Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

OCR 診断ログ

UiPath.Vision.Host 診断ログを使用すると、OCR エンジンのエラーに関する情報を収集できます。

UiPath.Vision.Host 診断ログを有効化する

OCR エラーに関する情報を収集するには、<Installation Folder>\NLog.config ファイルに次の行を追加して、診断ログ ファイルの生成を有効化します。

<target xsi:type="File" name="visionHostFile" fileName="${LogDirectory}/${shortdate}_VisionHost.log" layout="${time} ${level} ${message}" concurrentWrites="true" />

<logger name="UiPath.Vision.Host.exe" minLevel="Trace" writeTo="visionHostFile" final="true" />

注: NLog.config ファイルを編集するには管理者権限が必要です。

UiPath.Vision.Host 診断ログのターゲット

ログ ファイルは visionHostFile パラメーターの下の <Installation Folder>\NLog.config で指定されたパスに生成されます。既定値は %localappdata%\UiPath\Logs\${shortdate}_VisionHost.log です。
注: NLog.config ファイルを編集するには管理者権限が必要です。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.