Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

SAP Fiori 要素を識別する

SAP Fiori は UI5 フレームワークを使用して、その要素をページに表示します。これらの要素に対して生成されるセレクターは、セレクターの ui5 属性によって簡単に認識できます。
他の Web UI 要素と同様に、SAP Fiori 要素のセレクターには <webctrl> タグが含まれます。
SAP Fiori セレクターの ui5 属性には、以下の 2 つの種類があります。
  • 静的属性 - ui5-classui5-roleui5-typeui5-labelui5-tooltip など
  • 動的属性 (ターゲット要素のプロパティに基づく) - ui5p-value、ui5p-type など
ui5* 属性は SAP Fiori 要素に固有です。
SAP Fiori 要素の ID 属性は、静的な値がある場合にのみ、対応するセレクターに既定で追加されます。ID 属性の動的な値を使用すると、信頼性の低いセレクターが生成される可能性があります。この場合、静的な ui5 属性を使用してセレクターを調整することをお勧めします。
UiPath.UiAutomation.Activities パッケージに含まれるすべてのアクティビティを使用して、オートメーション プロジェクトを作成できます。
注: レコーダーデータ スクレイピングは現在サポートされていません。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.