Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

テンプレートを使用したワークフロー

ワークフロー テンプレートを他のワークフローのベース モデルとして使用します。既定テンプレート (例: シーケンスグローバル例外ハンドラー) を使用したり、カスタム テンプレートを作成したり、プロジェクトにインストールされているライブラリ内のテンプレートを使用したりできます。

条件:

  • テンプレートは、プロジェクトの種類と言語に固有です。
  • ファイル テンプレートをワークフローに変換したり、コンパイルしたり、パブリッシュしたりすることはできません。
  • 他のテンプレートに基づいたテンプレートを作成できます。

テンプレートのソース

プロジェクトに新しいワークフローを追加する際は、ワークフローのベースとなるテンプレートを選択できます。選択できるテンプレートは、追加するファイルの種類 (ワークフローまたはテスト ケース)、ファイル テンプレートを含むライブラリをインストールしたかどうか、プロジェクトの [テンプレート] フォルダーにテンプレートをあらかじめ追加してあるかどうかによって異なります。

既定ファイル テンプレート

シーケンス

シーケンス テンプレートは、単一のブロックとして機能する、順次実行されるアクティビティを含むワークフローを設計する場合に便利です。このテンプレートはワークフローでのみ使用できます。

フローチャート

複数の分岐を含むワークフローを設計する場合は、フローチャート テンプレートを使用します。このテンプレートはワークフローでのみ使用できます。

ステート マシン

指定したステートに基づいてトリガーされるアクティビティを含むワークフローを設計する場合は、ステート マシン テンプレートを使用します。このテンプレートはワークフローでのみ使用できます。

ローカル ファイル テンプレート

ローカル テンプレートは、ファイルをテンプレートとして抽出したとき、およびテンプレートを [テンプレート] フォルダーに追加したときに、プロジェクトの [テンプレート] フォルダーに作成されます。ローカル ファイル テンプレートは、そのテンプレートを作成したプロジェクト内で使用できます。ライブラリ プロジェクトに追加されたローカル テンプレートは、そのライブラリが依存関係としてインストールされたプロジェクトで利用できます。

作成できるローカル テンプレートは、実行テンプレート、ワークフロー テンプレート、テスト ケース テンプレートの 3 種類です。ファイルをテンプレートとして抽出すると、抽出したファイルの種類 (ワークフローまたはテスト ケース) に基づいて、テンプレートの種類が自動的に適用されます。[テンプレート] フォルダーにテンプレートを手動で追加する場合は、作成するテンプレートの種類をユーザーが選択します。

パッケージ ファイル テンプレート

パッケージ ファイル テンプレートとは、プロジェクトに依存関係としてインストールされたライブラリまたはアクティビティ パッケージに含まれるファイル テンプレートのことです。

ワークフローを作成する際に、インストール済みのライブラリ内のワークフロー テンプレートが [テンプレート] ドロップダウンの [パッケージ ファイル テンプレート] の下に表示されます。



ローカル ファイル テンプレートを追加する

[プロジェクト] パネルのコンテキスト メニューを使用すると、別のテンプレートに基づいて、ワークフロー テンプレート、実行テンプレート、およびテスト ケース テンプレートをプロジェクトに手動で追加できます。テンプレートを追加した後は、デザイナーで編集し、他のファイルを作成するための開始点として使用できます。



ワークフロー テンプレートを追加するには、[テンプレート] フォルダーを右クリックして [追加] > [ワークフロー テンプレート] を選択します。その後、新しいテンプレートの基盤となるテンプレートを選択できます。



ファイルをテンプレートとして抽出する

既存のワークフローを将来作成するファイルのテンプレートとして使用できるようにするには、そのワークフローをテンプレートとして抽出します。

[プロジェクト] パネルでワークフローを右クリックし、[テンプレートとして抽出]を選択します。



抽出されたファイルが [テンプレート] フォルダーに追加されます。以下の図では、シーケンスから作成されたワークフロー テンプレートと 2 つのテスト ケース テンプレートが確認できます。



ライブラリ内のワークフロー テンプレート

ワークフロー テンプレートは、プロセス内での作成と同じ方法でライブラリ内に作成することができます。ライブラリをパブリッシュすると、公開とマークされているテンプレートは、そのライブラリがインストールされているプロジェクトでパッケージ ファイル テンプレートとして使用できます。

テンプレートからワークフローを作成する

  1. 空のプロセスを作成します。
  2. テンプレートとして使用するワークフローを構築します。このサンプル ワークフローでは、回答者が自分の氏名と年齢を入力するフォームが作成され、そのフォームに回答者が入力した年齢が出力されます。
  3. ワークフローの構築が完了したら、そのワークフローを右クリックして [テンプレートとして抽出] を選択します。

    テンプレートに名前を付け、テンプレートを保存する場所として [テンプレート] フォルダーを選択して、[作成] を選択します。この例では、テンプレートの名前は「MyFirstLocalTemplate」です。



  4. [デザイン] タブに移動し、ファイル グループの [新規] > [ワークフロー] を選択します。[新しいワークフロー] ウィンドウが表示されます。
  5. 適切な名前を付け、[場所] としてテンプレート フォルダーを選択し、前の手順で作成したテンプレートを [テンプレート] ドロップダウン リストから選択します。この例では「MyFirstLocalTemplate」を選択します。



: 以下のサンプルの XAML プロジェクトをご覧ください。

テンプレートを削除する

テンプレートを削除するには、[プロジェクト] パネル内の [テンプレート] フォルダーを展開し、テンプレートを右クリックして [削除] を選択します。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.