アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
UI Automation のアクティビティ
Last updated 2024年7月16日

ホットキーを押下

UiPath.Core.Activities.SendHotkey

UI 要素にキーボードショートカットを送信します。

プロパティ

オプション
  • KeyModifiers - キー修飾子を追加できます。使用できるオプションは、Alt、Ctrl、Shift、Win です。

    注: KeyModifiers は、SendWindowMessages オプションと共に使用することはできません。オプションの組み合わせを持つアクティビティを含むワークフローを実行しても、エラーはスローされません。
  • SpecialKey - キーボードショートカットで特殊なキーを使用するかどうかを示します。使用できる特殊なキーのリストは [Key] ドロップダウン リストに提示されます。
  • ウィンドウ メッセージを送信 - このチェック ボックスをオンにした場合は、ターゲット アプリケーションに指定のメッセージを送信してホットキーを実行します。この入力メソッドの方が高速であり、バックグラウンドで動作します。既定では、このチェック ボックスはオフになっています。チェック ボックスがオフの場合は、既定のメソッドがハードウェア ドライバーを使用してクリックを実行します。既定のメソッドの方が低速であり、バックグラウンドで動作できませんが、すべてのデスクトップ アプリケーションに対して使用できます。
  • キー入力間の待機時間 - 2 つのキーストローク間の遅延時間 (ミリ秒単位) です。既定の時間は 10 ミリ秒です。最大値は 1,000 ミリ秒です。
  • 入力前にクリック - このチェック ボックスをオンにすると、テキストを書き込む前に、指定した UI 要素がクリックされます。
  • EmptyField - このチェック ボックスをオンにすると、テキストを書き込む前に、UI 要素の既存の内容がすべて消去されます。
  • アクティベート - このチェック ボックスをオンにすると、テキストを書き込む前に、指定した UI 要素が前面に表示されアクティブ化されます。
入力
  • キー - 送信するホットキーを構成する 1 つ以上のキーです。このフィールドでは、文字列と String 変数のみがサポートされています。
    注: v2018.3 から、[キー] プロパティが入力として String 型の変数をサポートするようになりました。このため、オートメーションで最も頻繁に使用するホットキーの変数を作成して、このプロパティ フィールドの入力として使用できるため、プロセスの作成が簡単になりました。
共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
  • 待機 (ミリ秒) - アクティビティの実行後の遅延時間 (ミリ秒単位) です。既定の時間は 300 ミリ秒です。
  • 実行前の待機時間 - アクティビティが何らかの操作の実行を開始する前の遅延時間 (ミリ秒単位) です。既定の時間は 200 ミリ秒です。
  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティが例外をスローした場合でも、ワークフローを継続するかどうかを指定します。このフィールドでは Boolean 値 (True、False) のみサポートされています。既定値は False です。その結果、フィールドが空白で例外がスローされると、プロジェクトの実行が停止します。値を True に設定すると、プロジェクトの実行はエラーに関係なく継続されます。

    注: このアクティビティが [トライ キャッチ] に含まれていて、[エラー発生時に実行を継続] プロパティの値が True の場合、プロジェクトが実行されたときにエラーは発生しません。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
  • Target.Selector - アクティビティの実行時に特定の UI 要素の検索に使用する Text プロパティです。実際には、検索しようとする GUI 要素とそのいくつかの親要素の属性を指定する XML フラグメントです。
  • Target.TimeoutMS - アクティビティの実行が完了するまで待機する時間をミリ秒で指定します。指定した時間が経過しても実行が完了しない場合には、SelectorNotFoundException 例外をスローします。既定値は 30000 ミリ秒 (30 秒) です。
  • Target.WaitForReady - アクションを実行する前に、ターゲットが準備完了になるまで待ちます。次のオプションを使用できます。

    • NONE - ターゲット要素以外の要素の読み込みを待たずに、アクションを実行します。たとえば、UI 要素がすべて読み込まれるまで待つことなく、Web ページからテキストを取得したり、特定のボタンをクリックしたりする場合に、このオプションを使用できます。ボタンがまだ読み込まれていない要素 (スクリプトなど) に依存している場合、これは望ましくない結果を招く可能性があります。
    • Interactive/Complete - 実際に操作を実行する前に、対象アプリのすべての UI 要素が存在するようになるまで待ちます。

      アプリケーションが対話または完了のどちらのステートにあるか調べるには、以下のタグを検証します。

    • Desktop applications - <wnd> タグ、<ctrl> タグ、<java> タグ、または <uia> タグの存在を確認するために wm_null メッセージが送信されます。存在する場合、アクティビティが実行されます。
    • Web アプリケーション:
    1. Internet Explorer - <webctrl> タグは、HTML ドキュメントの Ready ステートが Complete に設定されているかどうかを確認するために使用されます。また、Busy ステートは「False」に設定されている必要があります。
    2. Others - <webctrl> タグは、HTML ドキュメントの Ready ステートが Complete であるかどうかを確認するために使用されます。
    • SAP applications - 最初に <wnd> タグを確認した後、SAP 固有の API を使用して、セッションがビジーかどうかを検出します。
  • Target.Element - 別のアクティビティから返される UiElement 変数を使用します。このプロパティを Selector プロパティと一緒に使用することはできません。このフィールドでは UiElement 変数のみサポートされています。
  • Target.ClippingRegion - UiElement を基準とし、左、上、右、下の方向で、クリッピング四角形 (ピクセル単位) を定義します。正と負の両方の値をサポートしています。

[ホットキーを押下] アクティビティの使用例

複数のアクティビティを組み込んだサンプルで [ホットキーを押下] アクティビティを使用する方法を、こちらで紹介しています。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.