通知を受け取る

UiPath Automation Suite

UiPath Automation Suite ガイド

シングルノードおよびマルチノードのインストールでサポートされるユース ケース

Why the single-node mode is only suitable for evaluation purposes, whereas the multi-node profile can be implemented in production.

Automation Suite supports two deployment modes, each targeted at specific use cases, as explained in the following table:

Deployment mode

Description

Single-node — evaluation

Supported only for evaluation and demo scenarios.

Single-node evaluation profile requirements and installation

Multi-node — production, HA-enabled

The only configuration supported for production deployments.
You can perform additional configuration post-deployment to have full HA capabilities.

Multi-node HA-ready production profile requirements and installation

コンテキストと考慮事項


Automation Suite uses a cloud native architecture based on Kubernetes. It provides all the benefits in scale, automatic resource management, and reliability that come with Kubernetes.

これらのメリットを提供するために、Kubernetes の設計は以下の基本的な側面に基づいています。

  • 複数の奇数個のマシン上で実行されます (3、5、7 など)。
  • 定足数の原則を使用して、独立ノードの障害とデータの破損に対処します。N 台のマシンのクラスターにおいて、定足数を満たす N/2 + 1 台のマシンが残っている限り、そのクラスターは機能して適切に回復することができ、障害は観測されません。

シングルノードでのインストール

定義上、シングルノード デプロイは前述の特性のメリットを得ることはできず、運用環境のデプロイではサポートされません。障害とデータ損失が発生する可能性があります。

ただし、シングルノード デプロイのサポートは、評価シナリオとデモ シナリオには有用です。そのため、UiPath では特定のユース ケースに適用できるこのデプロイ オプションを提供しています。

マルチノードでのインストール

マルチノード インストールは、運用環境のデプロイでサポートされる唯一の構成であり、前述のすべてのメリットを得ることができます。

6 か月前に更新


シングルノードおよびマルチノードのインストールでサポートされるユース ケース


Why the single-node mode is only suitable for evaluation purposes, whereas the multi-node profile can be implemented in production.

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。