通知を受け取る

UiPath Automation Suite

UiPath Automation Suite ガイド

製品を管理する

このページでは、インストール後に Automation Suite 製品を有効化または無効化する方法について説明します。

Automation Suite の製品は、インストール後、いつでも有効化および無効化できます。

そのためには、/opt/UiPathAutomationSuite フォルダーに格納されている cluster_config.json ファイルにアクセスして更新し、サービス インストーラー手順を再実行する必要があります。

📘

注:

これらの手順はサーバー ノードからのみ実行する必要があります。

手順 1: 構成ファイル内の製品選択を変更する


  1. UiPathAutomationSuite フォルダーに移動し、cluster_config.json を編集します。
cd /opt/UiPathAutomationSuite
nano cluster_config.json #optionally use any favourite editor of your choice.
  1. サービス リストで、有効化または無効化する特定のサービスの enable フラグを true または false に設定します。個々の製品については、以下の例をご覧ください。

📘

注:

Action Center と Apps は、enable フラグを更新するだけで管理できます。その他の製品のインストールを構成するには、追加の手順が必要になる場合があります。詳しくは、次の手順をご覧ください。

Enabling or disabling Orchestrator


To enable Orchestrator, set the orchestrator flag to true in the cluster_config.json file.

"orchestrator": {
  "enabled": "true" //Set to "false" to disable Orchestrator
  "sql_connection_str": "" //Optional and only require to override the default database name
}

To disable Orchestrator, set the orchestrator flag to false in the cluster_config.json file.

 

Action Center を有効化または無効化する


cluster_config.json ファイルで Action Center を有効化または無効化するには、次の設定の詳細をご覧ください。

"actioncenter": {
  "enabled": "true" //Set to "false" to disable the Action Center
}

 

Apps を有効化または無効化する


cluster_config.json ファイルで Apps を有効化または無効化するには、次の設定の詳細をご覧ください。

"apps": {
  "enabled": "true" //Set to "false" to disable the Apps
}

 

AI Center を有効化または無効化する


AI Center では、enable フラグと SQL データベースを更新する必要があります。

以前に cluster_config.jsonsql_connection_string_template_jdbc の値を設定していた場合、既定の AI Center データベース名は AutomationSuite_AICenter です。

既定のデータベース名を変更するには、AI Center フィールド内の sql_connection_str を更新する必要があります。これにより、既定のデータベースと sql_connection_string_template_jdbc に設定されている接続文字列テンプレートが上書きされます。

  • If AI Center does not require an external Orchestrator, see the following configuration details for enabling or disabling AI Center in cluster_config.json:
"aicenter": {
  "enabled": "true", //Set to "false" to disable the AICenter
  "sql_connection_str": "" //Optional and only required to override the default database name
}
  • If AI Center requires an external Orchestrator, see the following configuration details for enabling or disabling AI Center in cluster_config.json:
"aicenter": {
    "enabled": "true", //Set to "false" to disable the AI Center
    "sql_connection_str": "" //Optional and only required to override the default database name
    "orchestrator_url": "https://orchestrator.example.com", //Specify the Orchestrator URL for AI Center
    "identity_server_url": "https://orchestrator.example.com/identity", //Specify the Identiy URL for AI Center
    "orchestrator_cert_file_path": "/opt/UiPathAutomationSuite/UiPath_Installer/orch.cer", //Specify the path to the Orchestrator certificate
    "identity_cert_file_path": "/opt/UiPathAutomationSuite/UiPath_Installer/orch.cer", //Specify the path to Identity certificate file
    "metering_api_key": "test" //Specify the metering API key
  }

To complete the installation, run the following post-installation command:

./configureUiPathAS.sh aicenter configure --installation-token <identity token>

 

Automation Ops を有効化または無効化する


Automation Ops では、enable フラグと SQL データベースを更新する必要があります。

以前に cluster_config.jsonsql_connection_string_template の値を設定していた場合、Automation Ops の既定のデータベース名は AutomationSuite_Platform です。

