アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
UI Automation のアクティビティ
Last updated 2024年7月16日

クリッピング領域を設定

UiPath.Core.Activities.SetClippingRegion

UI 要素のクリッピングリージョンを設定します。

プロパティ

入力
  • Direction - クリッピングリージョンを広げる方向です。使用できるオプションは、left、top、right、bottom、rectangle、translate です。
  • Size - 各方向の移動のオフセットです。ピクセルは、left、top、right、bottom の方向にオフセットします。正と負の両方の値がサポートされています。
  • Region - クリッピングリージョンを既存のリージョンから開始できます。このフィールドでは UiPath.Core.Region 変数のみサポートされています。
  • Element - 別のアクティビティから返される Element オブジェクトを使用します。このプロパティを Selector プロパティと一緒に使用することはできません。このフィールドでは UiElement 変数のみサポートされています。
共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティが例外をスローした場合でも、ワークフローを継続するかどうかを指定します。このフィールドでは Boolean 値 (True、False) のみサポートされています。既定値は False です。その結果、フィールドが空白で例外がスローされると、プロジェクトの実行が停止します。値を True に設定すると、プロジェクトの実行はエラーに関係なく継続されます。

    注: このアクティビティが [トライ キャッチ] に含まれていて、[エラー発生時に実行を継続] プロパティの値が True の場合、プロジェクトが実行されたときにエラーは発生しません。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

[クリッピング領域を設定] アクティビティの使用例

複数のアクティビティを組み込んだサンプルで [クリッピング領域を設定] アクティビティを使用する方法を、こちらで紹介しています。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.