Marketplace
最新
バナーの背景画像
Marketplace ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月28日

方向

プロパティで指定できる方向は 4 つあります。

  • In: 最も一般的な方向です。入力引数で使用されます。
  • Out: アクティビティの結果である出力引数に使用されます。
  • InOut: めったに使用されることはありませんが、データの取り込み、修正、および他のアクティビティで使用するための出力といったアクティビティに役立つ可能性があります。
  • なし: Boolean や Enum のような離散型に方向は不要です。これらの型のプロパティを作成するときに使用します。

    注: UiPath Studio では、Out および InOut プロパティで受け入れられるのは変数だけであり、リテラル値は受け入れられません。アクティビティには出力値の書き込み先が必要なため、これは理にかなっています。

Activity Creator



生成されるコード

引数の方向は、各プロパティの宣言時に表示されます。 「FirstNumber」と「SecondNumber」の両方が「InArgument」である一方、「Sum」は「OutArgument」になります。

... #region Properties
            [LocalizedDisplayName(nameof(Resources.Addition_FirstNumber_DisplayName))]
            [LocalizedDescription(nameof(Resources.Addition_FirstNumber_Description))]
            [LocalizedCategory(nameof(Resources.Input_Category))] public InArgument<int>
            FirstNumber { get; set; }
            [LocalizedDisplayName(nameof(Resources.Addition_SecondNumber_DisplayName))]
            [LocalizedDescription(nameof(Resources.Addition_SecondNumber_Description))]
            [LocalizedCategory(nameof(Resources.Input_Category))] public InArgument<int>
            SecondNumber { get; set; }
            [LocalizedDisplayName(nameof(Resources.Addition_Sum_DisplayName))]
            [LocalizedDescription(nameof(Resources.Addition_Sum_Description))]
            [LocalizedCategory(nameof(Resources.Output_Category))] public OutArgument<int> Sum
            { get; set; } #endregion ...... #region Properties
            [LocalizedDisplayName(nameof(Resources.Addition_FirstNumber_DisplayName))]
            [LocalizedDescription(nameof(Resources.Addition_FirstNumber_Description))]
            [LocalizedCategory(nameof(Resources.Input_Category))] public InArgument<int>
            FirstNumber { get; set; }
            [LocalizedDisplayName(nameof(Resources.Addition_SecondNumber_DisplayName))]
            [LocalizedDescription(nameof(Resources.Addition_SecondNumber_Description))]
            [LocalizedCategory(nameof(Resources.Input_Category))] public InArgument<int>
            SecondNumber { get; set; }
            [LocalizedDisplayName(nameof(Resources.Addition_Sum_DisplayName))]
            [LocalizedDescription(nameof(Resources.Addition_Sum_Description))]
            [LocalizedCategory(nameof(Resources.Output_Category))] public OutArgument<int> Sum
            { get; set; } #endregion ...

UiPath Studio での効果

[プロパティ] パネルの各プロパティ上でホバーして、方向を確認します。



Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.