アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
UI Automation のアクティビティ
Last updated 2024年7月16日

文字を入力

テキスト ボックスなどの指定した UI 要素にテキストを入力します。Tab や Enter などの特殊キーを UI 要素に送信することもできます。

機密情報を安全に入力するには、この API の前に GetCredential API を追加して、そのAPI で取得し、後で使用するために保存したユーザー名とパスワードの値を、入力するテキストとして選択します。

この API は Open または Attach の後に追加する必要があります。

定義

名前空間: UiPath.UIAutomationNext.API.Models

アセンブリ: UiPath.UIAutomationNext.API.Models (in UiPath.UIAutomationNext.API.Models dll)

オーバー ロード

オーバーロード説明
TypeInto(TargetAnchorableModel, String)オブジェクト リポジトリで文字列として識別された特定の UI 要素にテキストを入力します。
TypeInto(TargetAnchorableModel, TypeIntoOptions)TargetAnchorableModel オブジェクトとして識別された特定の UI 要素にテキストを入力します。
TypeInto(String, String)オブジェクト リポジトリで文字列として識別された特定の UI 要素にテキストを入力します。
TypeInto(String, TypeIntoOptions)オブジェクト リポジトリで文字列として識別された特定の UI 要素にテキストを入力します。同時に、その他の設定も行います。

TypeInto(TargetAnchorableModel, String)

オブジェクト リポジトリで文字列として識別された特定の UI 要素にテキストを入力します。

TypeInto(
    TargetAnchorableModel target,
    string text)TypeInto(
    TargetAnchorableModel target,
    string text)
target TargetAnchorableModel
ターゲット UI 要素。TargetAnchorableModel オブジェクトとして識別されます。
text 文字列
入力するテキスト。

TypeInto(TargetAnchorableModel, TypeIntoOptions)

TargetAnchorableModel オブジェクトとして識別された特定の UI 要素にテキストを入力します。
TypeInto(
    TargetAnchorableModel target,
    TypeIntoOptions typeIntoOptions)TypeInto(
    TargetAnchorableModel target,
    TypeIntoOptions typeIntoOptions)
target TargetAnchorableModel
ターゲット UI 要素。TargetAnchorableModel オブジェクトとして識別されます。
typeIntoOptions TypeIntoOptions
次のオプションを使用できます。
  • Text String - 入力するテキストです。
  • DelayBetweenKeys Double - 2 つの連続するキーストローク間の待機時間 (秒単位) です。既定値は 0.02 秒です。
  • ActivateBefore Boolean - True の場合、テキストを入力する前に、指定した UI 要素が前面に表示されアクティブ化されます。False の場合、現在アクティブなウィンドウに入力されます。
  • ClickBeforeMode NClickMode - 入力前に実行するクリックの種類です。
    • None
    • Single
    • Double
  • EmptyFieldMode NEmptyFieldMode -

    フィールドの既存のコンテンツをテキストの入力前に削除するかどうかと、フィールド内を削除する方法を選択します。単一行のフィールドと複数行のフィールドの間で異なるキーストロークの組み合わせを送信して、フィールド内を削除します。指定したフィールドに応じて、適切なオプションを選択してください。以下のオプションを利用できます。

    • None
    • SingleLine
    • MultiLine
  • DeselectAfter Boolean - InteractionMode Simulate に設定されている場合にのみ使用できます。一部のターゲット アプリケーションでは、アクションとともに COMPLETE イベントが送信されない限り、アクションの種類は登録されません。これを True に設定すると、アクションを正しく登録するために、テキストの入力後に COMPLETE イベントが追加されます。False に設定すると、COMPLETE イベントはターゲット アプリケーションに送信されません。既定では True に設定されています。
  • AlterIfDisabled Boolean - True に設定すると、指定した UI 要素が無効化されていても項目の選択が実行されます。このパラメーターは、InteractionModeHardware Events に設定されている場合は適用されません。既定では False です。
  • InteractionMode NChildInteractionMode - アクションの実行に使用する API を指定します。次のオプションを使用できます。
    • SameAsCard - Open または Attach と同じ入力モードを使用します。これが既定の選択です。
    • HardwareEvents - ハードウェア ドライバーを使用してアクションを実行します。動作が極めて遅く、バックグラウンドでは動作しませんが、すべてのデスクトップ アプリに対して使用できます。
    • Simulate - アクセシビリティ API を使用してアクションをシミュレートします。ブラウザー操作のオートメーション、Java アプリ、SAP に適しています。ハードウェア イベントよりも信頼性が高いメソッドです。すべてのテキストを 1 回のアクションで送信します。対象のアプリケーションにフォーカスしていなくても動作します。対象のアプリケーションの UI 要素がこのメソッドをサポートしているかどうかをテストしてください。
    • DebuggerApi - デバッガー API を使用してアクションを実行します。これは、Chromium の要素に対してのみ動作します。すべてのテキストを一度に送信します。対象のアプリケーションにフォーカスしていなくても動作します。詳しくは、こちらをご覧ください。
    • WindowMessages - Win32 メッセージを使用して、マウスとキーボードの入力を送信します。デスクトップ アプリに適しています。通常はハードウェア イベントよりも信頼性が高くなります。すべてのテキストを 1 回のアクションで送信します。対象のアプリにフォーカスしていなくても動作します。対象のアプリケーションの UI 要素がこのメソッドをサポートしているかどうかをテストしてください。

