通知を受け取る

UiPath Test Suite

UiPath Test Suite

基本情報

概要


モバイル デバイス マネージャーを使用することで、デバイスに一切触れることなくデバイス オートメーションを実行できます。モバイル プロジェクトを自動化する方法を短期間で習得するには、モバイル デバイス マネージャー (MDM) を設定してから、クラウド デバイス上でワークフローを作成および実行してください。
Step 1: Prepare The Test Automation Framework.
Step 2: Create a Mobile Testing Project
Step 3: Configure Mobile Device Manager
Step 4: Start the Application
Step 5: Record Actions
Step 6: Create and Run Mobile Automation

前提条件


  • Studio のライセンス。
  • UiPath.MobileAutomation.Activities. For more information, see Managing Packages. Alternatively, you can use the Mobile Testing Project default template, as this will install the activity package for you.
  • Device farm or Physical Mobile Device.
  • Appium endpoint.

テスト オートメーション フレームワークを準備する


Node.js と Appium を使用して、テスト オートメーション フレームワークを準備します。

  1. Node.js をダウンロードしてインストールします。
  2. Node.js のコマンド プロンプトを開き、次のコマンドを実行して Appium をインストールします。
    npm install -g appium

モバイル テスト プロジェクトを作成する


Studio でモバイル テスト プロジェクトを作成します。

  1. Studio を開きます。
  2. 既定のテンプレートから [モバイル テスト プロジェクト] を選択します。
  3. プロジェクトの詳細を設定して、[作成] をクリックします。
  4. Start with the default test case created through the project.

モバイル デバイス マネージャーを設定する


テスト環境を準備するには、Studio を開いて [モバイル オートメーション] > [モバイル デバイス マネージャー] に移動して、MDM を起動します。

📘

UiPath.MobileAutomation.Activities をインストールするか、モバイル テスト プロジェクトのテンプレートを開くと、リボンに [モバイル デバイス マネージャー] ボタンが追加されます。

Continue by adding a device and an application to MDM.

デバイスを追加する

最初のクラウド デバイスを MDM に追加します。

  1. 左側のナビゲーション パネルの [デバイス] に移動します。
  2. [デバイスを追加] をクリックします。
  3. デバイスを次のように設定します。
    • 名前 - [デバイス] タブでデバイスを識別するための名前を入力します。
    • Appium URL - デバイスをホストする Appium サーバーを入力します。例: http://localhost:1122/wd/hub
    • プラットフォーム - フィールドをクリックして、ドロップダウンから [Android] または [iOS] を選択します。
    • デバイス名 - デバイスの名前を入力します。
    • プラットフォーム バージョン - Android OS のバージョン番号を入力します。
    • 希望する追加機能 (任意) - オートメーション セッションをカスタマイズするための固有の機能を追加します。詳細については、「Appium Desired Capabilities」をご覧ください。
    • 地理的位置を設定 (任意) - 位置情報サービスを使用して位置情報データを生成するテスト アプリケーションに、デバイスの位置を設定します。
  4. [保存して閉じる] をクリックしてデバイスを追加します。
    Your device is added to the Devices list. To add a local device, see Local Devices.

アプリケーションを追加する

デバイスが使用するアプリケーションを追加します。

  1. 左側のナビゲーション パネルの [アプリケーション] に移動します。
  2. [新しいアプリケーションを追加] をクリックして、アプリケーションの名前を入力します。
  3. [アプリ] を選択して、以下のように Android の設定を構成します。
    • アプリ - アプリの場所を入力します。UiPath Android デモ アプリケーションをダウンロードして使用することもできます。
    • 希望する追加機能 - オートメーション セッションをカスタマイズするための固有の機能を入力します。詳細については、「Appium Desired Capabilities」をご覧ください。
  4. [保存して閉じる] をクリックしてアプリケーションを追加します。

アプリケーションを開始する


これで、モバイル デバイス エミュレーターを開始できるようになりました。

  1. [ようこそ] タブの [アプリケーションを開始] をクリックします。
  2. 作成したデバイスとアプリケーションを選択します。
  3. [接続] をクリックします。
    接続レイヤーの数やデバイス ファームまでの距離によっては、接続の確立までに時間がかかる場合があります。

アクションを記録する


Record your actions using the interaction bar, right next to your mobile device emulator. Through this, you can indicate your actions on-screen. Alternatively, you can design your workflow in Studio.

  1. 右側の [記録されたアクション] パネルを開き、実行されるアクションを監視します。
  2. モバイル デバイス エミュレーターの右側にある [Android のホーム] ボタンをクリックします
  3. エミュレーター画面上の Google 検索バーをクリックします。必要に応じてオーバーレイを無視する [いいえ] をクリックします。
  4. 検索バーをダブルクリックしてテキストを送信し、「UiPath Test Suite」と入力します。
  5. [テキストを送信した後に Enter キーを押す] を選択してから [テキストを送信] をクリックします。

モバイル オートメーションを作成して実行する


Studio を開いて、記録されたアクションをインポートし、モバイル オートメーションを実行します。

  1. Studio を開いて、シーケンスに [モバイル デバイスの接続] アクティビティを追加します。
  2. [接続の詳細を選択] をクリックして、デバイスとアプリケーションを選択します。
  3. シーケンス内の [実行] を選択します。
  4. [モバイル オートメーション] > [記録済みのアクションをインポート] に移動して、それらをシーケンスに追加します。
  5. [ファイルをデバッグ] > [ファイルを実行] に移動します。
    アクションをリアルタイムで実行するために、エミュレートされたモバイル デバイスへの新しい接続が確立されます。

次の手順


モバイル オートメーション テストのワークフローを作成する方法、およびデバイスとの対話やデバッグの詳細については、次のトピックをご覧ください。

9 日前に更新


基本情報


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。