Process Mining
最新
バナーの背景画像
Process Mining
最終更新日 2024年4月2日

データ変換を編集およびテストする

変換を編集する

データ変換の編集の詳細については、以下のページをご覧ください。

クエリを実行する

注意:

[クエリを実行] は 10 分に制限されています。したがって、データ変換の開発とテストには小さいデータセットを使用し、変換がこの制限時間を超えないようにすることを強くお勧めします。詳しくは、「Process Mining ポータル」をご覧ください。

変換を編集するときには、[クエリを実行] を選択して変更をテストし、プレビューを表示することができます。変更されたクエリと、関連するすべてのクエリを実行します。たとえば、cases_input.sql が変更された場合などです。[クエリを実行] コマンドは、cases_input.sql と、cases_input.sql の結果を使用する cases.sql を実行します。

結果のデータは、ダッシュボード エディターではなく、データ変換エディターでのみ使用できます。

実行には次の 2 種類があります。

  • クエリを実行: データの実行を開始し、変更されたすべてのクエリとその依存関係を再計算します。

  • ファイルを実行: 実行を開始して、現在選択中の SQL ファイルとその親クエリのみを再計算します。このオプションでは、特定の SQL ファイルに対するカスタマイズをテストおよびデバッグできます。

ヒント:

いつでも [実行をキャンセル] を選択して変換の実行をキャンセルできます。

結果は [プレビュー] パネルに表示されます。
注:

通常、[クエリを実行] は、データ全体の実行を開始する [ダッシュボードに適用] よりも大幅に高速です。

注:

[クエリを実行] は、パブリッシュ済みプロセス アプリのデータには影響しません。

フォルダーとファイルを追加する

変換内で新しいフォルダーを作成したり、新しいファイルを追加したりできます。

命名規則

  • ファイル、フォルダー、フィールド、およびテーブルの名前の場合:

    • 小文字 (a-z)、大文字 (A-Z)、および数字 (0-9) のみを使用できます。

    • ファイル、フォルダー、フィールド、およびテーブルの名前に特殊文字 |*:?"<>\/ は使用できません。
  • ファイル名に使用できる特殊文字は、_:. のみです。
  • ファイル名の先頭に _ (アンダースコア) は使用できません。

変換のメニューから新しいフォルダーまたはファイルを作成する

次の手順に従って、新しいフォルダーまたはファイルを作成します。

手順

操作

1

変換内で、新しいファイルまたはフォルダーを追加する場所に移動します。

2

[変換] パネルに移動し、メニュー アイコン を選択して変換メニューを開きます。

3

メニューから該当するオプションを選択します。

4

新しいフォルダーまたはファイルのわかりやすい名前を入力し、Enter キーを押します。

docs image
選択したフォルダーに新しいフォルダーまたはファイルが作成されます。

コンテキスト メニューから新しいフォルダーまたはファイルを作成する

コンテキスト メニューから新しいフォルダーまたはファイルを作成するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

変換内で、新しいファイルまたはフォルダーを追加するフォルダーを右クリックします。

2

メニューから該当するオプションを選択します。

3

新しいフォルダーまたはファイルのわかりやすい名前を入力し、Enter キーを押します。

docs image
選択したフォルダーに新しいフォルダーまたはファイルが作成されます。

ファイル内の未保存の変更

.sql ファイルを編集すると、[変換] フォルダー構造内に、未保存の変更があることが示されます。
docs image
上の例では、[モデル] -> [5_business_logic] フォルダーにある Tags.sql ファイルに未保存の変更があります。

フォルダーまたはファイルの名前を変更する

次の手順に従って、新しいフォルダーまたはファイルを作成します。

手順

操作

1

名前を変更するフォルダーまたはファイルを右クリックして、コンテキスト メニューを開きます。

2

[名前を変更] を選択します。

3

必要に応じて名前を編集して Enter キーを押します。

フォルダーまたはファイルの名前が変更されます。

フォルダーまたはファイルを削除する

次の手順に従って、新しいフォルダーまたはファイルを作成します。

手順

操作

1

削除するフォルダーまたはファイルを右クリックして、コンテキスト メニューを開きます。

2

[削除] を選択します。

確認メッセージが表示されます。

3

[削除] をクリックして削除を確定します。

docs image
フォルダーまたはファイルが削除されます。

ファイルにコメントを追加する

SQL 変換ファイルにコメントを含めたり、ファイルの一部をコメント アウトしたりする場合は、Jinja コメント構文の使用を強くお勧めします。これは、既定で {# ... #} に設定されています。これを使用してマクロにコメントを付けることもできます。

