Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

Windows - レガシに対応するプロジェクトについて

Studio v2021.10 で .NET ベースのプロジェクトがサポートされ、ターゲット フレームワークに基づくプロジェクトの対応 OS という概念が導入されました。v2021.10 より前のリリースでは、すべてのプロジェクトで .NET Framework 4.6.1 が使用されていましたが、Studio v2021.10 以降では、Windows - レガシ対応のプロジェクト (.NET Framework 4.6.1) を作成するか、.NET ベースの Windows およびクロスプラットフォーム対応のプロジェクトを作成するかを選択できます。

Windows - レガシ プロジェクトでは新機能は利用不可

新しいプロジェクトの既定の対応 OS が Windows になりました。 Windows - レガシ対応は引き続きサポートされますが、新機能は Windows およびクロスプラットフォーム対応のプロジェクトでのみ利用可能になります。

たとえば、Studio v2022.10 で導入された以下の機能は、Windows - レガシ プロジェクトでは利用できません。

Windows - レガシ プロジェクトを作成する

Windows - レガシ対応のプロジェクトの新規作成はサポートされており有効化されていますが、Windows - レガシでは利用できない機能を利用できる Windows 対応のプロジェクトの使用をお勧めします。

今後のリリースでは、Windows - レガシ プロジェクトを開く、編集する、および実行することしかできなくなります。ただし、組織はガバナンス ポリシーを使用して Windows – レガシ プロジェクトの作成オプションを復元できます。これには、[使用できる対応フレームワーク] を設定します。今後の変更に関する最新情報は、「非推奨化のタイムライン」をご覧ください。

既存の Windows - レガシ プロジェクトを編集する

Windows - レガシ プロジェクトの編集、パブリッシュ、および実行は、今後のリリースでも引き続きサポートされます。つまり、他の Windows プロジェクトやクロスプラットフォーム プロジェクトと同様にプロジェクトを開いて編集できます。既存の Windows - レガシ プロジェクトを開くと、ウィンドウの上部にメッセージが表示されます。



Windows - レガシ プロジェクトを Windows 対応のプロジェクトに変換する

重要: Windows 対応のバージョンが見つからない依存関係は「未解決」とマークされ、変換後に、Windows - レガシ プロジェクトで使用されているバージョンが [プロジェクト] パネルに表示されます。UiPath が開発してオフィシャル フィードで提供しているほとんどのアクティビティ パッケージは、Windows プロジェクトをサポートしています。完全なリストについては、『UiPath アクティビティ ガイド』をご覧ください。

Studio には組み込みの変換ツールが付属しており、このツールを使用すると、Windows - レガシ プロジェクトを Windows プロジェクトに変換できます。

プロジェクトを Windows に変換すると、次のようになります。

  • プロジェクト依存関係は、次のルールに基づいて管理されます。
    • 設定されているパッケージ ソースに同じバージョンのパッケージが存在する場合、Windows - レガシ プロジェクトで使用されているバージョンは変更されません。
    • 同じバージョンのパッケージが存在しない場合、Windows - レガシ プロジェクトで使用されているバージョンは、最も近いバージョンの最高のパッチに変更されます。
  • すべてのアクティビティとプロパティは、変換後のプロジェクトでも保持されます。
  • Windows - レガシ プロジェクトと Windows プロジェクトで異なる名前空間は更新されます。
  • Windows プロジェクトで必要な名前空間が追加され、Windows - レガシ プロジェクトでのみ使用されている名前空間は削除されます。

    注: Windows レガシ ライブラリが依存関係としてインストールされているプロセスの場合、プロセスを変換する前に、Windows レガシ ライブラリを変換して再パブリッシュしてください。

レガシ プロジェクトを Windows 対応のプロジェクトに変換するには、以下の手順を実行します。

  1. Windows - レガシ プロジェクトを Studio で開き、1 つの Studio インスタンスでのみ開いていることを確認します。

  2. [プロジェクト] パネルでプロジェクト ノードを右クリックし、[Windows に変換] を選択します。新しいウィンドウが表示されます。



  3. 変換方法を選択します。

    • Windows 対応のプロジェクトを使用して現在のプロジェクトのコピーを作成し、元の Windows - レガシ プロジェクトを保持するには、[新しいプロジェクトを作成する] を選択します。新しいプロジェクトの名前、作成する場所、および任意で説明を入力します。
    • 既存のプロジェクトを更新して Windows 対応のプロジェクトに変換するには、[新しいプロジェクトを作成する] チェックボックスをオフにします。このオプションを選択した場合、プロジェクトに加えた変更は元に戻せません。
  4. [変換] をクリックします。

変換後に、依存関係の問題により未解決のアクティビティが発生した場合、それぞれのアクティビティの上部にそのアクティビティが見つからないか、読み込めなかったことを示すメッセージが表示されます。各メッセージでは、アクティビティの表示名、名前空間、プロパティとその値に関する情報を確認できます。[置換] をクリックすると代替アクティビティを検索し、存在しないアクティビティや無効なアクティビティを置換します。詳しくは、「存在しないか無効なアクティビティ」をご覧ください。

既知の制限事項
  • 以下の式は Windows プロジェクトに対応していないため、Windows - レガシ プロジェクトを Windows プロジェクトに正常に変換するには手動で変更する必要があります。
    Windows - レガシの構文 Windows の構文
    {}new Object() {}
    {task_output.Id.ToString,task_action,now,I_comment}new Object() {task_output.Id.ToString,task_action,now,I_comment }
  • プロジェクトの変換前に機能していた他の式によって生成された検証エラーを解決するには、キーボード ショートカット Ctrl + X を使用して式を切り取り、Ctrl + C を使用してアクティビティ フィールドに貼り付け直します。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.