通知を受け取る

UiPath Automation Suite

UiPath Automation Suite ガイド

Microsoft SQL Server を構成する

データベース


Automation Suite の各製品は、それぞれ対応する仕様を満たす独自の SQL データベースを必要とします。

By default, the installer creates all the databases for you during the installation process. You must provide the necessary permissions for the installer to do so on your SQL server.

Alternatively, you have the option to create your own databases. Refer to the following table for the names you need to use.

以下の表にデータベース名と対応する形式を示します。

Product / service

Default database name

Connection string format

Shared Platform Capabilities

AutomationSuite_Platform

ADO.NET

Orchestrator

AutomationSuite_Orchestrator

ADO.NET

Automation Hub

AutomationSuite_Automation_Hub

ADO.NET

Data Service

AutomationSuite_DataService

ADO.NET

Insights

AutomationSuite_Insights

ADO.NET

Test Manager

AutomationSuite_Test_Manager

ADO.NET

Task Mining

AutomationSuite_Task_Mining

ADO.NET

AI Center

AutomationSuite_AICenter

JDBC

Document Understanding

AutomationSuite_DU_Datamanager

ODBC

🚧

重要

構成ファイルに接続文字列を手動で設定する場合、次の方法で SQL、JDBC、または ODBC のパスワードをエスケープできます。

  • SQL の場合: パスワードの最初と末尾に ' を追加し、他の ' を 2 個に増やします。
  • JDBC/ODBC の場合: パスワードの先頭に { を追加し、末尾に } を追加し、他のすべての } を 2 個に増やします。

📘

注:

エラスティック プールでデータベースを使用すればコスト効果を高めることができます。


In the case of Apps, you cannot bring your own MongoDB.

 

アクセス許可


インストーラーが指定した SQL Server 上にデータベースを作成するようにする場合は、データベースへの接続に使用する SQL アカウントに、最低でも dbcreator のロールを付与してください。

すべての製品に独自のデータベースを作成する場合は、SQL アカウントに Automation Suite のすべてのデータベースに対する db_owner ロールを付与する必要があります。セキュリティの制約により db_owner の使用が許可されない場合は、SQL アカウントに、すべてのデータベースに対する次のロールと権限を付与する必要があります。

  • db_ddladmin
  • db_datawriter
  • db_datareader
  • dbo スキーマに対する EXECUTE 権限

 

フルテキスト検索のための SQL の要件


Document Understanding では SQL Server が SQL Server データベース エンジンのフルテキスト検索コンポーネントを備えている必要があります。このコンポーネントは既定でインストールされるとは限りません。

SQL Server のインストール時にフルテキスト検索を選択しなかった場合、Document Understanding を構成する前に、再度 SQL Server のセットアップを実行してコンポーネントを追加してください。

For more info, check this guide on how to add/install features on SQL server. You can also check here all the components that can be added to the SQL Server, which includes also Full-Text Search.

 

Insights のための SQL の要件


Insights requires SQL Server 2019, including support for columnstore index and .json functions.

For Azure SQL, ensure the database is S3 service objective or above.

Make sure the compatibility level for Insights database is set to 130 or higher. In most cases, the default settings meet this requirement. For more info, refer to View or Change the Compatibility level of a Database - SQL Server.

インストールでは両方の条件を検証し、最小要件が満たされていない場合、アラートを表示します。

 

SQL requirements for Data Service


Data Service requires SQL Server version 2016 or higher.
The collation sequence is the same as the default one: Latin1_General_CI_AS.

If you create your own database using SQL Server version 2019 or higher, make sure to grant the following Data Service permissions to your users:

GRANT ALTER ANY SENSITIVITY CLASSIFICATION TO {userName};

GRANT VIEW ANY SENSITIVITY CLASSIFICATION TO {userName};

SQL requirements for HA


For a high-availability configuration of your SQL Server, select an Always On availability group. For more info, refer to Overview of Always On availability groups.

17 日前に更新


Microsoft SQL Server を構成する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。