既定のデータベース名を変更するには、Automation Ops フィールド内の sql_connection_str を更新する必要があります。これにより、既定のデータベースと sql_connection_string_template に設定されている接続文字列テンプレートが上書きされます。

📘

注:

Automation Ops は、Orchestrator を含むコア プラットフォームとデータベースを共有します。ここでデータベースを変更する場合は、コア プラットフォームのデータベースも更新します。

cluster_config.json で Automation Ops を有効化または無効化するには、次の設定の詳細をご覧ください。

"automation_ops": {
  "enabled": "true", //Set to "false" to disable the Automation Ops
  "sql_connection_str": "" //Optional and only require to override the default database name
}

 

Data Service を有効化または無効化する


Data Service では、enable フラグと SQL データベースを更新する必要があります。

以前に cluster_config.jsonsql_connection_string_template の値を設定していた場合、既定のデータベース名は AutomationSuite_DataService です。

既定のデータベース名を変更するには、Data Service フィールド内の sql_connection_str を更新する必要があります。これにより、既定のデータベースと sql_connection_string_template に設定されている接続文字列テンプレートが上書きされます。

cluster_config.json で Data Service を有効化または無効化するには、次の設定の詳細をご覧ください。

"dataservice": {
  "enabled": "true", //Set to "false" to disable the Data Service,
  "sql_connection_str": "" //Optional and only require to override the default database name
}

 

Document Understanding を有効化または無効化する


Document Understanding では、enable フラグと SQL データベースを更新する必要があります。

以前に cluster_config.jsonsql_connection_string_template_odbc の値を設定していた場合、既定のデータベース名は AutomationSuite_DU_Datamanager です。

既定のデータベース名を変更するには、Document Understanding フィールド内の sql_connection_str を更新する必要があります。これにより、既定のデータベースと sql_connection_string_template_odbc に設定されている接続文字列テンプレートが上書きされます。

If you perform an offline installation, you need to download the offline bundle for Document Understanding as well. Before enabling Document Understanding, please refer to Install and Use Document Understanding.

cluster_config.json で Document Understanding を有効化または無効化するには、次の設定の詳細をご覧ください。

"documentunderstanding": {
  "enabled": "true", //Set to "false" to disable the Document Understanding
  "sql_connection_str": "" //Optional and only require to override the default database name
}

 

Insights を有効化または無効化する


Insights では、enable フラグと SQL データベースを更新する必要があります。

以前に cluster_config.jsonsql_connection_string_template の値を設定していた場合、既定のデータベース名は AutomationSuite_Insights です。

既定のデータベース名を変更するには、Insights フィールド内の sql_connection_str を更新する必要があります。これにより、既定のデータベースと sql_connection_string_template に設定されている接続文字列テンプレートが上書きされます。

Insights has an optional SMTP configuration to enable receiving email notifications. Refer to Advanced installation experience for more details.

cluster_config.json で Insights を有効化または無効化するには、次の設定の詳細をご覧ください。

"insights": {
  "enabled": "true", //Set to "false" to disable the Insights,
  "sql_connection_str": "" //Optional and only require to override the default database name
}

 

Task Mining を有効化または無効化する


Task Mining では、enable フラグと SQL データベースを更新する必要があります。

以前に cluster_config.jsonsql_connection_string_template の値を設定していた場合、既定のデータベース名は AutomationSuite_Task_Mining です。

名前を既定の名前以外に変更するには、Task Mining フィールド内の sql_connection_str を更新して、既定のデータベースと sql_connection_string_template に設定されている接続文字列テンプレートを上書きします。

Task Mining では、AI 固有のワークロード専用のエージェント ノードのプロビジョニングを含む、いくつかの追加手順が必要です。Task Mining を有効化する前に、Task Mining のインストールの「Task Mining 専用のエージェント ノードを追加する」セクションをご覧ください。

cluster_config.json で Task Mining を有効化または無効化するには、次の設定の詳細をご覧ください。

"task_mining": {
  "enabled": "true", //Set to "false" to disable the Task Mining,
  "sql_connection_str": "" //Optional and only require to override the default database name
}

