アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
UI Automation のアクティビティ
Last updated 2024年7月16日

キー押下イベント トリガー

UiPath.UIAutomationNext.Activities.NKeyboardTrigger

説明

指定した UI 要素に対するキー押下のイベント トリガーを設定します。

このアクティビティはオブジェクト リポジトリに対応しています。

トリガーはワークフローの最初のアクティビティである必要があります。ワークフローは、特定の UI イベントが発生するとトリガーされます。ワークフローごとに許可されるトリガーは 1 つのみです。詳しくは、「トリガーベースの有人オートメーション」をご覧ください。

注:

2023.4 より前のバージョンの Studio を使用している場合、[アプリケーション イベント トリガー] アクティビティを [トリガー スコープ] アクティビティ内に配置する必要があります。この場合、[キー押下イベント トリガー] アクティビティの [スケジュール モード] プロパティと [有効] プロパティは表示されません。[トリガー スコープ] アクティビティの [スケジュール モード] プロパティが利用可能です。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ | Windows

Windows - レガシ、Windows での設定

デザイナー パネル
  • [画面上でターゲットを指定] をクリックして、ターゲットとして使用する UI 要素を指定します。

    ターゲットを指定したら、メニュー ボタンをクリックします。以下のオプションが表示されます。

    • 画面上でターゲットを指定 - ターゲットをもう一度指定します。
    • ターゲットを編集 - 選択モードを開いて、ターゲットを設定します。
    • 参考スクリーンショットを削除 - 対象のアプリケーションまたは Web ページのスクリーンショットを削除します。
    • オブジェクト リポジトリに追加 - 現在の UI 要素をライブラリ プロジェクトに追加し、オートメーション プロセス全体で要素を再利用することができます。
  • キー修飾子 - 監視するキー シーケンスにキー修飾子 ([None (なし)][Win][Ctrl][Alt][Shift]) を追加します。
  • キー - 監視するキーです。特殊キーがサポートされており、ドロップダウン メニューから選択できます。キーを設定する必要があります。
  • イベントをブロック - 指定した要素上でイベントが実行されないようにブロックするかどうかを指定します。False にすると、要素に対してイベントが実行されます。True にすると、イベントがブロックされます。このイベントは、[ユーザー イベントを再生] アクティビティの [イベント情報] プロパティを TriggerEventArgs.Event に設定して、後でアクティビティ ハンドラー内で再生することができます。このフィールドでは Boolean 値のみがサポートされています。既定値は False です。
  • 子要素を含む - いずれかの子要素がアクションの対象になっている場合にイベントをトリガーします。選択すると、指定した UI 要素の子も監視されます。このフィールドでは Boolean 値のみがサポートされています。既定値は [True] です。
プロパティ パネル

共通

  • 表示名 - デザイナー パネルに表示される、アクティビティの名前です。表示名は、ターゲットを指定すると自動的に生成されます。

入力

  • キー - 詳しくは、上記の「デザイナー パネル」のセクションをご覧ください。
  • ターゲット - ターゲット要素です。トップレベルのウィンドウまたは UI 要素です。アンカーがない厳密セレクターのみがサポートされています。ターゲット要素を設定する必要があります。ターゲットを画面で指定するまで、このフィールドは (null) に設定されています。ターゲットを指定すると、指定した要素に関連するすべてのプロパティが表示されます。
    • 厳密セレクター - ターゲット UI 要素に対して生成される厳密セレクターです。トップレベルのウィンドウの場合は空です。
    • ウィンドウ セレクター (アプリケーション インスタンス) - アプリケーション ウィンドウ (アプリケーション/ブラウザー) のセレクターです。

その他

  • 有効 - [False] に設定すると、トリガーは起動しますがイベントは開始されません。後で [ローカル トリガーを有効化] アクティビティを使用して実行時に有効化できます。このフィールドでは Boolean 値のみがサポートされています。既定値は [True] です。
  • プライベート - オンにすると、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。このフィールドでは、Boolean 値 (TrueFalse) のみがサポートされています。既定値は False です。

オプション

  • イベントをブロック - デザイナー パネルの [イベントをブロック] の説明をご覧ください。
  • 子を含む - デザイナー パネルの [子を含む] の説明をご覧ください。
  • キー修飾子 - デザイナー パネルの [キー修飾子] の説明をご覧ください。
  • スケジュール モード - トリガーが発生した場合のアクションの実行方法を指定します。ドロップダウン メニューから次の 5 つのオプションのいずれかを選択します。
    • Sequential - アクションは 1 つずつ順番に実行されます。
    • Concurrent - アクションの実行が重なる場合があります。
    • OneTime - 1 つのアクションを実行し、監視を終了します。
    • SequentialCollapse - 現在のイベントの実行が完了するまで、今後発生するすべてのイベント (最新のイベントを除く) を無視します。
    • 順次 (drop) - 前のイベントの実行を停止し、次のイベントを開始します。

    [順次][同時] モードでは、ユーザーが実行を停止するか [繰り返しを終了] アクティビティに到達するまで監視が継続します。

  • トリガー モード - キーが押されたか解放されたときにイベントがトリガーされるかどうかを指定します。Down または Up の 2 つのオプションのどちらかを選択します。既定値は Down です。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.