通知を受け取る

UiPath Automation Suite

UiPath Automation Suite ガイド

Task Mining 専用のエージェント ノードを追加する

ハードウェア要件

Before starting the Task Mining installation, make sure to check Hardware requirements.

シングルノードの評価モードまたはマルチノードの HA 対応の運用モードで Automation Suite のインストールを完了したら、次の手順を実行して Task Mining を設定します。

クラスターで Task Mining を有効化する

メイン インストールの際の設定で、既に Task Mining を有効化している場合は、この手順をスキップできます。そうでない場合は、設定を編集し、インストールを再実行して、AI Center と Task Mining を有効化する必要があります。

構成を編集する


高度な設定手順でのインストールの際に、構成ファイル cluster_config.json に以下を追加する必要があります。

aicentertask_mining を有効化して cluster_config.json に追加する必要があります。

cluster_config.json

Task Mining の構成
{
    "aicenter": {
        "enabled": Boolean
    },
    "task_mining": {
        "enabled": Boolean
    }
}

Task Mining の専用ノードを構成する


手順 1: マシンを構成する

Follow the steps for configuring a server node to ensure the disk is partitioned correctly.

手順 2: 対話型のインストール ウィザードをインストール対象マシンにコピーする

オンライン インストールの場合

適切なマシンへの SSH:

  • Task Mining をシングルノードの評価のインストールに追加した場合は、そのマシンに移動して、この次の手順を実行します。
  • Task Mining をマルチノードのHA 対応の運用環境のインストールに追加した場合は、任意のサーバー ノードに移動します。

次のコマンドを実行して、UiPathAutomationSuite フォルダーの内容を Task Mining ノード タスクにコピーします (ユーザー名と DNS は Task Mining ノードに固有です)。

sudo su -
scp -r /opt/UiPathAutomationSuite <username>@<node dns>:/opt/
scp -r ~/* <username>@<node dns>:/opt/UiPathAutomationSuite/

オフライン インストールの場合

プライマリ インストール ノードへの SSH
Ensure that the UiPathAutomationSuite directory contains sf-infra.tar.gz file ( is a part of the installation package download step )

scp -r ~/opt/UiPathAutomationSuite <username>@<node dns>:/var/tmp

手順 3: 対話型のインストール ウィザードを実行し、専用ノードを構成する

オンライン インストールの場合

Task Mining ノードに SSH 経由で接続し、次のコマンドを実行します。

sudo su -
cd /opt/UiPathAutomationSuite
yum install unzip jq -y
CONFIG_PATH=/opt/UiPathAutomationSuite/cluster_config.json 

UNATTENDED_ACTION="accept_eula,download_bundle,extract_bundle,join_task_mining" ./installUiPathAS.sh

オフライン インストールの場合

SSH を経由して Task Mining 専用ノードに接続し、次のスクリプトを使用して、ここにプラットフォーム バンドルをインストールします。

sudo su 
mv /var/tmp/UiPathAutomationSuite /opt
cd /opt/UiPathAutomationSuite
sudo chmod -R 755 /opt/UiPathAutomationSuite

sudo ./install-uipath.sh -i ./cluster_config.json -o ./output.json -k -j task-mining --offline-bundle ./sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmp --install-offline-prereqs --accept-license-agreement

手順 4: kubectl を有効化する

次のコマンドを実行して、Task Mining のマシンに kubectl コンテキストを設定します。

sudo su -
export KUBECONFIG=/var/lib/rancher/rke2/agent/kubelet.kubeconfig
export PATH=$PATH:/var/lib/rancher/rke2/bin
kubectl get nodes

ノードとそれに対応する名前が表示されます。次の手順では、Task Mining ノードの名前が必要です。

手順 5: Task Mining の設定を検証する

Finally, run the following command to check if the Task Mining node is configured. Please update the <node name> with Task Mining node name in below command.

kubectl describe node <node name> | grep -i "taints"

上記のコマンドは、次の出力を返します。

625625

この時点で、Task Mining のインストールが正常に完了です。Automation Suite ポータルにサインインして、[管理] セクションの下のテナント管理のユーザー エクスペリエンスでこれを有効化します。

 

メールを設定する

Be sure to configure system email notifications as Task Mining relies on the Automation Suite notification system to send emails.

Task Mining プロジェクトを開始する

The steps for creating a task mining project are the same whether you're using the UiPath Automation Cloud or Automation Suite.

AI Center で Task Mining ML モデルを構成する


指定されたデプロイ タイプ (オンラインまたはオフライン) の手順に従います。

オンラインとオフラインでのインストール

Before proceeding with the steps below, it is mandatory to start with following the steps from Uploading ML Packages.

ML package をアップロードしたら、表示されている手順に従います。

  1. テナントの AI Center のホームページにアクセスし、[プロジェクトを作成] ボタンをクリックします。このプロジェクトには任意の名前を付けることができますが、Task Mining プロジェクトの名前に一致させることをお勧めします。

  2. プロジェクトから [ML パッケージ] ページに移動し、[すぐに使えるパッケージ] を選択します。

13561356
  1. UiPath Task Mining パッケージを選択します。
13351335
  1. [TMAnalyzerModel] を選択し、[送信] をクリックします。

:information-source: Please always select the latest version of the model packages.

  1. パッケージに名前を付け、最新のパッケージ バージョンを選択し、[送信] をクリックしてマシン ラーニングのデプロイ パッケージを作成します。

 

セカンダリ ディスク/Longhorn ストレージを増やす


Task Mining はデータ量の多いアプリケーションであるため、調査で収集したスクリーンショットやメタデータを処理するには、1024 GiB のストレージを追加することをお勧めします。セカンダリ ディスクを追加したら、これを組み込むために、Longhorn ストレージのサイズを変更する必要があります。

クラスターでの新しいディスクの構成方法

追加のディスクは、インストール前またはインストール後に追加できます。インストール後に追加した場合は、クラスターでこの新しいディスクを構成するための追加手順を実行する必要があります。

See Configuring new data disk in the cluster for more details.

ストレージ容量の増やし方

インストールを完了した後にストレージ容量を増やすには、UiPathAutomationSuite フォルダーに移動して、以下のコマンドを実行します。

sudo su -

cd /opt/UiPathAutomationSuite

sudo ./configureUiPathAS.sh objectstore resize-pvc --size 1000Gi --sub-component data

📘

AI Center への依存性

Task Mining には、AI Center に対する依存性があるため、Task Mining をインストールする場合は、必ず AI Center もインストールする必要があります。これは、前述の高度な設定の手順の一部として実行されます。

8 か月前に更新


Task Mining 専用のエージェント ノードを追加する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。