Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

ローカル パネル

[ローカル] パネルには、プロパティまたはアクティビティ、およびユーザー定義の変数と引数が表示されます。パネルには以下が表示されます。

  • 例外 - 例外の説明および種類。
  • 引数
  • 変数
  • 1 つ前に実行されたアクティビティのプロパティ - 入力および出力プロパティのみが表示されます。
  • 現在実行中のアクティビティのプロパティ

パネルはデバッグ中にのみ表示されます。現在実行中のアクティビティの引数、変数またはプロパティを右クリックし、[ウォッチ] パネルに追加し、デバッグ プロセス全体で実行を監視します。

引数プロパティ変数カテゴリは圧縮または展開できます。表形式で表示される複雑なオブジェクトにも同様に行うことができます。



プロパティ値は特定のサイズに制限されています。変数が大きな出力を生成する場合、値は [ローカル] パネルおよび [イミディエイト] パネルの両方で切り詰められます。

デバッグが一時停止している場合、以下を行うことができます。

  • 現在実行中のアクティビティのプロパティ、および変数と引数の値を変更できます。[値] フィールドの上にカーソルを合わせて、横にある ボタンをクリックし、[ローカル値] ウィンドウで編集します。

    注: [ローカル値] ウィンドウで行った編集は、ファイルには保存されません。デバッグの終了後は、引き続き古い値がデザイナーに表示されます。
  • [ローカル] パネル内のその他の項目の値を詳細に検査することができます。[値] フィールドの上にカーソルを合わせて ボタンをクリックし、[ローカル値] ウィンドウを開きます。



クリップボードにコピーオプションをクリックすると、情報がクリップボードにコピーされます。

手記: [変数] パネルまたは [引数] パネルまたはデータ マネージャーからの変数または引数の値の変更は、デバッグ時にはサポートされません。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.