TypeInto(String, String)

オブジェクト リポジトリで文字列として識別された特定の UI 要素にテキストを入力します。

TypeInto(
    string target,
    string text)TypeInto(
    string target,
    string text)
target
入力先のターゲット UI 要素です。オブジェクト リポジトリで文字列として識別されます。
text 文字列
入力するテキスト。

TypeInto(String, TypeIntoOptions)

オブジェクト リポジトリで文字列として識別された特定の UI 要素にテキストを入力します。同時に、その他の設定も行います。

TypeInto(
    string target,
    TypeIntoOptions typeIntoOptions)TypeInto(
    string target,
    TypeIntoOptions typeIntoOptions)
target
入力先のターゲット UI 要素です。オブジェクト リポジトリで文字列として識別されます。
typeIntoOptions TypeIntoOptions
次のオプションを使用できます。
  • Text String - 入力するテキストです。
  • DelayBetweenKeys Double - 2 つの連続するキーストローク間の待機時間 (秒単位) です。既定値は 0.02 秒です。
  • ActivateBefore Boolean - True の場合、テキストを入力する前に、指定した UI 要素が前面に表示されアクティブ化されます。False の場合、現在アクティブなウィンドウに入力されます。
  • ClickBeforeMode NClickMode - 入力前に実行するクリックの種類です。
    • None
    • Single
    • Double
  • EmptyFieldMode NEmptyFieldMode -

    フィールドの既存のコンテンツをテキストの入力前に削除するかどうかと、フィールド内を削除する方法を選択します。単一行のフィールドと複数行のフィールドの間で異なるキーストロークの組み合わせを送信して、フィールド内を削除します。指定したフィールドに応じて、適切なオプションを選択してください。以下のオプションを利用できます。

    • None
    • SingleLine
    • MultiLine
  • DeselectAfter Boolean - InteractionMode Simulate に設定されている場合にのみ使用できます。一部のターゲット アプリケーションでは、アクションとともに COMPLETE イベントが送信されない限り、アクションの種類は登録されません。これを True に設定すると、アクションを正しく登録するために、テキストの入力後に COMPLETE イベントが追加されます。False に設定すると、COMPLETE イベントはターゲット アプリケーションに送信されません。既定では True に設定されています。
  • AlterIfDisabled Boolean - True に設定すると、指定した UI 要素が無効化されていても項目の選択が実行されます。このパラメーターは、InteractionModeHardware Events に設定されている場合は適用されません。既定では False です。
  • InteractionMode NChildInteractionMode - アクションの実行に使用する API を指定します。次のオプションを使用できます。
    • SameAsCard - Open または Attach と同じ入力モードを使用します。これが既定の選択です。
    • HardwareEvents - ハードウェア ドライバーを使用してアクションを実行します。動作が極めて遅く、バックグラウンドでは動作しませんが、すべてのデスクトップ アプリに対して使用できます。
    • Simulate - アクセシビリティ API を使用してアクションをシミュレートします。ブラウザー操作のオートメーション、Java アプリ、SAP に適しています。ハードウェア イベントよりも信頼性が高いメソッドです。すべてのテキストを 1 回のアクションで送信します。対象のアプリケーションにフォーカスしていなくても動作します。対象のアプリケーションの UI 要素がこのメソッドをサポートしているかどうかをテストしてください。
    • DebuggerApi - デバッガー API を使用してアクションを実行します。これは、Chromium の要素に対してのみ動作します。すべてのテキストを一度に送信します。対象のアプリケーションにフォーカスしていなくても動作します。詳しくは、こちらをご覧ください。
    • WindowMessages - Win32 メッセージを使用して、マウスとキーボードの入力を送信します。デスクトップ アプリに適しています。通常はハードウェア イベントよりも信頼性が高くなります。すべてのテキストを 1 回のアクションで送信します。対象のアプリにフォーカスしていなくても動作します。対象のアプリケーションの UI 要素がこのメソッドをサポートしているかどうかをテストしてください。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.