アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
UI Automation のアクティビティ
Last updated 2024年7月16日

UI-REL-001 - セレクター内の大きいインデックス値

ルール ID: UI-REL-001

範囲: アクティビティ

既定のアクション: Error

このルールは、UI Automation クラシック エクスペリエンスと UI Automation モダン エクスペリエンスの両方に含まれるアクティビティに適用されます。

説明

ユーザーが設定した値よりも大きいしきい値が設定された idx 属性を持つセレクターを 1 つずつ示します。この属性を使用して、インターフェイス階層における各要素の順序に基づいて、同じセレクターを使用している要素が区別されます。自動化対象の要素が変更されると、この順序が変わることがあるため、誤った要素が選択されないように、この属性の使用を避ける必要があります。idx 属性への依存を少なくするために、セレクターで他の属性を使用することを検討してください。セレクターについて詳しくは、『UiPath Studio ガイド』の「UI Automation セレクター」のページをご覧ください。また、相対要素または [アンカー ベース] アクティビティを使用して、親要素に関する情報を追加することで、インデックスの数を減らすことができます。
  • 説明

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.