通知を受け取る

UiPath Process Mining

UiPath Process Mining ガイド

Process Mining について

プロセス マイニングとは

プロセス マイニングとは、IT システムのデータからプロセスに関する洞察を導き出すためのプロセス分析の方法です。プロセスの理想像を描くワークショップとは異なり、プロセス マイニングは、実際に発生したプロセスの実像を事実に基づいて示します。

プロセス マイニングは、組織が直面する運用上および手順上の課題に対する答えを示すものであり、業務遂行および顧客エンゲージメントの改善を目標としています。前者は、運用や戦術といったレベルでの、社内業務プロセスの実行方法を意味します。後者は、組織が顧客にどう接したらよいかを、定義済みの社内業務プロセスの一部として示すものです。

値 (Value)

プロセスとは、目標を達成するために、何らかの順序に従って実行される一連のアクティビティです。特定の結果につながるイベントの連鎖として記述することもできます。

プロセスとは、要するに、価値を増減させる可能性があるアクティビティのシーケンスです。UiPath Process Mining のビジョンにおいて、すべてのプロセスの中心に据えられているのがビジネスの価値です。それは、組織に明らかなメリットをもたらすものです。売上高や利益の増大の場合もあれば、顧客や従業員の満足度の向上、法令の順守などの場合もあるでしょう。

価値の低下の例としては、正確に実行されず、やり直しが必要になった作業などが考えられます。顧客の喪失、請求金の支払いの遅れ、高い資本コストを伴う過剰在庫なども価値の低下を招きます。
プロセスの「実状」を把握することは、問題が存在する場所を知り、それが改善を目指すに値するものであるかどうかを判断する上で、極めて重要です。

プロセス マイニングが威力を発揮するのは、そのような場面です。サプライ チェーンの遅延などの問題を検出して、効率を向上させる方法を早期に見つけることができます。データ マイニングとモデルに基づくプロセス分析を組み合わせることで、運用効率などの業績要因の改善を促進します。

プロセスの変動を簡単に発見でき、そのことがベスト プラクティスの実現とプロセスの完全な整合性の維持につながります。

データ

多くの企業が、業務情報システムを使用して、全社規模で情報を収集、処理、保存、配信しています。このようなシステムの例として、ERP、CRM、財務会計、BPM、各種データベース、その他のツールがあります。

その結果、組織には誰が、何を、いつ実行したかに関する膨大な量のデータが保存されることになります。プロセス マイニングでは、このビッグ データを使用して、予期していなかった業務プロセスに関する洞察を得たり、非効率な部分を見つけたりすることができます。

プロセス マイニングのツール

システムは、膨大な量の情報を記録します。プロセス マイニング ツールは、これを使用してモデルを計算し、それらをプロセス グラフとして表示します。プロセスを対話形式で可視化する機能により、洞察の生成に要する時間が大幅に短縮され、プロセスの実態を調べることができます。

プロセス マイニング ツールはそれぞれ、使用するデータをフィルター処理および可視化するときに、異なる選択を行います。この選択が、結果の品質に大きな影響を与える場合があります。

UiPath Process Mining は、プロセスを「管理」し、改善するための、高速で簡単な方法を提供します。プロセス マイニングは、元々は技術データ アナリストが行っていたものですが、
UiPath Process Mining によって、ビジネス ユーザーでもプロセス マイニングが可能になりました。そのため、あらゆるユーザーが、自らのプロセスにおける継続的な洞察を得るとともに、好ましくない変化に迅速に対処して、改善を実現できるようになります。

プロセス マイニングのサイクル

プロセス マイニング サイクルには、次のような段階があります。

  1. データ変換: 業務情報システムからのあらゆるデジタル タッチポイントの収集とイベント ログへの変換を行います。
  2. プロセス分析: 価値を増減させる要素について深く理解するためにプロセスを詳しく調べます。
  3. 継続的な改善: 運用リスクの軽減、業績の向上、節減の実現につながる機会を、事実に基づいて継続的に特定します。

9 か月前に更新

Process Mining について


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。