通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

入力メソッド

入力アクションでは、ユーザーまたはロボットが、開いているアプリケーションや Web ページを直接操作する必要があります。クリック アクションと入力アクションには 3 種類の入力メソッドがあり、機能や対応しているアプリケーションの種類の点でそれぞれ異なっています。

通常は、3 つのうち最も処理が速くバックグラウンドで動作する [入力をシミュレート/クリックをシミュレート] メソッドをお勧めします。ただし、これが使用できるのは、特殊なキーボード ショートカットを送信する必要がない場合に限られます。このメソッドで対応できない場合は、[ウィンドウ メッセージを送信] メソッド、さらに最も処理の遅いデフォルト メソッドをお試しください。

Capability MethodCompatibilityBackground ExecutionSpeedHotkey SupportAuto Empty FieldDesign experience
Hardware Events100%no50%yesnoClassic/Modern
SendWindowMessages80%yes50%yesnoClassic/Modern
Simulate Type/Click99% - web apps
60% - desktop apps
yes100%noyesClassic/Modern
ChromiumAPI100% - Chrome, Edge browsersyes50%yesyesModern

📘

注:

ChromiumAPI でブラウザーを起動すると、ブラウザーがデバッグ モードで起動されたことを示すリボンが表示されます。このメッセージは、ポリシーを使用して拡張機能がインストールされている場合は表示されません。

入力メソッドは、選択したアクティビティの [プロパティ] パネルでいつでも変更できます。[入力をシミュレート][ウィンドウ メッセージを送信] のどちらのチェック ボックスもオンにしていない場合は、デフォルト メソッドが適用されます。

549549

デフォルト メソッドは、ハードウェア ドライバーの助けを借りてクリックまたは入力をシミュレートします。一方、[入力をシミュレート/クリックをシミュレート] メソッドは、対象アプリケーションの仕組みを利用します。また、[ウィンドウ メッセージを送信] メソッドは、特定のメッセージを直接対象アプリケーションに送信することで機能します。

9 か月前に更新


入力メソッド


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。