通知を受け取る

UiPath Automation Suite

UiPath Automation Suite ガイド

ハードウェアおよびソフトウェアの要件

このページにより、Automation Suite とその一連の機能をすべてインストールできます。

用語


To find out more about the core concepts used in an Automation Suite deployment, see Glossary.

 

製品選択


The default installation experience includes a choice of two product selections. If you want to install a different combination of products, make sure to review the Cross-product dependencies page.

Product 完全 ベーシック
Orchestrator
Action Center
Test Manager
Insights
Automation Hub
Automation Ops
Data Service
Apps
AI Center
Document Understanding
Task Mining

📘

注:

最初のインストールの後、任意の時点で、再インストールすることなく、同じデプロイで追加で製品を有効化することができます。詳しい手順については、「製品を管理する」をご覧ください。

予想される使用状況に基づいてハードウェア要件を検証し、製品を追加する前にそのデプロイに十分なキャパシティがあることを確認することをお勧めします。詳しくは、「容量計画」をご覧ください。

 

デプロイ プロファイルを選択する


🚧

重要

選択するデプロイ プロファイルに関係なく、Linux と Kubernetes の知識が必要です。Automation Suite のインストールと構成で問題が発生した場合は、UiPath プロフェッショナル サービスにお問い合わせください。


デプロイが開始されると、デプロイ プロファイルを切り替えたり、アップグレードできなくなります。


デプロイ プロファイルを選択する前に、「シングルノードおよびマルチノードのインストールにサポートされるユース ケース」をご覧ください。

 

デプロイ プロファイルの一覧


デプロイ プロファイル 前提条件 インストール
シングルノードの評価プロファイル Linux マシン 1 台 (RHEL 8.3、8.4、8.5、8.6)
  • Task Mining を使用する場合は、追加の Linux マシンが必要です。
  • Document Understanding を使用する場合は、GPU サポートのある Linux マシンを追加することをお勧めします。
Note:
  • We support new RHEL versions within 90 days of their release.
  • We do not support SELinux. Make sure to disable it before installing Automation Suite.
  • Microsoft SQL Server (2016、2017、2019 – Standard および Enterprise エディション)
  • Microsoft SQL Server データベース エンジンが要件を満たしている限り、追加の Microsoft SQL プラットフォーム (Azure SQL Database や Azure SQL Managed Instance など) および Amazon Relational Database Service もサポートされます。
DNS
TLS 1.2+
信頼できる TLS、トークン署名、および SQL 接続暗号化証明書
プロキシ サーバー
(任意)
Kerberos 認証
(任意)
マルチノードの HA 対応の運用プロファイル Minimum 3 Linux machines (RHEL 8.2, 8.3, 8.4, 8.5, 8.6)
  • Task Mining を使用する場合は、追加の Linux マシンが必要です。
  • Document Understanding を使用する場合は、GPU サポートのある Linux マシンを追加することをお勧めします。
Note:
  • We support new RHEL versions within 90 days of their release.
  • We do not support SELinux. Make sure to disable it before installing Automation Suite.
  • Microsoft SQL Server (2016、2017、2019 – Standard および Enterprise エディション)
  • Microsoft SQL Server データベース エンジンが要件を満たしている限り、追加の Microsoft SQL プラットフォーム (Azure SQL Database や Azure SQL Managed Instance など) および Amazon Relational Database Service もサポートされます。
DNS
TLS 1.2+
信頼できる TLS、トークン署名、および SQL 接続暗号化証明書
ロード バランサー
プロキシ サーバー
(任意)
Kerberos 認証
(任意)

🚧

重要

Automation Suite をインストールおよびデプロイするには、ルート権限が必要です。
ルート アクセスを必要とする特定のコンポーネントの詳細については、「root 権限の要件」をご覧ください。

 

評価またはデモ目的 — シングルノードの評価プロファイルのハードウェア要件


🚧

重要

Federal Information Processing Standard (FIPS) は、Automation Suite に対応していません。Automation Suite を実行しているサーバー上で、任意の時点で FIPS が有効化された場合、クラスターは失敗します。クラスター サーバーで FIPS が有効化されている場合、インストールがブロックされる問題がインストーラーで発生します。

シングルノードの評価プロファイルを選択する場合は、以下のハードウェア要件を満たす必要があります。

シングルノードの評価プロファイル
(評価およびデモ目的でのみサポートされます)
選択 完全 ベーシック
プロセッサ 32 (v-)CPU/コア 16 (v-)CPU/コア
RAM 64 GiB 32 GiB
ノードごとのクラスター バイナリとステート ディスク 256 GiB SSD
最小 IOPS: 1100
256 GiB SSD
最小 IOPS: 1100
サーバー ノードのデータ ディスク 2 TiB SSD
最小 IOPS: 1100
512 GiB SSD
最小 IOPS: 1100
サーバー ノードの etcd ディスク 16 GiB SSD
最小 IOPS: 240
16 GiB SSD
最小 IOPS: 240
UiPath バンドル ディスク
(For offline installation only, on one of the server nodes)
512 GiB SSD
最小 IOPS: 1100
512 GiB SSD
最小 IOPS: 1100
Task Mining 用の追加のエージェント ノード
(必須)
プロセッサ 20 (v-)CPU/コア N/A (この選択に Task Mining は存在しません)
RAM 60 GiB
クラスター バイナリとステート ディスク 256 GiB SSD
最小 IOPS: 1100
データ ディスク N/A
Document Understanding 用に GPU がサポートされた追加エージェント ノード
(強く推奨)
プロセッサ 8 (v-)CPU/コア N/A (この選択に AI Center は存在しません)
RAM 52 GiB
クラスター バイナリとステート ディスク 256 GiB SSD
最小 IOPS: 1100
データ ディスク N/A
GPU RAM 11 GiB

 

運用環境のデプロイ — マルチノードの HA 対応運用環境プロファイルのハードウェア要件


🚧

重要

最小のハードウェア要件では、ノードの障害からデプロイを保護できません。


必要なストレージを理解し、それに応じた計画を立てるには、「必要なストレージを評価する」をご覧ください。


The multi-node HA-ready production profile is resilient to only one node failure. This means that you can lose only one server node. This restriction does not apply to agent nodes. You can lose as many agent nodes and still continue to use the cluster without downtime as long as enough overall cluster capacity is available.