Task Mining をアンインストールする - ノードの taint を削除

Task Mining をアンインストールし、taint が付与されたノードを解放するには、以下の手順を実行します。

  1. kubectl describe node task-mining_nodename コマンドを使用して実際の taint を確認します。
  2. コマンド kubectl taint nodes task-mining_nodename task.mining/cpu=present:NoSchedule- を実行します。
  3. kubectl describe node task-mining_nodename コマンドを使用して taint が削除されたことを確認します。

 

Test Manager を有効化または無効化する


Test Manager では、enable フラグと SQL データベースを更新する必要があります。

以前に cluster_config.jsonsql_connection_string_template の値を設定していた場合、既定のデータベース名は AutomationSuite_Test_Manager です。

既定のデータベース名を変更するには、Test Manager フィールド内の sql_connection_str を更新する必要があります。これにより、既定のデータベースと sql_connection_string_template に設定されている接続文字列テンプレートが上書きされます。

cluster_config.json で Test Manager を有効化または無効化するには、次の設定の詳細をご覧ください。

"test_manager": {
  "enabled": "true", //Set to "false" to disable the Test Manager,
  "sql_connection_str": "" //Optional and only require to override the default database name
}

🚧

重要

構成ファイルを更新したら、手順 2 に進みます。

 

Enabling or disabling Process Mining


To enable Process Mining, make the following changes to the cluster_config.json file:

  1. Enable the processmining flag.

  2. Configure the following connection string templates:

    • sql_connection_string_template
    • sql_connection_string_template_jdbc
    • sql_connection_string_template_odbc
    • sql_connection_string_template_sqlalchemy_pyodbc
  3. In multi-node HA-ready production installations, add a separate connection string for the second SQL Server. Note that in single-node evaluation installations, the seconds SQL Server is recommended. For instructions on how to configure the seconds SQL Server, see SQL requirements for Process Mining

"processmining": {
  "enabled": true,
  "sql_connection_str": "" // dotnet connection string
  "sqlalchemy_pyodbc_sql_connection_str": "", 
  "warehouse": {
        "sql_connection_str": "",
        "sqlalchemy_pyodbc_sql_connection_str": ""
     }
}

To disable Process Mining, disable the processmining flag.

 

Enabling or disabling Automation Suite Robots

📘

Before enabling Automation Suite Robots, make sure you meet the requirements.

To enable Automation Suite Robots, take the following steps:

  1. Enable the asrobots flag in the cluster_config.json file. If you want to enable package caching, make sure to properly configure the packagecaching and packagecachefolder flags as well.
{
  "asrobots": {
     "enabled": Boolean,
     "packagecaching": Boolean,
     "packagecachefolder": String
  }
}
ParameterDefault valueDescription
packagecachingtrueWhen set to true, robots use a local cache for package resolution.
packagecachefolder/uipath_asrobots_package_cacheThe disk location on the serverless agent node where the packages are stored.

📘

Package caching optimizes your process runs and allows them to run faster. NuGet packages are fetched from the filesystem instead of being downloaded from the Internet/network. This requires an additional space of minimum 10GB and should be allocated to a folder on the host machine filesystem of the dedicated nodes.

  1. If you use a multi-node HA-ready production setup, you must configure a specialized agent node for Automation Suite Robots. In single-node evaluation mode, an additional node is optional. For instructions, see Adding a dedicated agent node for Automation Suite Robots.

 

To disable Automation Suite Robots, disable the asrobots flag in the cluster_config.json file.

 

手順 2: インストーラー スクリプトを実行して新しい製品構成を更新する


cluster_config.json を更新したら、インストーラーで以下のコマンドを実行し、サービス構成を更新します。

  • オンライン インストールの場合:
./install-uipath.sh -i cluster_config.json -o output.json -s --accept-license-agreement
  • オフライン インストールの場合:
./install-uipath.sh -i cluster_config.json -o output.json -s --install-type offline --accept-license-agreement

3 日前に更新


製品を管理する


このページでは、インストール後に Automation Suite 製品を有効化または無効化する方法について説明します。

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。