アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
UI Automation のアクティビティ
Last updated 2024年7月16日

画像をクリックする

以下の例は、パターンを作成するまで複数の画像を操作することによる、ロボットと単純な Windows アプリケーションとの自動化された対話を示しています。[画像をクリック][画像をダブルクリック]、または [画像の消滅を待つ] などのアクティビティが表示されます。これらのアクティビティは、UiPath.UIAutomation.Activities パッケージに含まれています。

サンプルと同等のオートメーション プロセスは以下のように構築できます。

  1. Studio を開いて、新しいプロセスを作成します。

    注:

    この例では、プロジェクト フォルダーにウィンドウ アプリケーションを配置します。ダウンロード可能な例に用意されているアプリケーションを使用できます。

    ワークフローを実行する前にアプリケーションを開きます。

  2. デザイナー パネルに [シーケンス] コンテナーをドラッグします。
  3. [画像の消滅を待つ] アクティビティを、[シーケンス] コンテナー内にドラッグします。

    • アクティビティ内部の [画面上で画像を指定] オプションをクリックします。以下の GIF のように、読み込む画像を選択します。


    • [プロパティ] パネルの [タイムアウト (ミリ秒)] フィールドに値 45000 を追加します。
  4. [画像の消滅を待つ] アクティビティの [メッセージ ボックス] をドラッグします。

    • "Load Complete. Press OK to start"[テキスト] フィールドに追加します。
  5. [ウィンドウにアタッチ] アクティビティを、[メッセージ ボックス] アクティビティの下にドラッグします。

    • アクティビティ内部の [画面上で画像を指定] オプションをクリックします。以下の GIF のようにアプリの画像を選択します。


  6. [画像をクリック] アクティビティを [ウィンドウにアタッチ] アクティビティの [Do] コンテナ内にドラッグします。

    • アクティビティ内部の [ウィンドウで要素を指定] オプションをクリックします。以下の GIF のように、必要な要素を画像から選択します。


      注:

      [画像をクリック] アクティビティを使用するとボックスがクリアされ、[画像をダブルクリック] アクティビティを使用するとボックスの色が青に変化します。

      特定のパターンを作成するために、[画像をクリック] アクティビティと [画像をダブルクリック] アクティビティを必要な回数使用します。

  7. プロセスを実行します。ロボットによって Windows アプリケーションが実行され、青色の画像を使用してパターンが作成されます。この例では、「Ui」という文字のパターンを作成しました。


このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.