder from the first machine to the same folder path on each machine.

Step 3: Copy the installation files on all the machines

Step 4: Run the installation

Create the cluster and join all machines

From the first machine install the rest of the suite.

Step 4: Running the installation

Step 5: Complete the installation

Step 5: You have completed the installation successfully and can move to post-installation steps.
You can now access the newly created cluster and suite, update certificates, resize the PVC, and more.

Step 5: Completing the installation

 

背景が青色の手順は、インターネットにアクセスできるマシンで実行します。
背景が緑色の手順は、インストール スイートのデプロイ先となるマシンで実行します。

 

手順 1: インストール パッケージをダウンロードし、すべてのファイルを最初のマシンに揃える


手順 1.1: インストール パッケージをダウンロードする

You must perform this step on a machine with access to the internet and to the machines in the offline environment where Automation Suite will be installed.

📘

注:

このマシンは、Linux でも Windows でも構いません。このガイドで使用するコマンドは、RHEL ベースの OS 用です。Windows や他の OS では、それらの環境に固有の同等コマンドに置き換えてください。


The Automation Suite installer is a wrapper of multiple packages that also installs some dependencies using Red Hat Package Manager (RPM). It provides an interactive experience that helps you configure external resources such as SQL and other installation options.

 

インターネットにアクセスできる別のマシンで実行する手順

このセクションでは、インストール プロセスを開始するために必要なファイルの取得方法について説明します。


  1. インターネットにアクセスできるマシンに接続し、以下のコマンドを実行して対話型ウィザードのファイルを取得します。
    ssh <user>@<dns_of_vm>

  2. ssh キーを使用した場合、次のコマンドを実行します。
    ssh -i <path/to/Key.pem> <user>@<dns_of_vm>

  3. 以下のパッケージをダウンロードします。
    • installUiPathAS.sh必須です。ダウンロード手順については「installUiPathAS.sh」をご覧ください。
    • sf-installer.zip必須です。ダウンロード手順については「sf-installer.zip」をご覧ください。
    • sf.tar.gz必須です。ダウンロード手順については「sf.tar.gz」をご覧ください。
    • sf-infra.tar.gz - 必須です。ダウンロード手順については「sf-infra.tar.gz」をご覧ください。
    • du-ondemand.tar.gz任意です。Document Understanding にのみ必要です。ダウンロード手順については「du-ondemand.tar.gz」をご覧ください。
      : この任意の手順を実行しないと、Document Understanding サービスの機能が制限されます。
    • cv-ondemand.tar.gz任意です。Computer Vision にのみ必要です。ダウンロード手順については「cv-ondemand.tar.gz」をご覧ください。
      : この任意の手順を実行しないと、Computer Vision サービスにアクセスできません。

    お使いの Automation Suite のバージョンとオペレーティング システムに適したパッケージをダウンロードしてください。

 

手順 1.2: ダウンロードしたすべてのファイルを最初のマシンに揃える

  • インターネットにアクセスできるマシンに、すべてのファイルがダウンロードされていることを確認します。
  • 最初のマシンにインストール先フォルダーを作成します。
  • オンラインのマシンから、最初のターゲット マシンにファイルをコピーします。
クラスターの全マシンで実行する手順
&nbsp

Create the installation folders by running the following command:

sudo su -
mkdir -p /opt/UiPathAutomationSuite/
chmod -R 777 /opt/UiPathAutomationSuite
mkdir -p /uipath/tmp
chmod -R 777 /uipath/tmp
Note: Running mkdir -p /opt/UiPathAutomationSuite/ is not required if you use the configureUiPathDisks.sh script.
インターネットにアクセスできる別のマシンで実行する手順
&nbsp

Copy the files to the first node by taking the following steps:

  1. インターネットにアクセスできるマシンから、インストール先マシンのインストール フォルダーにファイルをコピーし、/uipath/tmp フォルダーにオフライン バンドルをコピーします。
  2. scp ~/installUiPathAS.sh ~/sf-installer.zip ~/sf-infra.tar.gz <username>@<node dns>:/uipath/tmp
    scp ~/sf.tar.gz <username>@<node dns>:/uipath/tmp/
  3. (任意) Document Understanding を使用する場合は、次のバンドルを /uipath/tmp フォルダーにコピーします。
  4. scp ~/du-ondemand.tar.gz <username>@<node dns>:/uipath/tmp/
    : この任意の手順を実行しないと、Document Understanding サービスにアクセスできません。
    &nbsp
  5. (任意) Computer Vision を使用する場合は、次のバンドルを /uipath/tmp フォルダーにコピーします。
  6. scp ~/cv-ondemand.tar.gz <username>@<node dns>:/uipath/tmp/
    : この任意の手順を実行しないと、Computer Vision サービスにアクセスできません。

