アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
UI Automation のアクティビティ
Last updated 2024年7月16日

指定位置でフィールドを設定

UiPath.Terminal.Advanced.Activities.TerminalSetFieldAtPosition

説明

指定した座標で識別されるフォーム フィールドに、指定した String 書き込みます。

このアクティビティは、[ターミナル セッション] アクティビティ内でのみ有効です。

注: VT ファミリのターミナルを、直接接続プロバイダー、またはサード パーティのターミナル エミュレーター (IBM EHLLAPI など) を使用するプロバイダーで使用すると、このアクティビティは失敗します。その理由は、ファミリのターミナルがフィールドをサポートしていないためです。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ | Windows

構成

デザイナー パネル

  • Row - カーソルの移動先となる行の位置です。 0 より大きい値のみがサポートされています。
  • Column - カーソルの移動先となる列の位置です。 0 より大きい値のみがサポートされています。
  • テキスト - フォーム フィールドに書き込む String です。

プロパティ パネル

共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
入力
  • テキスト - フォーム フィールドに書き込む String です。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
オプション
  • 待機 (ミリ秒 ) - アクティビティ実行後した後の遅延時間 (ミリ秒) です。 既定の時間は 300 ミリ秒 (0.3 秒) です。
  • タイムアウト (ミリ秒 ) - アクティビティの実行を待機できる時間 (ミリ秒単位) を指定します。この時間を超えるとエラーがスローされます。 既定値は 5000 ミリ秒 (5 秒) です。
  • WaitType - アクションを実行する前に、ターゲットが準備完了になるまで待機します。次のオプションを使用できます。
    • NONE - ターミナル キーボードが有効化されるまで待機しません。
    • 準備状況 / 完了 - ターミナル キーボードが有効化されるまで待機します。 既定値は READY です。
    手記:READY オプションと COMPLETE オプションは、待機タイプが端末キーボードのステータスに関連しており、有効または禁止の 2 つの状態しかないため、同じ機能を持ちます。
位置
  • Column - カーソルの移動先となる列の位置です。 0 より大きい値のみがサポートされています。
  • Row - カーソルの移動先となる行の位置です。 0 より大きい値のみがサポートされています。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.