Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

ブレークポイント パネル

[ブレークポイント] は、デバッグ プロセスを、実行上問題を生じる可能性があるアクティビティで意図的に一時停止する際に使用します。条件やヒット数を設定すると、単純なブレークポイントが条件付きブレークポイントに変わります。ログを追加すると、条件付きトレースポイントに条件付きブレークポイントが作成されます。ログ メッセージのみを追加すると、ブレークポイントが単純なトレースポイントに変換されます。

次のように、アクティビティにブレークポイントを配置および変更できます。

  • コンテキスト メニューから、アクティビティを右クリックして [ブレークポイントを切り替え] を選択します。
  • アクティビティを選択し、[デバッグ] タブの [ブレークポイント] ボタンをクリックする。
  • 目的のアクティビティを選択したまま F9 キーを押します。

切り替えを行う 1 つのブレークポイントに対して、1 つのアクティビティを選択する必要があります。ただし、ブレークポイントの数に制限はなく、自由に切り替えることができます。ブレークポイントが設定された後、ワークフロー内のアクティビティの順序が変更されていないことを確認してください。

各ブレークポイントまたはトレースポイントは、そのステートに基づいて特定のアイコンを受け取ります。アイコンがアクティビティに設定され、[ブレークポイント] パネルに表示されます。



入力

説明

ブレークポイント

ブレークポイントは、アクティビティが実行される前にデバッグ プロセスを一時停止します。ブレークポイントには次のステートがあります。

  • 有効 - docs image
  • 無効 - docs image

条件付きブレークポイント

条件付きブレークポイントは、設定された条件やヒット数に依存するブレークポイントです。条件付きブレークポイントには、次のステートがあります。

  • 有効 - docs image
  • 無効 - docs image

トレースポイント

トレースポイントは、ログ メッセージが設定されたブレークポイントです。デバッグ中にトレースポイントに到達すると、メッセージはトレースレベルで記録されます。トレースポイントには次のステートがあります。

  • 有効 - docs image
  • 無効 - docs image

条件付きトレースポイント

条件付きトレースポイントには、条件またはヒットカウントが設定され、ログ メッセージが記録されます。ヒット数フィールドに指定された回数だけ条件が満たされると、メッセージがログに記録されます。条件付きトレースポイントには、次のステートがあります。

  • 有効 - docs image
  • 無効 - docs image

ブレークポイントまたはトレースポイントのステートを変更するには、アクティビティを選択して F9 キーを押すか、[ブレークポイント] パネルのアイコンをクリックするか、デザイナーまたは [ブレークポイント] パネルのコンテキスト メニューを使用します。また、[デバッグ] タブの [ブレークポイント] ボタンをクリックし、ドロップダウン メニューを開き、[ブレークポイントを切り替え] をクリックすることができます。

注: デザイン時に設定された [ブレークポイント] は、オートメーション プロジェクトを再度開いたときにもそのまま残ります。ブレークポイントはランタイム時には残らず、デバッグ時にのみ残ります。

パネルでブレークポイントを選択し、[削除] ボタンをクリックして削除します。[すべてのブレークポイントを削除] オプションを使用すると、現在のプロジェクト内のすべてのブレークポイントを削除できます。[すべてのブレークポイントを有効化] オプションは、現在開いているプロジェクト内のすべてのブレークポイントを有効化できます。また、[すべてのブレークポイントを無効化] オプションは、すべてのブレークポイントを無効化します。[ブレークポイント] パネルでは複数選択が可能です。

ブレークポイントの設定

[ブレークポイント] パネルには、オートメーション プロジェクトの切り替えられたブレークポイント部分ごとに個別に調整できる設定セットがあります。 アイコンをクリックしてウィンドウを開きます。



注: [条件] フィールドに追加される式は、いずれも検証されないことに配慮してください。

ブレークポイントの設定のフィールドの説明

[ブレークポイントの設定] ウィンドウには、次のオプションがあります。

オプション

説明

条件

ブレークポイントの条件。デバッグ中に条件が満たされると、実行が中断され、アクティビティが強調表示されます。

ヒット カウント

実行が中断されるまでに条件が満たされる必要がある回数を指定します。ヒット カウントが条件を満足する回数よりも大きい場合、ブレークポイントに到達しても実行は停止しません。ヒット カウントの最大値は 32,767 です。

メッセージをログ

条件が満たされたときにトレース レベルでログに記録するメッセージを指定します。メッセージは [出力] パネルに表示されます。条件が設定されていない場合でも、メッセージはログに記録されます。

ログ中に実行を続行します。

オンにすると、条件が満たされ指定されたメッセージがログに記録されたときに実行が一時停止されません。ログメッセージが以前に設定されている場合のみ使用できます。

プロジェクトのブレークポイントの設定は、デザイナー パネルでブレークポイントにカーソルを合わせると表示されます。

ブレークポイント パネル



[ブレークポイント] パネルには、現在のプロジェクトのすべてのブレークポイントが、それらが含まれているファイルとともに表示されます。[アクティビティ名] 列にはトグル ブレークポイントのあるアクティビティが表示され、[ファイル パス] 列にはファイルとその場所が表示されます。

条件列にはブレークポイントが設定された条件が表示されます。メッセージのログ列には、条件が満たされた場合にログに記録されるメッセージが表示されます。アクティビティのブレークポイントタグにカーソルを合わせると、その条件とログメッセージが表示されます。

デザイナー パネルで強調表示されたアクティビティを表示するには、ブレークポイントをダブルクリックします。コンテキスト メニュー オプションまたはリボンの [ブレークポイント] ボタンを使用して、ブレークポイントを有効化または無効化します。

複数のブレークポイントを削除するには、それらを選択してコンテキスト メニューで [削除]、またはパネル内の [削除] ボタンをクリックします。これにより、現在のファイルからブレークポイントが削除されます。

[すべてのブレークポイントを削除][すべてのブレークポイントを有効化][すべてのブレークポイントを無効化] ボタンは、選択されているかに関係なく、パネルに表示されているすべてのブレークポイントに操作を実行します。

ブレークポイントのコンテキスト メニュー

[ブレークポイント] パネルの項目を右クリックして、次の選択肢のあるコンテキスト メニューを開きます。

オプション

説明

削除する

選択したブレークポイントを削除します。

フォーカス

デザイナー パネルのブレークポイントにジャンプします。

有効化

選択したブレークポイントを有効化します。

無効化

選択したブレークポイントを無効化します。

設定

ブレークポイントに条件を追加するための [ブレークポイントの設定] ウィンドウを開きます。

注: [ファイルを検証] または [プロジェクトを検証] を使用する場合、ブレークポイント条件は評価されません。

Windows - レガシ プロジェクトの既知の制限事項

ワークフローに以下が含まれる場合、ブレークポイントにヒットしても実行は一時停止しません。

  • [ページの読み込みを待機] プロパティのオプションが選択されている UI Automation アクティビティ
  • 同じ式を使用して呼び出される、異なる型の 2 つの変数

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.