Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

ライセンスについて

Studio は Community ライセンスまたは Enterprise ライセンスを使用してアクティベーションできます。

Community ライセンス

無料の Community ライセンスをリクエストできます。このライセンスは期間が限定されていて、更新が可能です。このオプションはオンラインでのみアクティベーションできます。Community Edition の Studio に付属する Robot は、ユーザー自身のテナント下で、UiPath Orchestrator Community Edition にのみ接続できます。詳細は、「UiPath へのサインインによるアクティベーション」をご覧ください。

Enterprise ライセンス

Orchestrator から取得するライセンス

Orchestrator から取得したライセンスで Studio をアクティベーションするには、アカウントにサインインするか、クライアント資格情報またはマシン キーを使用して Orchestrator に接続します。接続が確立されると、Orchestrator のライセンスが消費されます。詳しくは、『Orchestrator ガイド』の「ライセンス」をご覧ください。

選択したライセンスの種類に応じて、次を実行できます。

  • Attended - Attended ライセンスを使用して UiPath Studio を使用すると、ユーザーはプロセスの実行またはデバッグのみを許可され、ワークフローの編集はできません。
  • Automation Developer / Citizen Developer - UiPath Studio には、それぞれのネイティブ ライセンスが提供されます。これは、ユーザーによるプロセスの実行、変更、デバッグが可能であることを意味します。Studio には、2021.10 より前のバージョンで利用可能な RPA DeveloperRPA Developer ProTest Developer Pro の各ライセンスも提供されます。
  • Non-Production - UiPath Studio を Non-Production ライセンスで使用すると、ユーザーはワークフローのトラブルシューティングを行なうことができます。
  • Unattended - Unattended ライセンスで UiPath Studio を使用すると、ユーザーはワークフローのトラブルシューティングを行うことができます。

ローカル ライセンス

スタンドアロンの Enterprise 無料トライアルまたはライセンス キーによって Studio をアクティベーションできます。この種類のライセンスは Studio の Enterprise Edition をアクティベーションします。このアクティベーションは、オンラインまたはオフラインの両方で実行できます。詳細は、「ライセンス キーによるアクティベーション」をご覧ください。

Studio のローカル ライセンスを既に持っている上で、Orchestrator に接続したい場合は、ロボットの作成時に Orchestrator の [スタンドアロン] チェックボックスをオンにしてください。これにより、Studio/StudioX では既定でローカル ライセンスが使用されるようになるので、Orchestrator がライセンス プールからライセンスを割り当てることはなくなります。

  • Community ライセンス
  • Enterprise ライセンス
  • Orchestrator から取得するライセンス
  • ローカル ライセンス

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.