通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

セレクターの正規表現検索

正規表現検索について

正規表現 (RegEx) は、検索パターンを記述するための特別なテキスト文字列です。このため、検索、テキスト処理、データ検証に最適です。セレクターで正規表現検索機能を使用すると、1 回の検索実行で複数のターゲット要素を特定できます。正規表現がない場合は、各ターゲット要素を特定するために複数のセレクターを作成する必要がありました。

正規表現検索の仕組み

正規表現検索機能を使用するには、次のように、特定する要素のタグに一致オプションを含める必要があります。

オプション

説明

matching:<tag_name>=’regex’

<tag_name> 値によって決定されるターゲット検索タグを指定できます。

<tag_name>='<regex_command>'

<tag_name> を特定するために使用される <regex_command> 表現を使用して検索パターンを指定することができます。

現在、正規表現検索は次のセレクターの種類でサポートされています。

セレクターの種類

サポート

<wnd>

check_markcheck_mark

<html>

check_markcheck_mark

<webctrl>

check_markcheck_mark

<java>

check_markcheck_mark

<ctrl>

check_markcheck_mark

<sap>

check_markcheck_mark

プロセス名を特定するタグ。
例: <html app="firefox.exe">

no_rightno_right

正規表現検索の使用例

電卓アプリケーションを対象とするオートメーション プロセスを作成するとします。ただし、この例の目的のために、<name> タグの値は 0〜2 の間で変化します。正規表現検索がない場合は、次のように、<name> タグの各値に 1 つずつ、2 つのセレクターが作成されます。

<wnd app='applicationframehost.exe' appid='Microsoft.WindowsCalculator_8wekyb3d8bbwe!App' title='Calculator' /> 
<uia cls='LandmarkTarget' /> 
<uia automationid='CalculatorResults' name='Display is 0' role='text' />
< wnd app='applicationframehost.exe' appid='Microsoft.WindowsCalculator_8wekyb3d8bbwe!App' title='Calculator' /> 
<uia cls='LandmarkTarget' /> 
<uia automationid='CalculatorResults' name='Display is 2' role='text' />

2 番目の <uia> タグ内に正規表現検索を導入すると、両方の場合に一致する単一のセレクターを生成できます。この場合、有効なセレクターは次のようになります。

<wnd app='applicationframehost.exe' appid='Microsoft.WindowsCalculator_8wekyb3d8bbwe!App' title='Calculator' /> 
<uia cls='LandmarkTarget' /> 
<uia automationid='CalculatorResults' name='Display is \d' role='text' matching:name='regex' />

matching:name='regex' 属性は、正規表現を使用して <name> タグを特定するようセレクターに指示し、<name='Display is \d'> コマンドは、特定する <name> タグのすべての数値を返します。

以下は、正規表現検索の仕組みと、どのような値が返されるかを示すいくつかの例です。

正規表現

説明

返された結果

(.*RPA.*)|(.*Robotic Process Automation*)

RPA または Robotic Process Automation という文字列を含むすべての文字列に一致します。

(...) 先進の RPA ツール (...)
UiPath は Robotic Process Automation (...)

^Index[0-5]

Index 値で始まり、その後に 0〜5 の数字が続くすべての文字列に一致します。

Index5
Index03

1 年前に更新

セレクターの正規表現検索


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。