アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
UI Automation のアクティビティ
Last updated 2024年7月16日

指定位置をスワイプ

UiPath.MobileAutomation.Activities.PositionalSwipe

説明

開始位置と終了位置を指定して、画面のあらかじめ定義された場所までスワイプします。

注:

このアクティビティは、探しているオブジェクトの場所が [スワイプ] アクティビティで簡単に見つからない場合に使用します。位置はデバイス固有である可能性があることに注意してください。スワイプはすぐに実行可能で、特定のターゲットが表示されるまで待機しません。必要に応じて、[指定位置をスワイプ] の前に [待機] を追加します。

[指定位置をスワイプ] は、1 つのワークフローを複数のデバイスで使用する場合は、デバイスの座標が変化する可能性があるため有用ではありません。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ | Windows

構成

デザイナー パネル
  • 開始位置の座標 - デバイス画面上で実行するスワイプの開始位置を設定します。
  • 終了位置の座標 - デバイス画面上で実行するスワイプの終了位置を設定します。
  • 座標の種類 - ターゲットの座標の設定方法を選択します。以下のいずれかを選択できます。

    • PhysicalPixels - このオプションは、単一のデバイスを使用してワークフローを実行する場合に使用します。画面上の実際のピクセルに対応するため、デバイスごとに異なります。
    • DeviceIndependentPixels - このオプションは、画面の密度が似ている複数のデバイス上でワークフローを実行する場合に使用します。デバイスに依存しないピクセルは、選択した画面領域のピクセル密度に基づいてターゲットを指定することを意味します。
プロパティ パネル

共通

  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティが例外をスローした場合でも、ワークフローを継続するかどうかを指定します。このフィールドでは Boolean 値 (True、False) のみサポートされています。既定値は False です。その結果、フィールドが空白で例外がスローされると、プロジェクトの実行が停止します。値を True に設定すると、プロジェクトの実行はエラーに関係なく継続されます。

入力

  • 座標の種類 - ターゲットの座標の設定方法を選択します。以下のいずれかを選択できます。
    • PhysicalPixels - このオプションは、単一のデバイスを使用してワークフローを実行する場合に使用します。画面上の実際のピクセルに対応するため、デバイスごとに異なります。
    • DeviceIndependentPixels - このオプションは、画面の密度が似ている複数のデバイス上でワークフローを実行する場合に使用します。デバイスに依存しないピクセルは、選択した画面領域のピクセル密度に基づいてターゲットを指定することを意味します。
  • 終了位置の X 座標 - 終了位置をデバイス画面上の X 軸に対して設定します。
  • 終了位置の Y 座標 - 終了位置をデバイス画面上の Y 軸に対して設定します。
  • 開始位置の X 座標 - 開始位置をデバイス画面上の X 軸に対して設定します。
  • 開始位置の Y 座標 - 開始位置をデバイス画面上の Y 軸に対して設定します。
  • スワイプの時間 - スワイプの継続時間をミリ秒単位で設定します。既定では、4000 に設定されています。

その他

  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.