 

手順 2: インストールを構成する


手順 2.1: 基本構成

クラスターのメイン マシンで実行する手順
&nbsp
  1. Add the prerequisites folder to the current PATH.
    The interactive installer requires jq, which the Automation Suite offline bundles already include it. Run the following commands to add it to PATH, and make sure you are still root):
  2. mv /uipath/tmp/installUiPathAS.sh /uipath/tmp/sf-installer.zip /uipath/tmp/sf-infra.tar.gz  /opt/UiPathAutomationSuite
    cd /opt/UiPathAutomationSuite
    unzip ./sf-installer.zip -d .
    chmod +x ./bin/jq
    export PATH=${PATH}:/opt/UiPathAutomationSuite/bin

  3. Provide permissions to the installer folder.
    It is required to give adequate permissions to the /opt/UiPathAutomationSuite folder where the install scripts are placed and will be executed.
    The installer will also create some files (output.json) after the execution of each stage.
    To provide the necessary permissions, run the following command:
  4. chmod -R 755 /opt/UiPathAutomationSuite

  5. 対話型のインストール ウィザードを実行し、インストール オプションを設定します。
    The interactive wizard will guide through the configuration steps and generate the configuation that you can then customize and use through the remaining installation steps.

  6. Run the script to start the interactive wizard:
    chmod +x ./installUiPathAS.sh
    ./installUiPathAS.sh


ウィザードの手順を実行します。
画面ごとのシーケンス
  1. Enter the option for the multi-node HA-ready production mode.

  2. &nbsp
  3. エアギャップのオプションを入力します。

  4. &nbsp
  5. Specify the URL for the cluster (DNS hostname/load balancer URL in multi-node HA-ready production mode) and the SQL Server information as shown below:

  6. &nbsp
  7. 次の画像のように、フォルダーとともに構成ファイルが生成されます。

  8. &nbsp
構成ファイルとフォルダーの生成が完了次第、ウィザードを終了し、以下に示す残りの手順に進んでインストールを完了できます。

 

手順 2.2: (任意) 高度な構成

By running the installation using the default configuration, you are opting to run our basic product selection. You will install our core platform, Orchestrator, Insights, Action Center, Test Manager, Automation Ops, Automation Hub, and Data Service.

You can configure the file for more advanced configurations. You can enable additional products, disable any of the default products, configure your SQL DBs and their respective connection strings, and certificates. For multi-node HA-ready production mode, we enable High Availability by default, but you can disable it if needed.

高度な構成を行うには「高度なインストール」の手順に従ってください。

 

手順 3: クラスターの他のすべてのマシンにインストール ファイルをコピーする


クラスター内の最初のマシン (構成を実行したマシン) から、インストール フォルダー全体を、他のすべてのマシンにコピーします。

クラスターの最初のマシンで実行する手順
&nbsp
  1. Copy the /opt/UiPathAutomationSuite folder to all other nodes by running the following command:
  2. scp -r /opt/UiPathAutomationSuite <username>@<node dns>:/opt
    Note: Since you are in an air-gapped environment, you might need to use the private IP of the target node.
    &nbsp

  3. ログインに証明書を使用する場合、-i <cert.pem> を追加します。.pem の内容をローカル ファイルにコピーする場合、新しいファイルに適切な権限がある必要があります。権限は chmod 400 <cert.pem> によって付与できます。

📘

注:

上記の手順に従えば、インストール バンドルのダウンロードしたすべてのパッケージとともに、すべてのマシン上で確実に同じ構成を複製できます。

 

手順 4: インストールを実行する


マシンには、サーバーとエージェントの 2 種類があります。

  • Server - Machines on which the Kubernetes infrastructure (i.e. apiserver, etcd) runs on. These components manage the entire cluster.
  • エージェント - ワークロードの実行に使用する、バニラ バージョンのマシンです。

The multi-node HA-ready production mode requires a minimum of 3 server machines. Installing Task Mining requires adding an additional machine used as an agent.

📘

注:

For a multi-node HA-ready production installation, you need a load balancer. Please make sure one was created and traffic is distributed between nodes. The domain name of the load balancer needs to be used in the cluster_config.json file.