SQL

{# {{ pm_utils.optional(ref('Cases_base'), '"Case_status"') }} as "Case_status", #}

{# case
    when {{ pm_utils.optional(ref('Cases_base'), '"Case_value"', 'double') }} >= 1000000 
      then {{ pm_utils.as_varchar('>= 1M') }}
    when {{ pm_utils.optional(ref('Cases_base'), '"Case_value"', 'double') }} >= 0 
     then {{ pm_utils.as_varchar('0 - 1M') }}
   when {{ pm_utils.optional(ref('Cases_base'), '"Case_value"', 'double') }} is not null
     then {{ pm_utils.as_varchar('< 0') }}
  end as "Case_value_group", #}{# {{ pm_utils.optional(ref('Cases_base'), '"Case_status"') }} as "Case_status", #}

{# case
    when {{ pm_utils.optional(ref('Cases_base'), '"Case_value"', 'double') }} >= 1000000 
      then {{ pm_utils.as_varchar('>= 1M') }}
    when {{ pm_utils.optional(ref('Cases_base'), '"Case_value"', 'double') }} >= 0 
     then {{ pm_utils.as_varchar('0 - 1M') }}
   when {{ pm_utils.optional(ref('Cases_base'), '"Case_value"', 'double') }} is not null
     then {{ pm_utils.as_varchar('< 0') }}
  end as "Case_value_group", #}

ファイル内で検索/置換する

データ変換エディターでは、単一のファイル内でテキストを検索/置換できます。

複数のファイルでテキストを検索/置換するには外部エディターを使用します。

複数のファイルのテキストを検索/置換するには、以下の手順に従います。

  1. プロセス アプリから変換をエクスポートします。

    注:

    データ変換エディターで保留中の変更がある場合は、まず [ダッシュボードに適用] を使用して、データの実行が完了した後に変換をエクスポートします。

  2. 変換の zip ファイルを解凍する

  3. 任意のコード エディター (Notepad++、または Visual Studio Code など) で変換を開きます。

  4. それらのツールの機能を使用して、複数のファイルのテキストを検索/置換します。

  5. ファイルを保存します。

  6. 変換ファイルを .zip ファイルに追加します。

  7. プロセス アプリに変換をインポートします。

    注:

    データ実行に使用するデータを尋ねられたら、新しいデータ実行の前に変換の編集を続行する場合は [キャンセル] を選択します。

dbt プロジェクト構成ファイルを編集する

データ変換エディターで dbt プロジェクトの構成ファイルを開くこともできます (例:dbt_project.yml)。
警告:
必要に応じて、vars セクションのみを編集することを強くお勧めします。変換が正しく機能し続けるよう、dbt_project.yml の他の部分は変更しないでください。

dbt について詳しくは、dbt の公式ドキュメントをご覧ください。

変換をダッシュボードで利用できるようにする

ダッシュボードで変更を利用できるようにするには、データの全体実行によりデータを読み込んで変換を実行する必要があります。[ダッシュボードに適用] ボタンを選択して、データ実行を開始します。

注:

データセットのサイズによっては、少し時間がかかります。

データ実行が完了すると、ダッシュボード エディターでのダッシュボードの調整に新しい変換を利用できるようになります。

注意:

プロセス アプリのパブリッシュ済みバージョンがある場合は、新しいデータがすぐビジネス ユーザーに表示されます。パブリッシュ済みのアプリが変換の編集中も正しく実行され続けるようにするには、開発アプリを使用することを強くお勧めします。

次の手順を実行します。

  1. アプリを複製して、開発アプリを作成します。

  2. 開発アプリから変換をエクスポートします。

  3. パブリッシュ済みのプロセス アプリに変換をインポートします。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.