Studio
2023.4
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

設定手順

各 Web ブラウザーは、独自の WebDriver プロトコルの実装を使用します。そのため、WebDriver プロトコルを使用してオートメーション プロジェクトを計画する場合、対応するブラウザーの WebDriver アプリケーションをマシンにインストールし、次のトピックで説明するように構成する必要があります。以下に、WebDriver プロトコルを使用するために必要な要件と手順を示します。

Web ブラウザー

Webdriver の要件

Chrome

  • ChromeDriver ChromeDriver.exe
  • Google Chrome は自動的に更新され、ChromeDriver ビルドは頻繁にリリースされます。常に ChromeDriver バージョンが Google Chrome のバージョンと一致していることを確認してください。

Firefox

  • geckodriver geckodriver.exe
  • geckodriver のビルドがリリースされることはほとんどありません。オートメーション プロジェクトでは最新バージョンを使用することをお勧めします。

Edge

WebDriver プロトコルをインストールする

  1. 使用するブラウザーに対応する Webdriver をダウンロードします。
  2. ダウンロードした Webdriver を、C:\webdriver\Chrome などの選択した場所にインストールします。
  3. Windows のスタートメニューで システム環境変数の編集エントリを見つけて開きます。[システムのプロパティ] ウィンドウが表示されます。
  4. ページの下部にある [環境変数] ボタンをクリックします。[環境変数] ウィンドウが表示されます。
  5. Path 変数を [ユーザー変数] または [システム変数] セクションから選択し、[編集] ボタンをクリックします。[環境変数の編集] ウィンドウが表示されます。
  6. [参照] ボタンをクリックし、対応する Webdriver 実行可能ファイルをインストールしたフォルダーを選択します。この場合は、C:\webdriver\Chrome です。
  7. 変更を保存するには、以前に開いたすべてのウィンドウで OK ボタンをクリックします。これで Webdriver プロトコルがインストールされます。
  8. 変更を有効にするために、Robot サービスを再起動します。これで、オートメーション プロジェクトで Webdriver プロトコルを使用する準備が整いました。



ブラウザーを開く

[ブラウザーを開く] コンテナーまたは [ブラウザーにアタッチ] コンテナー内でのみ、Webdriver プロトコルを使用してブラウザーを操作できます。次のようにいくつかのプロパティを設定する必要があります。

ビジュアル ブラウザーの自動化

  • CommunicationMethod - WebDriver
  • ブラウザーの種類 - ChromeFirefox、または Edge



ヘッドレス ブラウザーの自動化

  • CommunicationMethod - WebDriver
  • ブラウザーの種類 - ChromeFirefox、または Edge
  • 非表示 - True



ヘッドレス ブラウザーの自動化の場合、[クリックをシミュレート][入力をシミュレート] プロパティ、または [ウィンドウ メッセージを送信] プロパティを使用するには、[クリック] または [文字を入力] などのハードウェア イベントに依存するアクティビティを設定する必要があることに留意してください。

ブラウザーを閉じる

[タブを閉じる] アクティビティを使用する

開かれているすべてのタブを閉じるには、[タブを閉じる] アクティビティを使用することをお勧めします。シーケンスの最後に WebDriver をプロトコルを使用する [ブラウザーを開く] コンテナー内に入れるだけです。対応する WebDriver アプリケーションとプロセスが閉じられます。

[アプリケーションを閉じる] アクティビティを使用する

この場合、[アプリケーションを閉じる] アクティビティのセレクターが <HTML> タグを使用していることを確認する必要があります。これにより、対応する Webdriver プロセスもブラウザー セッションとともに閉じられます。
以下は、[アプリケーションを閉じる] アクティビティで使用できるいくつかの有効な <HTML> タグです。
  • <html app='firefox.exe' /> - Firefox を閉じる
  • <html app='chrome.exe' /> - Chrome を閉じる
  • <html app='msedge.exe' /> - Edge を閉じる

ただし、この方法は、セレクターに一致する最初のブラウザーを閉じるので、自動的しているブラウザー セッションを具体的にターゲットにする [アプリケーションを閉じる] アクティビティのセレクターを調整したい場合があります。

注: [アプリケーションを閉じる] アクティビティのセレクターが <WND> タグを使用している場合は、ブラウザーのセッションがまだ閉じられていても、Webdriver プロセスがアクティブなままになります。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.