通知を受け取る

UiPath Automation Suite

UiPath Automation Suite ガイド

Microsoft SQL Server を構成する

データベース


Automation Suite の各製品は、それぞれ対応する仕様を満たす独自の SQL データベースを必要とします。

既定で、インストーラーによってすべてのデータベースがインストール プロセス中に作成されます。SQL Server でこの操作が行えるように、インストーラーに必要な権限を付与する必要があります。

また、自分でデータベースを作成するオプションもあります。使用する必要がある名前は次の表をご覧ください。

以下の表にデータベース名と対応する形式を示します。

Product / serviceDefault database nameConnection string format
Shared Platform CapabilitiesAutomationSuite_PlatformADO.NET
OrchestratorAutomationSuite_OrchestratorADO.NET
Action CenterAutomationSuite_OrchestratorADO.NET
Automation Suite RobotsAutomationSuite_OrchestratorADO.NET
Automation HubAutomationSuite_Automation_HubADO.NET
Data ServiceAutomationSuite_DataServiceADO.NET
InsightsAutomationSuite_InsightsADO.NET
Test ManagerAutomationSuite_Test_ManagerADO.NET
Task MiningAutomationSuite_Task_MiningADO.NET
AI CenterAutomationSuite_AICenterJDBC
Document UnderstandingAutomationSuite_DU_DatamanagerODBC
Process MiningAutomationSuite_ProcessMining_Metadata
AutomationSuite_ProcessMining_Warehouse1
AutomationSuite_Airflow2
ADO.NET
PYODBC

1 AutomationSuite_ProcessMining_Warehouse では、ADO.NET 形式と PYODBC 形式の両方が使用されます。
2 AutomationSuite_Airflow では PYODBC の接続文字列形式を使用します。データベースを手動で作成する場合、AutomationSuite_AirflowREAD_COMMITTED_SNAPSHOT を有効化しておく必要がありますAutomationSuite_Airflow データベースへの接続を文字 {始めることはできません

🚧

重要

構成ファイルに接続文字列を手動で設定する場合、次の方法で SQL、JDBC、または ODBC のパスワードをエスケープできます。

  • SQL の場合: パスワードの最初と末尾に ' を追加し、他の ' を 2 個に増やします。
  • JDBC/ODBC の場合: パスワードの先頭に { を追加し、末尾に } を追加し、他のすべての } を 2 個に増やします。

📘

注:

エラスティック プールでデータベースを使用すればコスト効果を高めることができます。


Apps の場合、独自の MongoDB を利用することはできません。

 

アクセス許可


インストーラーが指定した SQL Server 上にデータベースを作成するようにする場合は、データベースへの接続に使用する SQL アカウントに、最低でも dbcreator のロールを付与してください。

すべての製品に独自のデータベースを作成する場合は、SQL アカウントに Automation Suite のすべてのデータベースに対する db_owner ロールを付与する必要があります。セキュリティの制約により db_owner の使用が許可されない場合は、SQL アカウントに、すべてのデータベースに対する次のロールと権限を付与する必要があります。

  • db_ddladmin
  • db_datawriter
  • db_datareader
  • dbo スキーマに対する EXECUTE 権限

 

フルテキスト検索のための SQL の要件


Document Understanding では SQL Server が SQL Server データベース エンジンのフルテキスト検索コンポーネントを備えている必要があります。このコンポーネントは既定でインストールされるとは限りません。

SQL Server のインストール時にフルテキスト検索を選択しなかった場合、Document Understanding を構成する前に、再度 SQL Server のセットアップを実行してコンポーネントを追加してください。

For more info, check this guide on how to add/install features on SQL server. You can also check here all the components that can be added to the SQL Server, which includes also Full-Text Search.

 

Insights のための SQL の要件


Insights では、SQL Server 2019 が列ストア インデックスと .json 機能をサポートしている必要があります。

Azure SQL の場合、データベースが S3 以上のサービス目標であることを確認します。

Make sure the compatibility level for Insights database is set to 130 or higher. In most cases, the default settings meet this requirement. For more info, refer to View or Change the Compatibility level of a Database - SQL Server.

インストールでは両方の条件を検証し、最小要件が満たされていない場合、アラートを表示します。

 

Data Service のための SQL の要件


Data Service には、SQL Server バージョン 2016 以降が必要です。
照合順序は既定の Latin1_General_CI_AS と同じです。

SQL Server バージョン 2019 以降を使用して独自のデータベースを作成する場合は、次の Data Service 権限をユーザーに付与してください。

GRANT ALTER ANY SENSITIVITY CLASSIFICATION TO {userName};

GRANT VIEW ANY SENSITIVITY CLASSIFICATION TO {userName};

 

Process Mining のための SQL の要件


Automation Suite の Process Mining では、Process Mining プロセス アプリのデータ ストレージに使用する AutomationSuite_ProcessMining_Warehouse 用に別途 Microsoft SQL Server が必要です。以下に、Microsoft SQL Server データベース マシンを AutomationSuite_ProcessMining_Warehouse 用に設定するためのハードウェア要件と推奨事項の概要を示します。

ハードウェア要件を計算するには、以下を指定する必要があります。

  • プロセス内の (100 万件の) イベントの数。
  • 出力データのケース フィールドとイベント フィールドの数。たとえば、TemplateOne では 30 です。

📘

注:

開発環境では、パフォーマンス上の理由から、レコード数が限られた小規模な開発データセットで作業することをお勧めします。

You can use the Capacity calculator to determine the hardware requirements for setting up a dedicated Microsoft SQL Server machine for Process Mining. When you add Process Mining to the Product section, the minimum requirements for 1 Dedicated SQL Server are displayed.

See also Hardware requirements.

 

HA のための SQL の要件


For a high-availability configuration of your SQL Server, select an Always On availability group. For more info, refer to Overview of Always On availability groups.

4 か月前に更新


Microsoft SQL Server を構成する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。