Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

実行をプロファイル

概要

実行のプロファイル機能を使用して、ワークフローの実行におけるパフォーマンスの問題を特定できます。

動作のしくみ

実行のプロファイル機能では、ワークフローの実行またはデバッグ時にすべての操作のパフォーマンス分析が行われ、各アクティビティの実行時間の累計比率が表示されます。



考慮事項

  • デバッグ中に生成されるプロファイル データは、運用中 (ファイルの実行中) に生成されるデータとは異なる場合があります。
  • データはセッションごとに C:\Users\username\AppData\Local\UiPath\ProfiledRuns に保存されます (「プロファイル セッションをインポートする」を参照)。

プロファイルの結果を分析する

実行をプロファイルするには、ファイルを実行するかファイルをデバッグした後に [デバッグ] リボン タブに移動します。

オートメーションが正しく動作し、実行速度が遅いワークフローがないことを確認してください。フローの潜在的な問題を特定した場合は、完了に時間がかかるワークフローを確認できます。プロファイルのコンテキスト メニューを使用して各種操作を実行します。

[プロファイル] タブの下部にある [実行の詳細] に、平均実行時間、最長および最短実行時間などの統計情報や実行回数が表示されます。



プロファイル セッションをインポートする

プロファイル セッションをインポートして、以前の実行を確認できます。インポートしたプロファイル セッションではフォーカスは無効化されています。

プロファイルのコンテキスト メニュー

操作

説明

開く

[プロファイル] タブで親ファイルを右クリックして [開く] を選択すると、選択したワークフローに移動します。

フォーカス

アクティビティを右クリックして [フォーカス] を選択すると、選択したアクティビティがデザイナー パネルの中央に表示されます。

検索

検索機能を使用して特定のアクティビティを検索します。

すべて展開/折りたたみ

[すべて展開] および [すべて折りたたみ] を使用すると、すべてのアクティビティを表示するか、折りたたむことができます。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.