You need to have at least a server node and for HA you need at least three server nodes. An odd number of server nodes is required.

手順 4.1: ライセンス契約に同意する

Before running the installation, make sure to read the License Agreement.
To accept the license agreement, choose one of the following methods:

  • オプション 1 (環境変数)
  • 次のコマンドを実行して、環境変数 LICENSE_AGREEMENTaccept に設定します。
export LICENSE_AGREEMENT=accept
  • オプション 2 (インライン パラメーター)
  • または install-uipath.sh の各実行に --accept-license-agreement を付加します。

     

    手順 4.2: すべてのマシンを作成し、クラスターに参加させる

    1. Set up the first machine.
      Execute the following commands on the first server:
      cd /opt/UiPathAutomationSuite
      ./install-uipath.sh -i ./cluster_config.json -o ./output.json -k --offline-bundle ./sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /uipath/tmp --install-offline-prereqs --accept-license-agreement

    2. Join the rest of the servers to the cluster.
      Execute the following commands on the rest of the server nodes in sequence:
      cd /opt/UiPathAutomationSuite
      sudo chmod -R 755 /opt/UiPathAutomationSuite
      sudo ./install-uipath.sh -i ./cluster_config.json -o ./output.json -k -j server --offline-bundle ./sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmp --install-offline-prereqs --accept-license-agreement

    3. Join the rest of the agents to the cluster.
      Execute the following commands on the rest of the agent nodes in sequence:
      cd /opt/UiPathAutomationSuite
      sudo chmod -R 755 /opt/UiPathAutomationSuite
      sudo ./install-uipath.sh -i ./cluster_config.json -o ./output.json -k -j agent --offline-bundle ./sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmp --install-offline-prereqs --accept-license-agreement

     

    手順 4.3: スイートのインストールを完了する

    Once all nodes are joined, switch to the first server to finish the Automation Suite installation:
     
    1. Check if the nodes were properly added by running the following command:
      sudo su
      export KUBECONFIG=/etc/rancher/rke2/rke2.yaml PATH=$PATH:/var/lib/rancher/rke2/bin
      kubectl get nodes

    2. すべて適切であれば、複数のノードが表示されるはずです。

    3. Finish the installation by executing the following command:
      cd /opt/UiPathAutomationSuite
      ./install-uipath.sh -i ./cluster_config.json -o ./output.json -f -s --offline-bundle /uipath/tmp/sf.tar.gz --offline-tmp-folder /uipath/tmp --accept-license-agreement
      Note: This is the most time consuming operation. Expect it to take approximately 2h.
     

    Loading the optional bundles
     
    • To load the optional Document Understanding bundle, execute the following command:
    ./configureUiPathAS.sh registry upload --optional-offline-bundle "/uipath/tmp/du-ondemand.tar.gz" --offline-tmp-folder "/uipath/tmp"

  • 任意の Computer Vision バンドルを読み込むには、次のコマンドを実行します。
  • ./configureUiPathAS.sh registry upload --optional-offline-bundle "/uipath/tmp/cv-ondemand.tar.gz" --offline-tmp-folder "/uipath/tmp"

     

    Step 5: Completing the installation


    📘

    注:

    You have completed the installation successfully, and you can now move to post-installation steps.

    Updating certificates

    🚧

    重要

    The installation process generates self-signed certificates on your behalf. However, the Azure deployment template also gives you the option to provide a CA-issued server certificate at installation time instead of using an auto-generated self-signed certificate.

    Self-signed certificates will expire in 90 days, and you must replace them with certificates signed by a trusted CA as soon as installation completes. If you do not update the certificates, the installation will stop working after 90 days.

    For instructions, see Managing certificates.

    Automation Suite にアクセスする

    To access the newly created cluster and suite, see Accessing Automation Suite.

    PVC のサイズを変更する

    To resize the PVC, see Resizing PVC.

    If you installed AI Center, we recommend resizing the PVC to 200 immediately after the installation to avoid downtime. For more information on this, check Resizing PVC for AI Center.

    Adding rancher/pause:3.5

    If you installed AI CenterTM, you need to import and export the Rancher image. For more information on this, check Adding rancher/pause:3.5 to offline registry.

    12 日前に更新


    オフラインのマルチノード高可用性対応運用環境のインストール


    This page explains how you can perform an offline Automation Suite installation with a multi-node HA-ready production setup.

    改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

    改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。