アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
UI Automation のアクティビティ
Last updated 2024年7月16日

ユーザー イベントを再生

UiPath.Core.Activities.ReplayUserEventV2

説明

トリガーされたユーザー イベントを再生します。

[クリック イベント トリガー][キー押下イベント トリガー][ホットキー トリガー][マウス トリガー][画像クリック トリガー][システム トリガー] のいずれかのアクティビティで [イベントをブロック] プロパティを使用してイベントをブロックした場合、[ユーザー イベントを再生] アクティビティでそのユーザー イベントを再生できます。

トリガーされるワークフロー内または [トリガー スコープ] アクティビティ内で使用できます。

  • トリガーされるワークフロー内で使用する場合は、[イベント情報] プロパティの EventInfo オブジェクトはワークフローの入力引数 TriggerEventArgs から取得されます (TriggerEventArgs.Event)。
    .xaml をトリガーした UI 要素は、TargetElement プロパティを持つ入力引数 TriggerEventArgs から取得できます。
  • [トリガー スコープ] アクティビティ内で使用する場合は、[イベント情報] プロパティの EventInfo オブジェクトは引数 TriggerScope から取得されます。例: args.EventInfo.
    EventInfo オブジェクトは、後で [ソース要素を取得] アクティビティでトリガー ソース要素の抽出に使用できます (例: UiElement) 。

プロパティ

共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
入力
  • イベント情報 - TriggerScope 引数によって提供される EventInfo オブジェクトです (例: args.EventInfo)。これは、トリガー ソース要素 (例: UiElement) を抽出するために [ソース要素を取得] アクティビティで使用されます。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。このフィールドでは、Boolean 値のみがサポートされています。既定値は False です。
  • 説明
  • プロパティ

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.