Federal Information Processing Standard (FIPS) は、Automation Suite に対応していません。Automation Suite を実行しているサーバー上で、任意の時点で FIPS が有効化された場合、クラスターは失敗します。クラスター サーバーで FIPS が有効化されている場合、インストールがブロックされる問題がインストーラーで発生します。

If you opt for the multi-node HA-ready production profile, you must meet the following hard requirements:

マルチノードの HA 対応の運用プロファイル
(the only configuration supported for production deployments)
選択 完全 ベーシック
ノード数 サーバー ノード 3 台以上。
There must be an odd number of server nodes in a cluster to have increased fault tolerance.
エージェント ノードの数に制限はありません。
プロセッサ 96 (v-)CPU/コア 48 (v-)CPU/コア
ノードあたりの最小プロセッサー数 16 (v-)CPU/コア 16 (v-)CPU/コア
RAM 合計 192 GiB 96 GiB
ノードあたりの最小 RAM 32 GiB 32 GiB
ノードごとのクラスター バイナリとステート ディスク 256 GiB SSD
最小 IOPS: 1100
256 GiB SSD
最小 IOPS: 1100
サーバー ノードごとのデータ ディスク 2 TiB SSD
最小 IOPS: 1100
512 GiB SSD
最小 IOPS: 1100
サーバー ノードごとの etcd ディスク 16 GiB SSD
最小 IOPS: 240
16 GiB SSD
最小 IOPS: 240
UiPath バンドル ディスク
(For offline installation only, on one of the server nodes)
512 GiB SSD
最小 IOPS: 1100
512 GiB SSD
最小 IOPS: 1100
Task Mining 用の追加のエージェント ノード
(必須)
プロセッサ 20 (v-)CPU/コア N/A (この選択に Task Mining は存在しません)
RAM 60 GiB
クラスター バイナリとステート ディスク 256 GiB SSD
最小 IOPS: 1100
データ ディスク N/A
Document Understanding 用に GPU がサポートされた追加エージェント ノード
(強く推奨)
プロセッサ 8 (v-)CPU/コア N/A (この選択に AI Center は存在しません)
RAM 52 GiB
クラスター バイナリとステート ディスク 256 GiB SSD
最小 IOPS: 1100
データ ディスク N/A
GPU RAM 11 GiB

📘

最適ノード サイズ

ノードあたりのベースライン リソース オーバーヘッドが固定されているため、ノード サイズが大きい方が効率的です。たとえば、3 x 32 コアのノードは 6 x 16 コアのノードより効率的です。

 

Microsoft SQL Server の一般的な要件


インストールには、前提条件として外部 SQL Server が必要です。 Microsoft SQL Server 2016、2017、2019 Standard および Enterprise エディションがサポートされています。

Microsoft SQL Server データベース エンジンが要件を満たしている限り、追加の Microsoft SQL プラットフォーム (Azure SQL Database や Azure SQL Managed Instance など) および Amazon Relational Database Service もサポートされます。

📘

注:

SQL Server が各クラスター VM からアクセスできることを確認します。

🚧

SQL Server のバージョン互換性と前提条件:

個々の製品サポートの内容は異なります。

デプロイを計画している各製品について、以下のことが必要です。

  • 製品で必要とされる SQL Server のサポート バージョンを確認する
  • 製品で必要とされる SQL Server 構成の前提条件 (SQL Server のユーザー権限を含む) を適用する

製品固有の SQL Server の要件の詳細については、シングルノードの評価プロファイルの SQL Server 構成と、マルチノードの高可用性対応の運用環境プロファイルの SQL Server 構成を参照してください。

Microsoft SQL Server の一般的な最小ハードウェア要件は次のとおりです。

  • 8 (v-)CPU
  • 32 GiB RAM
  • 256 GiB SSD

ここに示す最小要件は一般的な指針であり、運用環境のデプロイにおいて信頼できる動作を保証するものではありません。信頼性のある動作に求められるハードウェア要件を決定するには、容量計画が必要です。

🚧

SQL Server の容量計画:

デプロイする予定の各製品について、計画されている使用状況を評価し、製品の指定に従って容量計画の指針を適用する必要があります。この情報は、各製品のヘルプ セクションにあります。

 

NFS サーバーの一般的な要件


バックアップを有効化するには、外部 NFS サーバーが必要です。

📘

注:

NFS サーバーが各クラスター VM からアクセスできることを確認します。

NFS サーバーの一般的な最小ハードウェア要件は次のとおりです。

CPU

RAM

Disk

4 (v-)CPU

16 GiB

10 TiB SSD (1100 IOPS)

7 日前に更新


ハードウェアおよびソフトウェアの要件


このページにより、Automation Suite とその一連の機能をすべてインストールできます。

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。