通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

動的セレクター

動的セレクターは、ターゲットタグの属性のプロパティとして変数または引数を使用します。これにより、セレクターは、オートメーション プロジェクト内のやり取りに応じて変化する可能性がある正確な文字列ではなく、変数または引数の値に基づいてターゲット要素を簡単に特定できます。そのため、セレクター自体を変更せずに、変数または引数を変更して別の要素とやり取りすることができます。動的セレクターの仕様は次のような形式です。

  • タグ - <ctrl/> などのターゲットタグ
  • 属性 - name='menuItem' などのターゲット属性
  • {{Value}} - 操作する要素のプロパティを保持する変数または引数の名前です。
<tag attribute=`{{Value}}` />

動的セレクターの使用例

動的セレクターの機能を説明するために、メモ帳で [ファイル] メニューのクリックを行い、簡単なオートメーション プロセスを作成します。[フォーマット] メニューがクリックされてもセレクターが変更されないように、変数を変更します。

📘

注:

次の例では、変数を使用ます。引数もサポートされていることに留意してください。

  1. Studio で新しいプロセスを作成し、クリックアクティビティを追加します。
  2. [画面上で指定] を選択し、メモ帳で [ファイル] メニューを選択します。次のセレクターが生成されます。
<wnd app='notepad.exe' cls='Notepad' title='Untitled - Notepad' />
<ctrl automationid='MenuBar' idx='1' name='Application' role='menu bar' />
<ctrl name='File' role='menu item' />
  1. name 属性の File プロパティを選択して右クリックします。いくつかのオプションを含むコンテキスト メニューが表示されます。
  2. コンテキスト メニューから、[変数を作成] を選択します。いくつかのフィールドが表示され、変数の名前と値を指定できます。
  3. [名前を設定] フィールド (この場合は、MenuOption) で新しい変数の名前を指定します。セレクターが File プロパティの属性をクリックすることがわかるように、[値を設定] フィールドはそのままにします。
  4. [セレクター エディター] ウィンドウで [検証] ボタンをクリックします。緑色に変わり、セレクターが有効であることを意味します。このように、次の動的セレクターが生成されます。
<wnd app='notepad.exe' cls='Notepad' title='Untitled - Notepad' />
<ctrl automationid='MenuBar' idx='1' name='Application' role='menu bar' />
<ctrl name='{{MenuOption}}' role='menu item' />

生成されたセレクターは、クリックアクティビティに [ファイル] メニューで操作を実行するように指示します。[フォーマット] メニューをクリックさせるには、変数の既定値を変更するなどの必要があります。この例では、操作には単一の手順が必要です。

  • Studio の [変数] パネルにアクセスし、MenuOption エントリの既定値を [フォーマット] に変更します。[クリック] アクティビティは、メモ帳の [書式] メニューでアクションを実行します。セレクターが既に検証され、オートメーション プロジェクトを開始できる点に留意してください。これは、[ファイル] の代わりに [書式] メニューをクリックします。

2 年前に更新

動的セレクター


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。