アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
UI Automation のアクティビティ
Last updated 2024年7月16日

選択オプション

モバイル オートメーション アクティビティを使用すると、人間の操作をシミュレートすることでモバイル UI 要素を操作できるようになります。モバイル オートメーション アクティビティの本体内で [ターゲットを指定] を選択すると、別の [選択オプション] パネルが開き、デバイスの操作をシミュレートできます。

[選択オプション] パネルにアクセスする

[選択オプション] パネルを開くには、アクティビティの本体内で [ターゲットを指定] を選択します。すると、モバイル デバイス マネージャーに戻り、[選択オプション] パネルが横に開きます。



選択オプションを使用する

[選択オプション] パネルでは、さまざまなセレクター生成メソッドを使用して UI 要素を指定できます。以下の表では、各セレクター生成メソッドの概要、およびそれらのメソッドを有効化するために使用する、対応するキーボード ショートカットについて説明します。

メソッド説明メソッドの使用方法
コンテキスト対応の要素を発見モバイル デバイス マネージャーによって識別された UI 要素を選択します。 選択パネルで F2 を選択するか、キーボードの F2 を押します。
画像選択モードMDM のモバイル画面から手動でトリミングした画像に基づいて UI 要素を選択します。 選択パネルで F3 を選択するか、キーボードの F3 キーを押します。
WebView セレクターをネイティブ セレクターとして処理使用するオペレーティング システムに応じて、今後使用するセレクターを WebView タイプからネイティブ タイプのセレクターに変換しようとします。この機能により、Web アプリの自動化が容易になります。 選択パネルで F4 を選択するか、キーボードの F4 キーを押します。
Computer VisionComputer Vision 機能によって識別された UI 要素を選択します。この機能では、セレクターを使用せずに UI 要素を識別できる UiPath のニューラル ネットワークを使用します。そのため、このメソッドでは、そうしなければ自動化できない要素も識別できます。

Computer Vision で識別および自動化できるすべての要素のプレビューにアクセスするには、その横にある アイコンをクリックします。

選択パネルで F5 を選択するか、キーボードの F5 を押して、セレクター生成メソッドを有効化します。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.