Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

SAP Fiori の自動化について

SAP Fiori のオートメーション プロジェクトはそのまますぐに構築できるため、専用の SAP 拡張機能や一連のアクティビティをインストールする必要がありません。

弊社では、SAP によるメンテナンス対象の SAP Fiori バージョン 1.52 以降についてサポートを提供しています。サポート対象のバージョンおよびメンテナンス ステータスに関する詳細については、こちらのページをご覧ください。

サポートされているブラウザー

SAP Fiori のオートメーションは以下の Web ブラウザーに構築できます。

サポートされているアクティビティ

SAP Fiori のオートメーション プロジェクトを構築するには、UiPath.UIAutomation.Activities パッケージ v20.6 以降が必要です。

以下の仕様で、UI Automation アクティビティ パッケージのすべてのアクティビティを使用できます。

  • [文字を入力] アクティビティには、[入力をシミュレート] プロパティをお勧めします。
  • [クリック] アクティビティには、[クリックをシミュレート] プロパティをお勧めします。
  • [表のセル スコープ] アクティビティは、SAP Fiori テーブルの操作の自動化に使用できます。たとえば、SAP Fiori テーブルの自動スクロール機能を使用すれば、必要な値の正確な位置を知らなくても、すべての SAP Fiori テーブルで正しいセルに自動的にスクロールできます。

SAP Business Client

SAP Business Client では、すべてのブラウザー コントロールがサポートされます。これにより、UiPath Studio を使用して Google Chrome と同じパフォーマンスの SAP Fiori 機能が提供されます。SAP Fiori のすべての要素がすべての SAP Fiori 固有のプロパティで正しく認識され、すべての SAP Fiori バージョンがサポートされます。



注: UiPath.UIAutomation.Activities パッケージに含まれている SAP アクティビティは、SAP WinGUI の自動化にのみ使用します。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.